王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1三鏡
文献名2玉鏡よみ(新仮名遣い)
文献名3大本は型の出る所よみ(新仮名遣い)
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
神の国掲載号1933(昭和8)年08月号 八幡書店版197頁 愛善世界社版122頁 著作集 第五版258頁 第三版259頁 全集 初版219頁
OBC kg697
本文の文字数491
本文のヒット件数全 0 件
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  「大本に在りたことは皆世界にある、即ち大本は型をする所である」と云ふ神諭のある事は皆がよく知つて居るところである。故によい型をよい型をと出すようにせねばならぬのであるが、さうばかりも行かぬのは誠に残念な事である。大本は全く正義の団体であるにも拘はらず常に疑ひの妙な目をもつて見られて居る。大正十年に起つた大本事件の如きは、当時幾何誠意の陳述をしても、それが全く受け入れられないで、恰も大本は横紙破りでもする如く、すべてが取られて行つた。今世界に対する日本の立場が全く大本のそれと同じで、正義の主張が一つも通らぬのである。松岡全権のあの正々堂々の議論に対しても、恰も横紙破りの主張を日本がしてゐるやうに世界各国が誤認して、日本の云ひ分が一つも通らなかつたのである。併し最後は大本が天恩に浴し、公訴権の消滅によつて全く青天白日、元の白紙状態にかへつた如く世界から日本の正義を認められる日がやがては来るであらうけれど、其間、日本は可なりの苦痛を嘗めさせらるる事であらう。大本は七年間迫害と攻撃の渦の中に隠忍自重して来たのである。日本も最後にはきつとよくなるのであるから隠忍せねばならぬ。
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
【霊界物語誕生百周年】
大正10年(1921年)10月18日に王仁三郎が霊界物語の著述を開始してから
令和3年(2021年)10月18日で百年目を迎えます。
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2020 Iizuka Hiroaki