王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第2巻 霊主体従 丑の巻
文献名2第1篇 神界の混乱
文献名3第4章 真澄の神鏡〔54〕
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日2016-12-23 05:55:53
あらすじ天使・大八洲彦命は、大足彦、花照姫、道貫彦をして、木花姫命の鎮まる芙蓉山を守らせた。
邪神・棒振彦の化けた美山彦、同じく高虎姫の化けた国照姫、邪神の部下・鷹姫は芙蓉山に登って大足彦に面会を求めたが、大足彦は安泰山に命を奉じて出かけた後であった。
そこで代わりに芙蓉山を守っていた道貫彦に対して、美山彦らは、『竜宮城が邪神・棒振彦の軍によって囲まれて危機に陥り、稚桜姫命は万寿山に逃れた。しかも大八洲彦命も邪神に帰順してしまった』と嘘の危急を報じて、混乱させようとした。
道貫彦と花照姫は、この報を聞いて、真実なら一大事と心ははやったが、部下の豊彦を安泰山の大足彦にまずは知らしめることにした。
大足彦はすでに安泰山で真正の美山彦に面会していたので、怪しんで木花姫命に神示を願った。木花姫命は期するところあり、芙蓉山の守りを固めると、美山彦、大足彦を連れて、稚桜姫命が逃れたという万寿山に向かった。
万寿山には、邪神・杵築姫が稚桜姫命に化けて待っていた。そして、木花姫命・美山彦命、大足彦命一行の労を謝すると、竜宮城に軍を向けて、奪回するように命令を下した。
大足彦は木花姫命から賜っていた、真澄の鏡を取り出して稚桜姫命を照らしてみれば、たちまちバイカル湖の黒竜の姿を暴かれて、黒雲を起こして逃げ去った。
そして、同行した美山彦、国照姫、鷹姫を照らせば、美山彦は棒振彦に、国照姫は木常姫に再来である金毛九尾の悪狐に、鷹姫は大きな古狸の姿を暴かれた。
大足彦は芙蓉山に向かって神徳を感謝し、また邪神の所業に怒りを抑えつつ芙蓉山に帰還した。
主な人物 舞台 口述日1921(大正10)年10月27日(旧09月27日) 口述場所 筆録者加藤明子 校正日 校正場所
OBC rm0204
本文の文字数1506
本文のヒット件数全 5 件/木花姫=5
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  ここに天使大八洲彦命は竜宮城の勇神、大足彦、花照姫、道貫彦を添へて、木花姫命の鎮まりたまふ芙蓉山を守らしめたまうた。

  不二の山三国一の四方面
  汽車の窓半日のぞく不二の峰

 ここに美山彦、国照姫は、鷹姫とともに雲霧をおこして芙蓉山に翔けのぼり、大足彦に面会を求めた。大足彦は木花姫命の神務を帯びて、遠く安泰山に行かれた後である。そこで花照姫は道貫彦をして代つて応接せしめた。
 美山彦以下二神は「一大秘密あり、願はくは隣神を遠ざけたまへ」と仔細ありげに申しのべた。
 道貫彦は乞ふがまにまに隣神を遠ざけ一間に入りて、
『その秘密はいかに』
と反問した。このとき美山彦は声を密めて、
『竜宮城も地の高天原も既に重囲に陥り危機旦夕にせまる。稚桜姫命はわずかに身をもつてのがれたまひ、万寿山に避難し、ここに再挙を図らせたまふ。しかるに大八洲彦命、真澄姫はすでに棒振彦に帰順し、今や魔軍の将として万寿山に押し寄せむとす。高天原の大事を救ふは今この時なり。智略縦横の大足彦きたりて万寿山の主将となり、大勢を挽回し、大神の神慮を慰めよ、との稚桜姫命の御神命なり。貴神の向背いかん』
と気色をはげまし、刀の柄に手をかけ決心の色を見せながらヂリヂリと詰めよつた。
 花照姫、道貫彦は始終を聞きて心も心ならず、ただちに天の鳥船をもつて、豊彦をして安泰山の大足彦にこの顛末を報告せしめた。時をうつさず西方の天より、大足彦は豊彦とともに帰山し、すでにすでに安泰山において美山彦命と会見してすべての様子を知りゐたるに、ここにまた美山彦命の来れるを聞きて、何となく怪しみに堪へず、山頂の木花姫命の宮にいたり神示を乞ひたまうた。
 木花姫命の神示によりて、天使は心中深く期するところのあるものの如く、花照姫、豊彦その他の神司を芙蓉山に残して守備となし、美山彦一行と共に万寿山に向うた。万寿山には、バイカル湖の邪神となりし鬼姫の再来なる杵築姫は、美々しく変装を凝らして稚桜姫命と化り、大足彦に向つて遠来の労を謝し、かつ地の高天原および竜宮城の回復を命ぜられた。

  這ふて出てはねる蚯蚓や雲の峰

 大足彦は出発の際、木花姫命よりひそかに賜はりたる真澄の鏡をとりいだし、稚桜姫命を照しみれば、こはそも如何に、今まで優美にしてかつ尊厳なりし稚桜姫命は、見るも恐ろしき鬼姫の後身バイカル湖の黒竜と現はれ、東北の天にむかつて黒雲を捲きおこし、雲を霞と逃げ失せた。美山彦はと鏡に照らして見れば、こはそも如何に、竹熊の再来棒振彦の正体あらはれ、高虎姫を見れば木常姫の再来なる金毛九尾の悪狐と化し、鷹姫の姿は大なる古狸と現はれた。
 大足彦は天を拝し地に伏し、芙蓉山にむかつて合掌し神徳の広大無辺なるを感謝した。その後棒振彦、高虎姫は諸方にかけ廻り、このたびは大足彦をいかにもして亡ぼし、真澄の鏡を得むと非常に苦心焦慮した。邪神の去りしあとの万寿山は、実に荒涼たる荒野と化してゐた。あとに大足彦は地を踏み轟かして雄健びしながら、怒りを押さへ直ちに鳥船に乗りて芙蓉山に帰還した。
(大正一〇・一〇・二七 旧九・二七 加藤明子録)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia』がオープンしました(2019/3/15)
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。凡例はこちら。/データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2019 Iizuka Hiroaki