王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1大本神諭
文献名2よみ(新仮名遣い)
文献名3大正5年旧2月3日よみ(新仮名遣い)
著者
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日2017-07-31 21:12:47
年月日1916(大正5)年3月6日(旧2月3日) 神霊界掲載号大正6年8月1日号(第50号) 14頁 神霊界八幡書店復刻版第1巻 330頁 七巻本第2巻 3頁 五巻本未調査 三五神諭なし 東洋文庫天の巻なし 東洋文庫火の巻なし 連合会水の巻なし 大本史料集成未調査 庶民生活史料集成なし
OBC os045
本文の文字数3209
本文のヒット件数全 1 件/国常立尊=1
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  大国常立尊変生男子の霊魂が現はれて、三千世界の守護に掛るぞよ。是までは斯世にモウ無い神と為られて居りて、微躯とも致さずに蔭から守護いたしたぞよ。天地の大神は蔭から仏事と化りて、三千世界の守護をして居りたなれど、仏事の世の年の空きとなりたぞよ。世界中が物質からの学で、茲までに開けた世の年の明きとなりたから、今が神徳と物質の終りの替り目の、大峠となりて来たから、茲へなりた折に明治二十五年から知らして在る事と、言葉で知らして在る事を、世界中の守護神人民に、日々昼夜に知らして在りた事を、能く耳へ入れてをいて腹の中の掃除を致して、御霊を研けるやうに茲まで骨を折りたなれど、聞いて居る事を誰も用ゐて居る、守護神人民が無いので、大峠と成りて来たら、逆立に成りて困しむものが出来るから、茲になるまでに、地の先祖が気を付けたのであるぞよ。何程物事の解りた人民でも、此世でエライ人じゃと言はれる人でも、ドンナ誠の強い人民でも、今度の立替の御用に使はな成らん人民には、トコトンまで神は気を引くぞよ。今の人民からは大狂乱といはれ、山子と言はれ、ホウケて居ると言はれ、悪魔と言はれ、世界の大馬鹿者と申されて、悔しい残念を堪り堪りて、微躯とも致さぬ人民でないと、今度の御用には使はんから、神界の御用に立つ身魂は、何でなりとも苦労があるぞよ。我身や家が気に成る様な事では、今度の御用には間に合はんから、神は間に合ふ身魂と思ふたら、一旦は谷底へ落してから、誠の御用に使ふぞよ。気の小さいものは、矢張り艮金神は此世の悪神で在りたと申して、恐がりて迯げて去ぬものも出来るぞよ。力一杯反対しようと致して、縮尻るものも出来るぞよ。今度の御用は普通の身魂では能う勤めんと申して、毎度筆先で知らして在るぞよ。勤め上りたら万古末代名の残る事であるぞよ。皆その覚悟で居らんと、途中でヘコタレるぞよと申して、今までの筆先にクドウ知らして在るぞよ。それで確固と腹帯を〆て、胴を据えて居りて下されと申してあるぞよ。人間界では何程立派な誠の人民でも、昔からの霊魂の罪咎が在るから、今度の御用は苦労の固りで、昔からの霊魂の帳消しを致して、水晶の元の霊魂にいたして、御役に立るのであるから、誰も慢心の無いものはないから、九分九里まで取違いを致して、結構な御用を取外すから、夫れで筆先を十分腹の中へ〆込みて、居りて下されと申すのであるぞよ。今度の世の立替に間に合ふ身魂ほど、苦労が授けてあるぞよ。苦労無しには何事も成就いたさんぞよ。
 この大望な御用を致さす因縁の身魂が、何事もスット思ふやうに行たら、途中から邪魔が這入りて、物事成就いたさんから、此大本は月の形の御簾の内、日に日に変る経綸が致してあるぞよ。大本の経綸は引掛戻しであるから、余りトントン拍子に行きよると、又た後へ戻すから、其覚悟で居らんと辛うて堪れんから、茲を貫ぬく身魂でないと、三千年余りての経綸の御用には使はんぞよ。此大本は多勢は要らんと申して在るぞよ。いろは四十八文字で世を開くのであるから、三人に成りても、誠の者でさえ在りたら成就いたすから、訳の判らん身魂はサア今と成りたら、取祓いに致さうも知れんから、夫れでは可愛相で神が見て居れんから、何時までもクドウ厭がられもって、筆先で気を付けるから、神にも出口直にも落度はモウ在ろまいぞよ。

