王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1大本七十年史 上巻
文献名2第4編 >第3章 >2 満蒙をめぐる政治情勢
文献名3盧占魁の経歴
著者大本七十年史編纂会・編集
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
OBC B195401c4322
本文の文字数955
本文のヒット件数全 0 件/=0
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  盧占魁は、チャハル省豊鎮のうまれで、当時三九才であった。彼が活躍しはじめたのはかなりはやく、古く辛亥革命のとき、盟友バブチャップ(巴布札布)とともに庫倫によって清朝をたすけ、再興の軍をおこした。バブチャップは蒙古人であり、日露戦争の際には「義軍」をおこして日本軍に協力したといわれている。しかし清朝再興のくわだては破れ、盧は帰化城にひいたが、政府軍に招撫された。ついで一九一六年、ふたたびバブチャップが軍を南満にうどかすと、盧はふたたびこれに参加した。この軍事行動も清朝の再興をめざしたものである。そしてその裏には、日本軍部や満州浪人のあとおしがあった。いったいに、日本軍部による満蒙分離の政策はかなりさかのぼる。満州を日露戦争によって手にいれたとはいえ、まだそれは日本の完全な植民地ではない。満州は中華民国の領土であり、日本は種々の権益をとったにすぎない。だから、日本軍部は再三にわたって、満蒙を中国領土から分離させて、「独立」の植民地にしたてあげようと画策していた。その第一のチャンスが辛亥革命であった。そしてその後、第一次満蒙独立運動、さらに第二次満蒙独立運動とくり返しその画策がなされたが失敗におわった。盧の軍隊はそれらの画策にはつねに主要な役割をはたしていた。しかし第二次独立運動の挙にやぶれた盧は、五原で阿片の栽培などをおこなっていたが、中央政府軍におわれ、陜西にはいって土匪となった。ここで、陝西精国軍が組織されたさいに招かれて、耀州・同官・宣順の三県をえ、長安に依拠して、中央討伐軍に対抗したがふたたびやぶれ、常備軍に編入された。一九二一年のころ、雲南の葉荃とともに、四川省にはいって四川軍を組織し、ついで唐継堯のすすめで雲南におもむき、のち広東の孫文と合した。しかし、孫文と行動を同じくすることができず、天津に閑居し、こんどは張作霖と手をにぎった。そして第一次奉直戦争がおこると、帰化城を根城として三特別区で直隷派に対抗した。こののち、奉天にうつった盧は、張作霖の諮議として月俸三五〇元を給されていたという。こうした経歴をもつ盧占魁と王仁三郎の間に連絡をつけたのは、のちにのべるように矢野祐太郎と岡崎鉄首であった。

〔写真〕
○盧占魁とその子たち 盧の仮寓にて p726
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2020 Iizuka Hiroaki