王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1惟神の道
文献名2
文献名3天神地祇の佑護
著者出口王仁三郎
概要
備考「神霊界」大正八年六月一五日号所収「皇道我観(七)第十章 皇国の神蹟」の抜萃
タグ データ凡例 データ最終更新日----
OBC B123900c040
本文の文字数1098
本文のヒット件数全 1 件/豊雲野尊=1
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  我が皇国は古来神国と称し、独一真神天之御中主之大神の主宰の下に、天津神八百万、国津神八百万在し坐して国土を守り幸はひ給へば、古往今来外国に優りて神異神蹟極めて多し。大逆道鏡が姦曲ほとんど皇祚を移し奉らむとし、胡元の仇ほとんど皇国を傾けむとせる際、神明深く国家を保護佑助し大いに威霊を顕示し給ひ、妖鬼沮喪し、黠虜殲滅し、今日に至るまで纂奪の禍害無く、対外戦における敗なし、神蹟の彰々たるやかくの如し。
 ああ皇国は天神地祗の佑護に成れる建国以来の歴史によって克くその国粋を保ち、時に精華を開きたりといへども、現代の風潮は妖蘖の兆を醸成し、国民思想の根底は油水の浸潤するが如く、腐敗蝕すること元寇の禍害に幾百倍し、外来思想の伝播は妖僧の如く、皇道を無視し、かつ軽蔑し、祖神が以て天壌無窮なりとして依さし給へる神国の基礎、また以て不測の禍根なきを保し難からむとす。見よ、上下生活難を絶叫するは何の為ぞ、安分の念なくして虚栄浮華に奔るを以てなり。六親相怒り郷閭相鬩ぐは何の為ぞ、誠敬の心無くして自他相欺くを以てなり。父子の情ほとんど絶え、君臣の大義まさに滅せむとす。
 ここにおいてか社会共産主義あり、自然主義あり、民主主義あり、共和主義あり。曰く吾人の意志は自由にして人権は平等なり、故に共和政治は最も人生に適すと。曰く神は人を平等に生み、平等に愛す、すべからく共産主義を行ふべし。曰く人は自然に生まれ、死するもまた自然なり、故に、自然的情欲をほしいままにして無政府たるべし。曰く人生はなほ火宅の如く身を焼いて止まず、はなはだ厭ふべしと。ある者は豺狼の如く、ある者は羊豚の如くにして、民心常に薄氷を践むが如く、国家は日に月に深淵に臨み遂に大非常時に直面せり。
 古語に曰く、家貧にして孝子出で、国乱れて忠臣現はれ、天下無道にして聖人起るとは宜なるかな。我が皇国は神の建て給ひし国なり、神の開きし国なり、神の造りし国なり、神の守り坐す珍し国なり。
 今や国家の一大危機に頻し、畏くも国の大祖国常立尊、豊雲野尊の二神、下津岩根の高天原に変性男子、変性女子の二霊を降し、神如の慈教を宣伝してこの漂蕩へる民心を修理し、国家を固成し、以て世界をして、神祗聖代の徳沢に鼓腹せしめ、各国土をして五六七の神世に転化せしめ、蒼生をして高天原に安住せしめむが為に国家国民の指針を示し給ひて、顕幽両界に跨り皇国を護佑し給ふ。
 ああ忝なきかな国祖の殊恩。ああ尊きかな天津日嗣天皇の天壌無窮の皇運を保全し給ふ皇国、金甌無欠の我が国体。
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia』がオープンしました(2019/3/15)
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。凡例はこちら。/データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2019 Iizuka Hiroaki