 この大本の中から皆揃ふて改心を致して、善一筋の道へ乗り替へて、彼れでならこそ世界の大元じゃと、人民から申すやうに行状、やり方を替へて、永らく落ちて御出なされたミロク様を、一日も早く世に御上がりに成りて戴いて、天地が揃ふて世界の守護が無ければ、世はヂリヂリと滅亡なりて了ふのも、外の守護神には解りは致そまいがな。是迄通りでモ一つ悪を強く為て行りて行うとの、世界中の守護神の精神で在ろうがな。悪の霊では一寸の場の御地の上には、モウ置かん時節が参りたから、天地の先祖が何彼の実地の、準備を立てに廻りて、遠所も近所も外の霊魂では出来ん経綸が立ててあるぞよ。今度の経綸は何処からも、指一本指す事の出来んやうに、水も漏らさんやうに仕組てあるなれど、大本の中へ参りて、邪魔を致す守護神は沢山有るから、気赦しはチットも出来んぞよ。抜刀の中に居る様の精神でないと、油断が在りたら悪の霊が、此中の立寄る人民に憑りて、潰さうと掛るぞよ。今度の経綸はモウ微躯とも致さぬやうに、昔から仕組てあるから、別条は無いなれど、邪魔が這入りた丈けは立替が遅れるから、世界の人民が永らく苦しむのが可愛想なから、此内部から十分に気を付けて、霊魂を日本魂に立還らして居りて下されよ。何事も中から破裂いたすので在るから、大本の邪魔をいたすものも、力一杯神の為と思ふて致すのであるから、一番に改心を致して、道路歩行もってでも大本の筆先を考へ詰めて居らんと、不調法が出来るから、善の御用を致そうと悪に覆ろうと、心一とつの持ちやうであるぞよ。心ほど斯世に恐いものは無いぞよ。

 出口直は艮金神の霊で維持て居る肉体であるから、此方の霊が出ると直が肉体がグニャグニャに成りて、弱るのを見ても、神の入れものと申す事が判るぞよ。是からは今迄のやうな心で居ると、此の大本の中の御用はささんぞよ。此中が大変厳格なるぞよ。早うから気が注けて在るが、筆先どほりに何ごとも、世界の大掃除を始めるから国々、所々、家々、人々に罪穢の在るだけのことをいたすから、さうなる迄に改心いたして、身魂を研いて居るやうに、諸国の神、守護神、人民に知らしたことを、悪う取りて耳に入れるものが無いとは、能うも曇りたものであるぞよ。此の実地の天地の先祖の、申すことを誠に聞いて、其行いに替へて居る身魂で在りたなら、此世の変り目に、初発の善き御用を為せて、末代美い名を残すやうに、神から神徳を渡すぞよ。神の申すことを疑はずに誠にいたす守護神に使はれて居る肉体は、其日から善の神の守護が在るから、思ふやうに行きだすぞよ。斯んな結構な教は外に無いなれど、此内の直接の御用いたす身魂が、悪に見せて化して在るから、誰も誠に今にいたすものが無いなれど、何彼の時節が参りて来たから、実地の生神が世界へ実地をして見せるから、実地が出来て来るまで近くほど判らんぞよ。可愛想なものじゃ。我の心が悪いと、人が善きこといたして居りても、反対に悪く見えるぞよ。悪い心を持ちて居ると、悪い守護神が覇張りて、悪いこと斗りを為せるから、一つも思わくは立たんぞよ。今の世の中は悪魔が九分在るから、天地の実地の生神の力でも、中々に骨が折れるぞよ。人民は神なら直に悪魔ぐらいは、退治が出来さうなものじゃと申すなれど、世界中に真実といふ事が、チットも無いやうに成りて、泥海同様で、生神の片足踏込む所も、手を差出す所も無いやうに成て了ふて居るから、神も中々苦労を致すぞよ。この世を是までに利己主義で、他人は如何でも我さえ良けら能い行り方で来た、此の世界の大掃除を、今の上の守護神人民に為せたとこで、誠の掃除は出来は致さんから、実地の活神が世界の大掃除を初めると申して、日々知らして居るなれど、近所ほど何も分らん、気の毒なもので在るが、遠国から開けて来て、遠国の明りで足元が依然して、居れんやうに成るといふ事が、明治二十五年から筆先で知らしてあるぞよ。遠国から明りが刺して、脚下がそろそろと判りかけると申して在るぞよ。綾部の大本の教は、実地ばかりの誠の道であるから開くにも骨が折れるし、分明るのも手間が要るなれど、モウ世界から筆先の実地が出て来るから、此の先に疑ふやうな守護神が、大本へ出て来たら、其場で正体を現はして、ざまを晒さすぞよ。近い所ほど後廻しに成るのは我の心の持ち様が違ふからであるぞよ。
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
【霊界物語誕生百周年】
大正10年(1921年)10月18日に王仁三郎が霊界物語の著述を開始してから
令和3年(2021年)10月18日で百年目を迎えます。
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2021 Iizuka Hiroaki