王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1大本神諭
文献名2
文献名3大正4年旧7月12日
著者
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
OBC os215
本文の文字数4329
本文のヒット件数全 0 件/=0
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  大国常立尊が天晴表面に成りて、天からは御三体の大神様が竜宮館の本の宮に降りなされて、御加勢があるから、此の大本には一日増しに厳しくなるから、心間違ひのある人民は居り度くても居れん如うになるのは、神の御心に叶はんのであるぞよ。三体の大神が地に降り昇りを致すと言ふ事が、筆先に書いて知らしてあらうがな。皆実現て来るぞよ。此の方は是迄は皆を気を引きて見て居るが、此度二度目の世の立替は、太古から無い神事を致して、是迄の世は悪魔の世でありたから、何を致しても世が逆様に顛覆て居りたから、良いと思うて為る事が逆様斗りで、神の所期に叶はん事ばかりでありたから何かの事を薩張り行り方を変へるから、是迄の心の持ち方を変へて貰はんと、真実の事は出来んぞよ。心は是迄は神とは反対であるから、人民とは心が合はんから、実地の神の守護が無いから目的が外れるのざ。此の世を保たねば世が立て行かん、世の太元の実地の天と地との先祖を此の世には要らん神と致して、世を保たれん悪神の天地の大盗賊に、此の世を自由に致さして、日本の霊の本の天地の大神を、要らん如うに為てありたから、是が時節であるなれど、精神の悪い身魂程上昇りて、出世を致して、霊主体従の身魂は酷い事になりて、薩張り下に堕ちて仕舞て居りたなれど、何彼の時節が廻りて来て、善の身魂で無いと世が立ちて行かん世が参りて、天地の違ひに世が変りて、上昇がりて居りた身魂が、逆立になりてと言ふ事が、大国常立尊が世界中に詳細、世に出て居れる方の守護神人民の耳に蛸の出来る程、筆先で知らしてあるぞよ。外国の先祖の計画が、余り大きな企図を為て居るから、九分九厘の守護神が此の現状で深遠周到、悪の経綸で、此の前途が甘い事に、是れ迄とはモ一ツ結構に行けると思うて居る事が、薩張り思ひが違ふて、是迄の悪の霊は毫末も利かん様になりて、至仁至愛様の世になると、是迄の遣り方は毫末も用ゐられん、太古の根本の神世に世が戻るのであるから、末法の世の守護神人民は辛くなるから、是迄の遣り方は毫末も用ゐん世に変るから、明治二十五年から、五六七様の世になる迄に、心魂の持方を改へて居りて下されと、是程詳細徹底的判明る如うに書いて知らして在る通りに、吾の心魂之状態の違ふ人は辛いぞよ。誠の心魂の真心の、太古の根本の天地の至仁至愛大神様の教に改へて居る人は、何とした良い世に成りただらうと悦こぶなり、末法の世の遣り方の、良い守護神に使はれて居る人民は、心情が違ふから、是迄の遣り方は最早一寸も用ゐん世に改はるから、是迄の行り方は体主霊従の遣り方であるから、此の先は至仁至愛大神様の教の遣り方に改るから、速う五六七様の教の遣り方に改へて居りたら、大変楽に行けるなれど、毫末でも敵対う心情がありたら、一寸も思ふ如うに行けんのが世が変るのであるぞよ。今が世の変り目で辛いなれど、立替を致して後の立直しが中々大望であるなれど、立直しに成りたら御用が楽にあるぞよ。立替致す迄は寸分も気許しがならんから、抜身の中に立ちて居る如うに思ふて居らんと、間隙を見て邪魔を致さうと、悪の方から考へ澄まして居るから、貧乏動ぎもならんから、判からん身魂は左程に無いなれど、此の方が昼夜に厳しき守護があるから、他人からは判らんなれど、直と直澄殿の肉体に大変感応へて、食物は甘くなし、辛い目に会はせるなれど、他には補助さす身魂が無い大望な御用であるから、日に増に判るが近くなるから、余り無理に心配を致さんと御用為て下されよ。