王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1三鏡
文献名2玉鏡よみ(新仮名遣い)
文献名3男装坊の再生よみ(新仮名遣い)
著者出口王仁三郎
概要
備考この項目は天五版では全文削除。
タグ データ凡例 データ最終更新日----
神の国掲載号1932(昭和7)年07月号 八幡書店版476頁 愛善世界社版76頁 著作集 第五版 第三版192頁 全集 初版160頁
OBC kg636
本文の文字数551
本文のヒット件数全 1 件/瑞の魂=1
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  月鏡、十和田湖の神秘を読んだものは誰も知つてゐる如く、湖の主が昇天の時、王仁に約束した言葉がある。「再生の時は大本に生れて参ります」と。……元来は王仁の子となつて生れる筈であつたが、それが出来なかつたので、八重野が生まして貰つた和明がそれである。十和田の竜神の再生であるから、十和田の和をとり明は日と月で神を表はす積りで斯く命名したのである。王仁をばかり慕つて、父親はそつちのけで聖師様聖師様とつけ纏ふ。霊の因縁は不思議なものである。
 編者申す、「月鏡十和田湖の神秘」には、左の通り示されてあります。
 前略、かくて男装坊は三熊野三神、別けて神素盞嗚尊の神示によつて弥勒の出現を待ちつつありしが、天運茲に循環して昭和三年の秋、四山の紅葉今や錦を織らむとする頃、神素盞嗚尊の神示によりて爰に瑞の魂十和田湖畔に来り、弥勒出現の神示を宣りしより男装坊は欣喜雀躍、風雨雷鳴地震を一度に起して徴證を示しつつ、その英霊は天に昇りたり。それより再び現界人の腹を藉りて生れ、男性となりて弥勒神政の神業に奉仕する事とはなりぬ。嗚呼神界経綸の深遠にして宏大なる到底人心小智の窺知し得る限りにあらず、畏しとも畏き次第にこそ。
惟神霊幸倍坐世。
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
【霊界物語誕生百周年】
大正10年(1921年)10月18日に王仁三郎が霊界物語の著述を開始してから
令和3年(2021年)10月18日で百年目を迎えます。
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2020 Iizuka Hiroaki