王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1出口王仁三郎著作集 第3巻 愛と美といのち
文献名2如是我観 >現代の世相
文献名3樹下所見
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
OBC B195303c607
本文の文字数908
本文のヒット件数全 0 件/=0
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  天恩郷内万寿苑の大銀杏の下を、午後の二時ごろ、瑞月は竹杖をつきながら逍遥し、四方山の風景にあこがれていた。たちまち脚下にピーと虫の羽音がした。ふと見れば蟷螂の雄と雌とが重なり合つて、さもむつまじ気に、まさに結婚生活の序幕が開かれていたのである。雌はいつたん本能の満足をとげてしまうと、たちまち雄の手足をはらばらに食いつくしてしまつた。
 ああ、惨酷なことをやるものだなあ、これでは雄の恋をとげようとするには命がけだ。概して雄は体格も小さく、したがつて力も弱い。本能遂行の結果、ことさら身体がふなふなに衰弱している。力の強い体格の大きい雌のために、みるみる食い殺されてしまつた。雌のやつどうするかと見ていると、またもや羽音をしきりにさせて、他の雄を誘惑しはじめた。どこともなく飛んできた一匹の雄は、雌の背にばつと飛びのり、本能を満足させてぐたりと弱つてしまつた。雌はまたもや雄を前のごとく食いほじめた。
 かくしていく匹かの雄を食つてしまい、ついには黒い糸のような、足纒虫を尻から吐き出し、その虫のぴんぴん跳ねまわるのを見ておどろいて逃げてしまつた。じつに彼ら動物の社会は悲惨なもので、優勝劣敗、弱肉強食の修羅場を平気でたどつている。瑞月はこの実見によつて、暫時ぼうぜんたらざるをえなかつた。
 しかし現代の世相を考えてみると、けつして蟷螂の雌のみにかぎつたことではない。人種と人種の争い、国家と国家との争い、民族と民族との争い、団体と団体との争い、個人と個人との争い、そしてなかには共食いをする。最愛なるべき夫を食う妻君もあり、妻君を食う夫もあり、親は子を食い、子は親を食い、朋友を食う。利己心、自己愛のためには、蟷螂にもひとしき人間社会の惨状である。
 ああ、いかにせばかかる惨酷な鬼畜の社会を、天国浄土に復活することができようか。教育家も、宗教家も、政治家も、すべてがみな蟷螂の雌である。至善至愛の救世主いでずんは、この暗黒無明の天下をいかにせんやと、長大歎息をもたらす折りしも、かたわらの雑草の茂みからギイーチヨツと舌打ちの声が聞こえてきた。
(「瑞祥新聞」 大正14年11月)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia』がオープンしました(2019/3/15)
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。凡例はこちら。/データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2019 Iizuka Hiroaki