王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第2巻 霊主体従 丑の巻
文献名2第4篇 常世の国よみ(新仮名遣い)とこよのくに
文献名3第20章 疑問の艶書〔70〕よみ(新仮名遣い)ぎもんのえんしょ
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじ言霊別命が竜宮城に帰還した後、ふたたび勢力を取り戻したため、常世姫は魔我彦、魔我姫、小島別、田依彦、安川彦らに策を授けて常世の国に帰って行った。安川彦は艶書をでっちあげて言霊別命を排斥しようとした。一時は成功し、言霊姫も艶書を信じるまでに至ったが、神国別命に見破られて安川彦が自白したため、事なきを得た。安川彦は鬼城山に逃げ、国照姫の部下となった。
主な人物 舞台 口述日1921(大正10)年10月31日(旧10月01日) 口述場所 筆録者桜井重雄 校正日 校正場所 初版発行日1922(大正11)年1月27日 愛善世界社版99頁 八幡書店版第1輯 194頁 修補版 校定版101頁 普及版48頁 初版 ページ備考
OBC rm0220
本文の文字数2340
本文のヒット件数全 1 件/大八洲彦命=1
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  言霊別命の妻神言霊姫は稚桜姫命の第五女であり、常世姫は第三女である。言霊別命の帰城により城内の疑雲は一掃され、親子兄弟夫婦の目出たき対面となつた。邪智深き常世姫は表面祝意を表し、城内の諸神将も亦心底より平和にをさまりしことを祝した。しばらくの間は竜宮城はきはめて平穏無事であつた。
 ここに常世姫は稚桜姫命、以下諸神将の信頼を一身に集めた。しかしてその勢力は日ごとに増して来たのであつた。言霊別命の声望は以前の如くならず、一時の叛将として上下一般より侮蔑の眼をもつて見らるるにいたつた。しかし稚桜姫命に信任厚き大八洲彦命、真澄姫の隠れたる努力により、日に月に言霊別命の声望は回復に向つていた。そこで言霊別命はふたたび神務を掌握し、神国別命は依然として神政を総攬し、言霊別命と神国別命のあひだは極めて円にして、あたかも親しい夫婦のごとくであつた。常世姫はふたたび魔我彦、魔我姫を左右の補佐となし、種々の手段をめぐらし、二神の信望を失墜せしめむとした。
 言霊別命の声望日々に回復するとともに、常世姫の奸黠なる心情はやうやく諸神司の感知するところとなつた。しかるに小島別、田依彦、安川彦、竹彦一派は常世姫を深く信頼してゐた。稚桜姫命もつひにその心情を察知し、信任は前日に比して大いに薄らいだのである。
 やうやく言霊別命の一派と常世姫の一派とがここに現はれた。されど常世姫の一派はきはめて少数にして微力であつた。常世姫はつひに策の成らざるを知り、時機をまつてその目的を達せむとし、表に不平を包み、莞爾として稚桜姫命に暇を請ひ、常世国へ事変突発せりと称して、帰国せむことを乞ふた。稚桜姫命は思ふところあつて、之をただちに許したまふた。常世姫は魔我彦、魔我姫を伴なひ、帰国に際して小島別、田依彦、安川彦一派に密策を授け、公然帰国した。
 常世姫の退城したるあとは、言霊別命の勢力は実に旭日昇天の勢となつた。田依彦、安川彦は命の声望を傷つけむとし、容色並びなき数子姫を城内に召し、言霊別命に近侍せしめた。数子姫はいと懇切に命に仕へて、かゆきところへ手のまはるごとく立ち働いた。命は数子姫の誠意を喜び、外出のときは必ず侍女として相伴なふこととしてゐた。
 あるとき城内に一通の手紙が落ちてゐた。安川彦は手早くこれを拾つて懐中し、ただちに小島別の手に渡した。小島別はこれを披見し、稚桜姫命に奉つた。その手紙は数子姫より言霊別命へ送れる艶書であつた。その文面によれば、すでに数回要領をえたる後にして、かつ命の強圧的非行を怨み、天則に違反したる罪を謝し、自らはヨルダン河に身を投じて罪を償はむとの意味が認めてあつた。ここに稚桜姫命はおほいに驚き、ひそかに言霊姫にその手紙を示された。
 言霊姫は夫神の行為を嘆き、死して夫を諫めむと覚悟を定めた。言霊別命はかかる奸計ありとは夢にも知らず、一間に入つて安臥しゐたりしに、夜半ひそかに室の押戸を押開きて入りきたる怪しき影がある。何心なく打ちながめてゐると、その影は正しく言霊姫であつた。しばらく熟睡をよそほひ姫神の様子をうかがつてゐた。姫神は命の枕辺に端坐し、小声にて何事か耳語しつつ寝姿を三拝して直ちにその室を立ち出でた。言霊別命はこれを怪しみて直ちに起きあがり、姫神の後を差し足抜き足しつつ追ふていつた。姫神は天の真名井の岸に立ち、天地を拝して合掌し神言を奏上しをはりて今や投身せむとす。命は驚いて背後より不意にこれを抱きとめ、仔細を尋ぬれば、数子姫の落したる艶書の次第を物語り、かつ泣いていふ。
『折角の声望を回復したまへる夫神にして、かかる汚き御心ましますはかならず天魔の魅入りしならむ。妾は死をもつて夫神に代り、天地の神明に夫の罪科を謝し、かつ夫神をして悔改め本心に立ちかへらしめ奉らむと、女心の一心に胸せまりてかかる行動に出でしなり』
との陳弁であつた。命の驚きはあたかも寝耳に水のごとく、呆気にとられて何の言葉も出なかつた。時しも城内は言霊姫の影を失ひしに驚き、上を下へと動揺めきわたつた。神国別命は姫神を尋ねむとしてここに現はれ、二神の姿を見てやや安堵し、二神をなだめて殿内に帰つた。
 稚桜姫命は言霊別命の非行を質問したまふた。諸神司はただ驚くばかりである。この時思慮深き神国別命は安川彦をひそかに招き、肩をたたき敬意を表して、
『貴下の謀計は巧妙至極にして、吾らは実に舌を巻くに堪へたり。吾も貴下と同腹なり。いかにもして言霊別命を失墜せしめむと日夜苦慮せしが、もとより愚鈍の吾、かかる神策鬼謀は夢にも思ひよらず。吾は今日より貴下を総裁と仰ぎ、貴下の部下となつて仕へ奉らむ』
と言葉たくみに述べたてた。安川彦は持ち上げられて心おごり、鼻高々と吾の腕前はかくの如しといはむばかりの面色にて、
『実は数子姫は吾の間者なり。決して言霊別命に非行あるに非ず。数子姫をしてわざと艶書を認め、殿内に遺失せしめたるなり。しかしながら吾は貴下を信じて秘密を打明けたれば、貴下もまた吾を信じて口外したまふ勿れ』
と、かたく口止めた。神国別命は直ちに色を変じ、安川彦の両手を捻ぢ後へまはして縛りあげ、稚桜姫命の御前に引き連れ、彼が自白のことを逐一進言した。
 ここに言霊別命に対する疑ひは全く晴れた。神国別命は諸神司を集めて、安川彦、数子姫の罪状を審議し、つひに退去を命じたのである。安川彦は退はれて直ちに鬼城山にある国照姫の城塞に使はるることとなつた。
(大正一〇・一〇・三一 旧一〇・一 桜井重雄録)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
【霊界物語誕生百周年】
大正10年(1921年)10月18日に王仁三郎が霊界物語の著述を開始してから
令和3年(2021年)10月18日で百年目を迎えます。
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2020 Iizuka Hiroaki