変性女子の霊縁が判かりて来ると、世界の物事速うなりて、至仁至愛大神様の御神徳が現はれるから、此処迄に信仰して居る人は結構ざが、是から俄か信心致す人は、何彼の事が遅延れて来るぞよ。此の大本に来て居りても、太元の天地の先祖の、此処迄為て来て居る事が、チト判かりて居らんと、真実の神徳は無いぞよ。此の大本に居りたら苦しむ時節が参りて来て、下の下司の身魂とが、此の先は如何為ようにも無い事になりて、苦しみて逆立になりて御詫に大本に詣りて来ても、御詫びは叶はんぞよ。薩張り天地の大神が顕現て守護致し出したら、恐くて是迄の心の守護神では、此の内部、今の如うな事はさせて置かんぞよ。男も女も大和魂の性来でないと、此の大本の辛棒は、今の様な自堕落な事では、世の大本の天地の大神が表面になると、何も薩張り立別て清浄に致さんと、是迄は神の道が薩張り潰れて仕舞て居るから、人民の道が無い如うになりて、人民の心が自堕落で、心が見苦しくて、実地の神からは見られん見苦しさ。天地の根本の先祖が速う表面で守護致さんと、是れ迄の末法の世の守護神に使はれて居りた肉体が、俄に改心は出来ず、此の内部は激しうなりて、此の内部から何かの行儀行状を為て見せなならん、世界の大本に成る尊とい所になる所であるから、何であらうと一度直に言はしたり、筆先に出してある神言を、一度で聴ける守護神に使はれて居らんと、辛くなりて逃げて去ぬ如うな事の無い如うに為て居らんと、一ツの辛棒を忍耐んと、太元の日本の霊主体従に立帰る尊い霊地であるから、余程の行を為て置かんと、未だ是れから辛くなるぞよ。今の如うに楽な事でないぞよ。身体が楽なら気苦労があるし、初発は肉体の苦労、肉体の苦労が済みたら気苦労があるぞよ。此の大本は世界の亀鑑の出る所であるから、直の身魂の苦労は特別であるなれど、肉体でも中々の苦労が命してあるが、良い御用を致す身魂程苦労致さな、苦労無しの事は、誠の事は出来は致さんぞよ。二度目の世の立替は、末代に一度ほか無いと言ふ様な、太古から無い大望な神業であるから、何も判らずに綾部の大本に良い事斗りに目を附けて来て貰うと、天の神王の事から、地の王の事から、一切の事が判りて来るのを、ビックリ箱が開くのであるから、余り大きな間違ひで、腰が抜けると申して、度々知して居るのざぞよ。此の先は何も一切変へるぞよ。是迄の世は外国に上がりて居る悪の先祖が大盗賊ざ。悪の仕組で、天地の大本の根本の、天地の根本の善一トツの誠の道の、天と地の先祖を無い様に致して、煮たり焼いたり、身体の筋まで茹でて食ったり、身体は叩き漬いて、食って仕舞ふたと申して歓びて居りたが、其様事の感える神ざと思うて居るから、此の度は大きな間違ひが出来て来るのだぞよ。
 モ一度ケンビキが凝り出すであらう。余り大きな取違ひを為て居るので、ケンビキがこたえるであらう。悪の企画で此処迄はトントン拍手に、面白い程昇れた悪の輪止りとなりて、世界中の大きな難渋であるぞよ。上昇りて居る身魂の、利己主義の行方で、吾の系統斗りを大事にして、悪で末代立てて行こうとの目的なれど、悪の世の切り替へで、世界中の混雑となりて、何も一度に来るから、大本の内部は男も女も皆揃ふて、行儀行状を替えて居らんと、何も一度になりて来ると、筆先の腹に充分入りて居る人は、胴が据るなれど、筆先の判りて居らん人は、揺動くから、確乎と腹帯を締めて居らんと、永く日々知らしてある通りになりて来るのざから、女でも筆先の判りて居る人は、ソレ来た、出て来たと申して、腹の中に胴が据るなれど、太古から無いことが世界には実現から、筆先を充分拝読て置くが良いぞよ。