王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1大本神諭
文献名2よみ(新仮名遣い)
文献名3明治43年旧4月18日よみ(新仮名遣い)
著者
概要
備考直の昇天後に拝読を許された
タグ データ凡例 データ最終更新日2017-07-23 20:27:23
年月日1910(明治43)年5月26日(旧4月18日) 神霊界掲載号大正7年12月22日号(第76号)【大本教祖号】 4頁 神霊界八幡書店復刻版第3巻 399頁 七巻本第4巻 214頁 五巻本未調査 三五神諭なし 東洋文庫天の巻なし 東洋文庫火の巻261頁 連合会水の巻なし 大本史料集成未調査 庶民生活史料集成97頁
OBC os154
本文の文字数4100
本文のヒット件数全 3 件/坤の金神=3
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  出口直七十五歳、明治四十三年の四月の十八日、新の五月の二十八日
 艮の金神は地球の元を創造た変性男子の身魂であるから、元の肉体の其まゝで、末代国を構はな成らん生神であるぞよ。その国常立尊の御魂の半分が変化て、変性男子の身魂となりて居るのが、勿体なくも天照皇太神宮殿の御妹子の稚日女岐美尊であるぞよ。
 斯世を拵えるには末代の事の前後の能く見え透く御魂で無い事には末代の世は続かんぞよ。是だけ世が呉れたら、斯う言ふ世に成る、其先きはドウ成るといふ事が判らねば、一日先の判らぬ如うな今の政治の行り方では、到底誠の事は出来んから、日の本の神国は治まりは致さんぞよ。人も一代、世も一代と申す事があるが、今度は神の世が一代呉れた末法の終尾の瀬戸際であるぞよ。
 斯の終りの世が来るのが神界には能く分りて居りての、大望な世の立替建直しの経綸が為てあるのじゃぞよ。何事も時節であるから、斯んな惨い世に成るのも、艮の金神が世に落されたのも、世に上るのも昔から定まりた因縁事であるぞよ。時節が参りたらドンナ事業でも完成るぞよ。神の世一代の末になると、魔法の世が来るのも、世の太初から良く分りて居りての今度の経綸が致してありたのじゃぞよ。末法の世と申すのは、地の世界に真正の大将の器が無いやうになりて了ふ事であるから、斯世が立つのは天と地とが揃はな、上ばかり在りても治まらず、下ばかりでは猶治まりは致さんぞよ。天には御三体の大神様の御守護は在るなれど、地の世界に大神が無いやうに成りて居りたから、地の上には厳格神が無い故に、日本の国へは渡りて来られん筈に極りてありた、外国の体主霊従本意極悪神が、斯世を固め〆ん内の泥海の中に居る折からの、露国の悪の先祖の計画であるぞよ。元からの計画は天に坐ます大神様は能く御存知であるなり、地の根本を固めた国常立尊も能く知り抜いて居りたなれど、其外には何も御存知の無い神斗りであるぞよ。斯の世に恐い大神が世に落ちて居りた故に、今まで世に出て居れた神々様の、放縦な行り方で政事を致されて、後も前も構はずに其時良かれで、仕放題の世の持方で、薩張り世は暗黒と成りて了ふて、日本の国に神の威勢が無きやうに成りたから、極悪神の思はく通りの時節と成りたから、露国が最初で、外国の悪の守護神が日本を占領仕組を種々と致して居るから、露国に勝ちたと申して、日本の人民が安心いたして居りたら、十年先きに成りたら脚下から鳥が立ちて、アフンと致さな成らん事が出来いたすから、日本の上の守護神どもにクドウ気を注けるぞよ。外国の極悪神の深い計画は日本の神々も守護神人民も知りたものは無いなれど、艮の金神は昔から世に落ちて隠れて調査が致してありての、今度の二度目の世の建替の御用であるぞよ。