王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1惟神の道
文献名2よみ(新仮名遣い)
文献名3言霊の活用よみ(新仮名遣い)
著者出口王仁三郎
概要
備考霊界物語第四巻第五〇章「神示の宇宙 その五」の後半部とほぼ同じ
タグ データ凡例 データ最終更新日----
ページ74 目次メモ
OBC B123900c022
本文のヒット件数全 0 件/言霊の活用=0
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  人間は宇宙の縮図であつて天地の移写である。故に人体一切の組織と活用が判れば、宇宙の真相が明瞭になつて来るのである。
 諺に曰ふ『燈台下暗し』と、吾人の体内にて間断なく天の御柱なる五大父音と、国の御柱なる九大母音が声音を発して生理作用を営んでゐる如く、宇宙にもまた、無限絶大の声音が鳴り鳴りて鳴り余りつつある。しかして大空は主として、五大父音を発声し、地上及び地中は主として九大母音が鳴り鳴りて、鳴り足らざる部分は天空の五大父音を以てこれを補ひ、生成化育の神業を完成しつつある。天空もまた大地の九大母音の補ひによつて克く安静を保ち、光温を生成化育しつつあるのである。
 またこの天地父母の十四大音声の言霊力によつてキシチニヒミイリヰの火の言霊を生成し、またケセテネヘメエレヱの水の言霊と、コソトノホモヨロヲの地の言霊と、クスツヌフムユルウの結(即ち神霊)の言霊とを生成し、天地間の森羅万象を活き働かしめつつ、造化の神業が永遠無窮に行はれてゐるのである。試みに天空の声を聞かむとすれば、深夜心を鎮めて左右の人指を左右の耳に堅く当てて見ると、たしかにアオウエイの五大父音を歴然と聞くことが出来るのである。
 私がこんなことを言つても、現代の学者は迂遠極まる愚論と一笑に附し去るであらうが、身体を循環する呼吸器音や血液や食道管や腸胃の蠕動音がそれである。しかるにその音声を以て宇宙の音響と見做すなど、実に呆れて物が云へぬと笑はれるであらう。安くんぞ知らむ、人間の体内に発生する音響そのものは、宇宙の神音霊声なることを。今医家の使用する聴診器を応用して、心臓部より上半身の体内の音響は、五大父音が主として鳴り轟き、以下の内臓部の音響は九大母音鳴り渡り、その火水地結の音声の互ひに交叉運動せる模様を聞くことが出来るのである。人体にしてこれらの音声休止する時は、生活作用の廃絶した時である。宇宙もまたこの大音声休止せば、宇宙はここに潰滅してしまふのである。地中の神音は人間下体部の音響と同一である。ただ宇宙と人体とは大小の区別あるを以て、その音声にも大小あるまでである。大声耳裡に入らず、故に天眼通、いはゆる透視を為すに瞑目する如く、宇宙の大声を聞かむとすれば、第一に閉耳するの必要があるのである。
 神典にいふ、「鳴り鳴りて鳴り余れるところ一所あり、鳴り鳴りて鳴り足らざるところ一所あり」と、これ大空及び大地の音声活用の神理を示されたものである。聖書にいふ「太初に道あり云々」と、これによりて宇宙言霊のいかなる活用あるかを窺知すべきである。
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
オニド関係の更新情報は「オニド関係全サイトの更新情報」を見れば全て分かります!
王仁DB (王仁三郎データベース)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:【メールアドレス(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2022 Iizuka Hiroaki