王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第2巻 霊主体従 丑の巻
文献名2第4篇 常世の国
文献名3第21章 常世の国へ〔71〕
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじ稚桜姫命はやはり、親子の情に流されて、常世姫の言うことを信じる気があった。また、安川彦の陰謀は破れたとは言え、常世姫が背後で操っていたことは明らかにはならなかった。
あるとき常世姫は、言霊別命を常世の国に遣わして、悪心を改めさせてはどうか、と稚桜姫命に提案した。稚桜姫命は喜んで承諾したが、常世姫は言霊別命を害しようと企んでいたのであった。
言霊別命は元照彦の調査によって、常世姫の計画を察知していたが、稚桜姫命の命によってやむを得ず、常世の国に遣わされることになった。そこで、言霊姫、元照彦とはかって危難を避けるべく、種々の秘策を立てた。
出発にのぞんで言霊別命の母神は、さまざまな領巾を授けてくれた。
常世の国の使節には、言霊別命の他に、小島別や竜世姫が加わっていた。竜世姫は稚桜姫命の娘神である。
ロッキー山脈のふもとの常世の都に至る分かれ道で、突然竜世姫は急病を発して苦しみ始めたが、これは竜世姫の策で、偽病であった。他の神々が竜世姫の看病に気を取られるすきに、言霊別命は左の分かれ道に進んで行った。
主な人物 舞台 口述日1921(大正10)年11月01日(旧10月02日) 口述場所 筆録者外山豊二 校正日 校正場所
OBC rm0221
本文の文字数1523
本文のヒット件数全 0 件/=0
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  稚桜姫命は、一度は常世姫を常世の国に追ひ帰したまうた。されど親子の情として、幾分か常世姫を愛護さるる気味があつた。
 常世姫はロッキー山麓に都を開き漸次勢力を増し、その威望は諸方に拡充されたのである。常世姫は一方に威力を示しつつ、一方には稚桜姫命の信任を回復せむとし、善言美辞を連ねて命を慰め奉り、かつ一方には言霊別命夫妻の心理行動につき、種々の虚偽的材料を集めて密使をたて、しばしば報告した。命はふたたび常世姫の言に耳を傾け、つひにはその報告を信ぜらるるにいたつた。
 時しも竜宮城内における数子姫の艶書の件につき、一時言霊別命を疑ひたまひしが、神国別命の智略によりて、安川彦らの陰謀露見し、少しく疑団を晴らしたまうた。されど内心疑ふかく、半信半疑の眼をもつて、言霊別命の行動を注意されつつあつた。
 また安川彦の陰謀は常世姫の使嗾に出で、小島別らの謀議に加はりしを少しも覚られなかつた。
 やや年をへて常世姫の公然の使者は、竜宮城に参向し、恭しく信書を奉つた。その文意は、
『常世姫の神政おほいに開け、ここに神殿を造り、天地の神霊を奉斎せむとす。実に恐れ多き願なれども、稚桜姫命諸神司とともに出場されたし。万一御承認なくば已むをえず、言霊別命を代理として出場せしめたまへ。言霊別命の悪心を改めしめ、真心より命に奉仕せしむべく種々の神策をもつてし、まことに命の輔佐神たるの実を挙げさせしめむ。すなはち言霊別命の出場は、一挙両得の所為たるべし』
と理をつくして認められてあつた。
 稚桜姫命はこれを見て大いに喜び、常世姫は最早改心の実を挙げたれば憂ふるに足らず、ただ心にかかるは言霊別命の心理行動なり。如かず、これを遣はして、常世姫により改心せしめむと、ここに言霊別命を招き、その旨を伝へたまうた。
 言霊別命は常世姫の奸計ならずやと思案にくれてゐた。折しも元照彦、常世の国の実情を探知し、帰りきたりて常世姫の謀計に出でたるなれば、ゆめゆめ油断あるべからず、とひそかに忠告した。
 茲に言霊別命は病と称して出場を謝絶せむとした。稚桜姫命は顔色を変じ言葉を荒らげ
『千載一遇の神界の慶事にたいし、病に託し出場を拒むは、吾が命に背くものにして必ず深き企みあらむ』
と憤懣された。
 ここに言霊姫は止むをえず竜世姫、元照彦とはかり種々の秘策を案じ、命の危難を救はむとし、その神策を命にすすめられた。
 元照彦はひそかに竜宮城を立出で、天の八衢に隠れ種々の計画を立ててゐた。言霊別命は厳命否みがたく、ここに意を決して常世の国に出発さるることとなつた。一行は小島別、松代姫、竜世姫、竹島彦らの諸神司であつた。命の出発に臨み母神の国世姫は、種々物の領巾を取り出して、言霊別命に与へ、
『この領巾は吾家の宝なり。今これを汝に授く、この領巾をわれと思ひ、深く懐中に秘して行け』
との言葉を残し、涙とともに別れたまうたのである。一行は目無堅間の船に乗りて常世の国へ安着した。ここにロッキー山麓の常世の都にいたるべき左右に岐れたる二筋の大道が開かれてある。その岐路の少しく手前に差しかかるや、竜世姫は忽ち急病を発し、路上に転倒し苦しみ悶える。
 竜世姫は稚桜姫命の最愛の娘神なれば、小島別以下の神司はおほいに驚き、周章狼狽きて看護に余念なく手をつくした。これは竜世姫の巧妙なる神策にして、その実は偽病であつた。言霊別命はこの場の光景に眼もくれず、ただ一柱足を速めてその岐路に進み、左方の道をとつて驀地に走り進んだ。
(大正一〇・一一・一 旧一〇・二 外山豊二録)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2020 Iizuka Hiroaki