世界の出来事が一度に成りて来ると、余程の胴の据りた人民でないと、能う忍耐らんぞよ。直は天の御三体の大神様の御守護が、夜昼に御側を離れずに御守護あるから、国常立尊は離れずに昼夜に守護致すなり、乙姫様の御守護なり、御夫婦御揃ひになりて世界の御守護遊ばすなり、是丈けで無い、荒神様の御守護で、大丈夫といふ事が判りて居るから、申す神言を真実に致して、申してある如うに為て居れば、サア今といふ折になりたら、此の世の根本の純粋の開発統一楽天清浄魂の大本の活神が揃ふて、天地から守護致し出すと、数は要らんぞよ。未だあるぞよ。稚日女岐美命の御近侍が、六合大立命殿となりて、根本の正真正銘の大和魂の御種であるぞよ。未だあるぞよ。禁闕要大神殿は大地の金神であるぞよ。まだ戦争の御手伝いは、何程でも乙姫殿の御眷族があるぞよ。正真正銘の御手伝なさるのは、金神の中で選抜いて御苦労になるなり、御加勢は何程でもあるから、立替は一気に出来ても、後の立直の準備を立て置かねば、立替致した後が末代立つ様の、二度目の世の立替であるから、是程下拵いに時間が要りたのであるぞよ。何も知らん眷属が天地の御恩と云ふことも知らずに、今に無茶で、吾れの出世をすること斗りに目を着けて、是程大望な神業許りが経綸てありて、勿体なくも太元の天地の大神様の、御苦労様な御手伝の在ることも判りて居るまいがな。太古から無いことと申して、筆先で知らして、是程実地の御手伝がありても、見えもせず、此の正真正銘を為て、日々昼夜に離れずに守護あるぞよ。今此の神事を申しても、直実には致しはせんから、筆先に書くのは、国常立尊が出口直の手で書いて置くぞよ。正真正銘の天と地との先祖と、日の大神殿天照皇大神宮殿、如何御守護も、このさきはなさるぞよ。是迄の不規則放縦な性来を、皆揃うて穢ない身魂は、洗濯に掛らんから、霊魂を引き抜いて仕舞ふて、此の前途の末代世を主宰て行く天地の大神の霊魂が、世の根本の純粋の根本の初りの大和魂であるから、此度の二度目の世の立替を致したら、末代日本の国の霊魂に同じ霊魂に致さんと、暮れて行きよると霊魂に不純が出来て、如斯いう難渋な世が参るから、此の先きで世の立替は、最う出来んのであるから、此度の二度目の世の立替は、何につけても天地の大神が実行すのであるから、純粋の世に致して、末代曇らん如うに、水晶に磨きたてて、大元の根本の世よりも、モ一ツ純粋の世に致して、御霊続の霊魂の性来と、附々の根本の肉体を天地から拵えて、末代御霊統の霊魂の性来に致して治るのであるぞよ。何れは人民も減少なれど、日本の身魂と外国の身魂とを薩張り立別けて、是迄のやうな醜るしき身魂は、日本の国には末代立別けて、毛筋の横巾も混りの無い事に致して了ふぞよ。天の主宰神と地の主宰神の、末代其の儘の活神は、末代肉体があるから、末流の神やら、日本の国には渡りて来られん悪神が、天地の大本神を無い世に致して、枝の神と向ふの悪神とで、モ一ツ体主霊従を強く致して、日本の国の婦女子迄も、小供も、人民の心情をもっと悪く致して、末代悪で立てて行かうとの深大周密目的を立てて居るなれど、日本の国には、モ一ツ深い経綸がしてありて、永らくの苦労、悔しい残念を此処迄忍耐て来た苦労の固まりの花の開く時節が参りて来たのであるぞよ。万劫末代萎れぬ生花であるぞよ。
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia』がオープンしました(2019/3/15)
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。凡例はこちら。/データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2019 Iizuka Hiroaki