王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1出口王仁三郎著作集 第3巻 愛と美といのち
文献名2愛 >おんなの世界
文献名3仏教の女性観
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日2016-11-28 01:47:45
OBC B195303c129
本文の文字数851
本文のヒット件数全 0 件/=0
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  仏教の玉耶経には、女人の不利なる地位が詳細に並べたててあって、これを女の十悪といっている。
 女子は出生してもその両親に喜ばれない。牝ンだの粕だとか、尼っちょだとか、種々の侮蔑的言葉をもって遇せられ、女子を三人もてば家の棟をおとすとか、女子と小人養いがたしだとかいって、ばかにされる。その二には、養育しても少しまにあうようになれば、身代のやせるほど荷物をこしらえて他家へやってしまい、やっかいもの扱いされる。そして女は三界無宅なぞと軽侮される。その三には、気が小さくて人を畏れる。人なかに出てどんなに立派なことを説いても、ただちに女の言として相手にされない。その四には、父母は教育と嫁入りについて始終心配がたえず、たくさんな荷物までもたせてやりながら、不調法者をよろしくといって嫁入り先の人々に頭をさげる。その村の犬にさえ遠慮するような気持ちになっておらねば、娘が憎まれるという心配から、父母は女子よりも男子の出生を喜ぶ。
 その五は、恋しき父母にわかれ、なつかしい郷里を去って門火に追いだされ、いったん嫁したうえは死んでも両親の家に帰ることはならぬといいわたされ、一人も親友のないところへ追いやられる。その六は、嫁した家の舅姑や、小姑をはじめ、近所や、嫁した家の親族にまできげんをとって心配し、人の顔色ばかりみていなくては一日もつとまらぬ。その七は、妊娠の苦、出産の心配があり、一度子を産めば、容色とみにおとろえ、夫の愛にどうかすると変異を生ぜしむるうれいがある。その八は、少し娘らしくなると厳重なる父母の監視をうけ、外出さえ自由にできぬ。その九は、嫁して夫に制せられ、無理解な夫になると婢のごとくに遇する。それでも小言一ついうことはできぬ。その十は、老いては子や孫に呵責せられ、生涯自由をえないものと説いてある。
 しかし今日のめざめた女は、かかる十悪の仏説に耳をかたむけるような正直な女はないから、男子たるもの骨の折れることである。
(「神の国」昭和3年12月)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia』がオープンしました(2019/3/15)
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。凡例はこちら。/データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2019 Iizuka Hiroaki