今度は日本に備はりて居る霊主体従の、日本魂の根元の神力で無い事には到底叶はんぞよ。日本は結構な国土であるから、外国の悪神が日本の国を奪りて、万古末代住居を致す心算で、悪魔斗りを連れ参りて、日本の人民の身魂を自由自在に致して、国を汚す斗りに、今に一生懸命になりて着手りて居るぞよ。日本の国に神力の無い如うに致して置いて、一戦に奪りて了ふ経綸に永らく掛りて居るから、悪神のおもわくが立ちたら世界は泥海に成るから、そこへ成りたら可愛相でも一旦世界を潰して了ふて、最初の一から仕直しを致さな成らん如うな事になるから、世界には此の先にドンナ事が破裂いたそうやら、筆先通りが出て来るから、一人なりと早く改心いたして、世界の身魂を助けるやうに致さねば、日本の国の役が済まんぞよ。日本は結構な神国と申せども、今の日本は上から下まで薩張り曇り切りて、外国人よりも劣りて居るから、神国の威勢と云ふものは少しも無いから、外国人に見下げられて了ふて、何一つ日本の言い前が立ん事に成って来て居るぞよ。何程智者でも学者でも叶はん事に成りて居るぞよ。日本は神徳でないと国は立んぞよ。今の内に日本の霊主体従の日本魂の種を拵えて斯世を立て、日本が世界の親に成らねば、世界は外国の今の行り方では何時までも口舌の絶えると云ふ事は無いなれど、日本の人民が皆外国の政治の行り方で、末代世が続くやうに惚れ込みて了ふて居るなれど、十年先を見て御座れよ、外国の悪の行り方は化ケの皮を脱いて見せてやるぞよ。それでも日本の人民の心が余り曇りて了ふて居るから、トコトン迄は改心が出来んぞよ。因縁ある身魂を此大本へ国々から引寄して、日本魂を研き上げさして、今度の二度目の天の岩戸を開いて、三千世界を立直して天地へ御眼に掛けるので在るから、ソコへ成りたら因縁の身魂を世界の大本竜宮館の高天原へ引寄せて、それぞれの守護を致させるから、神の方は大丈夫であるから、今の中チにこの大本へ立寄る人は、余程改心を致して下さらんと、面目無いやら愧かしいやらで、大本へ寄り付けん事が出来いたすから、神は前日前日に気を付けておくぞよ。是だけ世界に沢山王がありては治まらんから、神が表に現はれて、七王、八王を陣曳いたさして、日本の誠の神国の万古末代動かぬ一つの王で、三千世界を治めるぞよ。時節が近よりたから、一日も早く改心いたして夢を醒して下され。太初の地を拵えた生神は残念なぞよ。モウ此さきは神の守護いたす誠の神代の経綸どほりに立替て了ふから、今迄の事思ふて自己本意の行り方いたして居りたら、辛う成りて一寸も動きの取れん事になりて了ふから、改心改心と一点ばりに気を付けたが、モウ気の付けやうがないぞよ。モウ神は一ト切りと致して、天の守護にかゝるからモウ神に落度はあるまいぞよ。
 艮の金神国常立尊、若姫岐美尊変性男子の御魂が出口の神と現はれて、直の肉体を籍りて、明治二十五年からガンジリ巻にしてをいて、辛い御用を命したぞよ。出口直に書した筆先は世の本を創造えた国常立尊が体内へ這入りて書くので在るから、チットも間違ひの無い事ばかりで在るぞよ。世界を修理固成た時から、其儘肉体のある生神が、化けて世界中の事を隅々まで、水も漏さぬやうに審査が為てありての二度目の世の建替であるから、斯世初りてから未だ無い大業な神業であるぞよ。是迄の世は世を持たねば成らん誠の生神を世に押込めて、天地が動いても世を持つ事の出来ん素盞嗚尊を表へ出して、政治を致して居りたから、薩張り世が逆様に転覆りて居りたのであるから、三千世界を本の経綸通りに捻戻して、世を持つ身魂に世を持たして、天下泰平に世を治めるのであるぞよ。