王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1その他
文献名2
文献名3大本愛善苑信条
著者
概要昭和21年(1946年)に新生の大本として設立された「愛善苑」は、王仁三郎昇天(昭和23年)後の昭和24年10月29日に「大本愛善苑」と改称された。この「大本愛善苑信条」は昭和25年2月の節分大祭のときに裁定発表されたもの。
備考出典:『大本七十年史 下』p839-840
タグ データ凡例 データ最終更新日2016-12-08 18:36:35
OBC Z9017
本文の文字数722
本文のヒット件数全 1 件/豊雲野尊=1
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文    第一条
われらは天地万有を生成化育したもう霊力体の大元霊にまします主神を信奉する。
   第二条
われらは主神が厳霊国常立尊、瑞霊豊雲野尊と現われたまい顕幽両界を立替立直し、みろくの世を実現したもうことを信奉する。
   第三条
われらは開祖が厳霊の神格に充たされ神論を伝達して救世の基を開き顕幽両界を守りたもうことを信奉する。
   第四条
われらは聖師が瑞霊の神格に充たされて愛善信真の大道を啓示し、みろく神業の主体として顕幽両界を救いたもうことを信奉する。
   第五条
われらは二代苑主が教御祖たる開祖、聖師の道統を継承し、救いとむすびの使命を成就せられることを信奉する。
   第六条
われらは綾部梅松苑および亀岡天恩郷が神業の根本聖地たることを信奉する。
   第七条
われらは主神をはじめ諸天使を「おほもとすめおほかみ」と仰ぎて斎き奉り、祖霊の祭祀を重んじ、まつりの本義を全うすべきものなることを信奉する。
   第八条
われらは厳瑞二神の神教にもとづき苑主の裁定された教を信仰の神髄としてあなないの誠をつくし天地経綸の神業に奉仕するものなることを信奉する。
   第九条
われらは人は神の子であり人類は同胞にして万有は本来一体であることを覚悟し天賦の神性を発揮して人類愛善の実践を期すべきものなることを信奉する。
   第十条
われらは万教同根の真理にもとづき広く相たずさえて万民和楽の地上天国実現のために協力すべきものなることを信奉する。
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。凡例はこちら。/データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
(C) 2016-2019 Iizuka Hiroaki