王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1出口王仁三郎全集 第5巻 言霊解・其他
文献名2【随筆・其他】よみ(新仮名遣い)
文献名3赤猪子の話よみ(新仮名遣い)
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例旧仮名遣いを新仮名遣いに改めた。 データ最終更新日2016-11-28 14:56:19
ページ580 目次メモ
OBC B121805c266
本文の文字数2328
本文のヒット件数全 0 件
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  あるとき雄略天皇が多くの臣下を連れて、大和の美和というところへお遊びに行かれました。美和というのは美和河の河上でございます。天皇がご覧になると、河のほとりで洗濯をしている所の十五、六才の綺麗な娘がありました。その娘はほかに二人とないような非常な別嬪であった。そこで天皇はその童女をご覧になって、お前は誰の子であるか、とお尋ねになった。いったい往古は名のるということを非常にやかましくいうたものでありまして、人に逢うたときは目礼くらいはするけれど、無暗に名のるという事はしなかった。もし名のったなれば婚約が成立するのである。その人のお嫁にならなくてはならぬ。問う、答える、もうすぐ夫婦になったことになるのであります。今日とは大分形式が違っていたのです。雄略天皇がお尋ねになりますと、その娘さんが答えて言うのには、私の名は引田部の赤猪子と申します。そこで天皇が仰せになるには「汝は嫁がずてあれ、どこへもお嫁に行かないでいよ。年頃になれば、親からも勧められるであろう。ほかからもいろいろ言うて来るであろう。けれども、朕が今に喚しだしてやる。妃にしてやるから、どこにも行かないでおれ」と仰せになって、御還幸になった。
 赤猪子の方では、天皇から直々に仰せられたのですから、もう召し出されるか、もうご命令があるかと、正直に待っておりました。その間には、親からもいろいろと言われますし、縁談の口もやかましく来るのでありますが、それを何とか彼とか言うて待っておりましたけれども、とんとご沙汰がない。そのうちにとうとう八十年待ってしまった。十五、六のときから八十年も待ったのですから、年が九十五、六才という所であります。たいていの者なら、待ち遠しくてたまらない。催促に行くとか、あるいは人をいれて運動するとか、今の人であったなら直接談判に出かけるとか、ほかの方へ頼んでしまうとかするのでありますけれども、そこは質朴にして正直、物堅い往古の人でありますから、一言命令を聴いた以上は、汝を妃にしてやろうと仰せられた以上は、そのお言葉、つまりは操を守って八十年間も控えておったのであります。
 ここに、赤猪子思いけるは、勅命を仰ぎ待ちつる間に、現に沢山の年月を経て、姿、形、容貌がすっかり失せて醜くなり、痩せ衰え、萎びた姿になってしまうたから仕方がない。今までは、もうかもうかと待っておったけれども、年をとって腰はまがってしまった。これ以上待っておった所が仕様がない。もう何の頼みもない。けれどもせっかく今まで操を守っておりましたというこの真情を、一遍天皇に申し上げたい。そうせぬことには残念である。私の誠心が天皇に届かぬでは心もとないと考えて、百取の机代の物を持たしめて、お嫁に行くというのでいろいろ仕度をしておった。その何百荷というような沢山な荷物を持たせて皇居にやって参った。
 ところが天皇は、まさかお戯れに仰せられたのではありますまいが、その後いろいろのことに紛れて、そのときのお言葉をお忘れになってしまわれましたので、今お婆さんが沢山の荷物を持って御所に参上したということを聞召されて、それは不思議じゃ、何者であろうと思召したが、何はともあれ、せっかく参ったものであるから、ここへつれて来るがよいと仰せになって、赤猪子に拝謁を許されました。お前はいったい誰じゃ、どこの婆じゃ。何のために来たのかとお尋ねになった。
 そこで赤猪子はお答えをして、今は昔、八十年のそのかみに、こういうご勅令がございましたので、今日までお待ち申しておりましたが、もはや八十年も経ちましたから、容貌も衰え、姿も老いて、もう何にも役に立たなくなりました。しかし私の志のあるところを一言申し上げようと存じまして、罷り出でました次第でございますと申し上げました。
 ここに天皇はいたく驚かせ給いて、おう、そんなことがあったか、これは実に済まぬことであった。実はとうの昔忘れてしまっておった。罪なことをした。けれども、お前が勅命を遵奉し操を守って今まで待っておったとは、誠にありがたい、実に感心の至りだとは言うものの、あたらお前の肝心な盛り時を過ごさせてしまったのは、実に可愛そうなことであった。済まぬことであったと仰せられまして、そうして今お妃になさろうというお心はあったのでございますけれども、何というてももう九十五、六才という婆さんで、いかにもきまりが悪い。他のものに対して憚りが多いので婚させられずして、その代わりに歌を賜ったのであります。
  御諸の 厳加斯がもと 加斯が本 忌々しきかも 加斯原媛女
  引田の 若栗栖原 若くへに 率寝てましもの 老いにけるかも
 若いときに、早く呼んでやればよかったものを、つい忘れてしまって、つまらぬことをした。清め斎きたる白加斯に対して、はなはだ相済まぬ。この年老いてゆゆしく清い、誠心に対して心恥ずかしいと仰せられたのであります。
 これにお答えして、赤猪子は涙ながらに二首のご返歌を奉って、いろいろの下され物を頂いて還りました。
 実に昔の人はそういう工合にして、一口聴いたならば、それを一生忘れないのであります。もっとも今日の女の方は、時代も違い思想も変わって来ておりますから、必ずしもそんな工合には行かぬのであります。けれどもいたずらに軽佻に流れ、浮華に陥りやすい今日、よほどそういうところも参酌をして行く、心得て行くということが、婦人としてこの世の中に処して行くという上に、よくはあるまいかと、思う次第でございます。
(大正九・一〇・一五 大正九年十一月号 神霊界誌)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
【霊界物語誕生百周年】
大正10年(1921年)10月18日に王仁三郎が霊界物語の著述を開始してから
令和3年(2021年)10月18日で百年目を迎えます。
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2021 Iizuka Hiroaki