変性男子と女子との身魂の和合が出来たら、男子は天へ上りて天から天と地とを守護いたすなり、女子は坤の金神と全部表に現はれて、ミロクの大神の御用を致さすから、ソウ成りたら三千年の経綸を明けて見せて遣るから、世界の人民の改心が出来出すぞよ。昔から待ち焦れた松の代が来るから、神は激しく人民は穏になりて、打って代りての結構な世が参るぞよ。今の政治の行り方は一から十まで僞で固めた、其場のがれの行り方であるから、此世が薩張り暗雲で、世の乱れ方と申すものは、神からは目を開けて見られん醜るしき状態に成りて、昔の元から極まりた誠の神の道が無くなりて了ふて、人民の通る道も無いやうに世が下りて居るぞよ。途中から出来た枝の神が斯世を自由に致して、恐いもの無しで世を持ちて居りたから、世界の今の体裁。出口直の御用は天も地も曇り切りて了ふて、誠の道を立て行く身魂が無きやうに成りた世を立直すために、世の元から拵へて、地の底へ埋めて在りた稚日女君の尊の、日本魂の変性男子の身魂を天へ上げて、今度の世の立替の御用を勤めて下さる御役なり、坤の金神の宿りて居れる変性女子の身魂は、ミロクの松の代に立直す因縁の御用であるぞよ。
 変性男子の後の御世継は、明治廿五年に初発に出口直の筆先に一度かゝした事は違いは致さん、何事も出口直の後の二代の御用を勤めさすのは、末子のお澄が定めて在るなり、三代の御用いたすのが出口澄の総領の直霊に渡る経綸に定まりて在るぞよ。此三代の直霊が、世の元の水晶の胤であるぞよ。綾部の大本の御用継は末代肉体が婦女であるぞよ。
 婦女の肉体は末代神の御用を致さすなり、男子の肉体は末代変性女子の身魂を撰り抜いて世を治めさすなり、此経綸は何時になりても変える事は出来んのであるぞよ。出口直の八人の御子は、名のある人に致すので在るが、今では皆化かしてあるぞよ。
 艮の金神が天晴天地へ現はれて、出口直の後見を致して、十分に神徳を渡して、世界の神柱と致すぞよ。末子の澄どのも二代の御用が巡りて来て、禁闕要の大神と成りたら、今の如うな行状は為せんぞよ。海潮も九分九厘いかんと坤の奥役には成らんぞよ。是は此世が乱れ切りて居るから、此大本は世界の写る鏡であるから、斯内部の行り方を見て居りたら、世界はドウ云ふ事に成りて居ると云ふ事が好く判るから、充分に気を付けて下されと申して知らしてあるぞよ。毛筋も違はん筆先、違ふと思ふたら其人の心が違ふて居るのじゃぞよ。
 坤の金神に海潮の身魂が成りて了ふて、ミロクの御用を致すやうに成るのは、世界の経綸が九分九厘まで行かんと、それ迄は和光同塵があるぞよ。是も世の本からの神界の動かぬ経綸であるから、時節を待たねば何事も充分には行かんぞよ。今度の世界の大戦争に成りて来んと、大本の国常立尊と皆の生神の神力で在りたと云ふ事は能く判りは致さんぞよ。
 出口竹蔵は出口政五郎の跡を継ぐなり、出口澄は出口直の国常立尊の後を、実地の御系統を続かすなり、世界の大本は世の元の根本の国常立尊の世界の大神の血統を末代続かすぞよ。綾部の大本は何処の自由にも成らん大本ぞよ。
  で九ちなを七十五さい めいじ四十さんねんの四がつの十八にち しんの五月の二十八にちのしるしぞよ
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
【霊界物語誕生百周年】
大正10年(1921年)10月18日に王仁三郎が霊界物語の著述を開始してから
令和3年(2021年)10月18日で百年目を迎えます。
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2020 Iizuka Hiroaki