王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1出口王仁三郎全集 第7巻 歌集
文献名2巻下よみ(新仮名遣い)
文献名3一二三道歌(三)よみ(新仮名遣い)
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
ページ603 目次メモ
OBC B121807c13
本文の文字数929
本文のヒット件数全 1 件/嵐の山=1
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文    一つ 称辞
霊交活力体因出燃地成弥凝足諸血夜出と称へよ天地

   二つ 神風
吹きおろす伊勢の神風つよくして仇しをしへの船くつがへる

   三つ 生神
簑笠を着けて国国まはりつつ霊魂しらべし神ぞたふとき

   四つ 信神
善きにつけ悪きにつけて嬉しきは神にまかせし心なりけり

   五つ 勤倹者
家おこす人の行為をうかがへば紙一枚もおろそかにせず

   六つ 美味
麦飯も業いそしみて食ふときはこの上もなく美味きものなる

   七つ 神詣
夏冬の暑さ寒さもあたらじと国びといのる年のはじめを

   八つ 奉斎
八平手の音も気高く聞ゆなりまことのひとの斎くなるらむ

   九つ 知足
米の飯喰へば麦飯まづくなり稗を喰へばうまき麦飯

   十 施与
富むとても貧しきときを忘れずに乏しき人を見ればほどこせ

   十一 大本部
何鹿の郡綾部の本宮に神の出口の道ひらけたり

   十二 仏信者
賑はしき神の美国に生れ来てさびしくくらす仏たぶれよ

   十三 神言
幸魂まもらせたまへ奇魂さらはへたまへといのる神言

   十四 虚言
十字架にかかりて世人救ふとは人をまどはすあはれ虚言

   十五 養蚕
蚕の虫はどうなることか知らねどもまゆ楽しみに真桑扱くなり

   十六 意見
老人の意見に異はなきものを明治生れとさげすむ青年

   十七 仏意
白浪の消えてあとなき人の身とおもふは仏ごころなりける

   十八 神山
花の春嵐の山を見るよりも富士の神山のすがたながめむ

   十九 神護
暗きあかき遠きちかきのへだてなく守らせたまふ直日の大神

   二十 迷魂
西行くと教へられたる人魂の行きもつかれて海の魔となる
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
【霊界物語誕生百周年】
大正10年(1921年)10月18日に王仁三郎が霊界物語の著述を開始してから
令和3年(2021年)10月18日で百年目を迎えます。
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2021 Iizuka Hiroaki