王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第2巻 霊主体従 丑の巻
文献名2第6篇 神霊の祭祀よみ(新仮名遣い)しんれいのさいし
文献名3第41章 十六社の祭典〔91〕よみ(新仮名遣い)じゅうろくしゃのさいてん
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日2019-11-14 17:44:06
あらすじシオン山では敵の計略を神明と大八洲彦命の明察によって免れた神恩を感謝するため、盛大な祭典を催すことになった。敵でなければ誰でも、参拝を許すことになった。すると麗しい巡礼の女性たちが山を登ってきた。巡礼たちは宮比彦の請いを入れて、神饌神酒を奉り、神楽を奏した。しかし直会になって酒を飲んだ将卒たちは、手足痺れ七転八倒し始めた。すると十六社の宮が鳴動し、中から数多の金鵄が現れて、宴席の上を飛び回った。これによって将卒たちは全員たちまち元気回復した。乙女の巡礼たちと見えたのは魔神の化身であり、老狐や毒蛇となって四方に逃げ散った。これは国照姫らの姦策であった。以降、戦場には酒と女性は入れないことになった。
主な人物 舞台 口述日1921(大正10)年11月06日(旧10月07日) 口述場所 筆録者桜井重雄 校正日 校正場所 初版発行日1922(大正11)年1月27日 愛善世界社版209頁 八幡書店版第1輯 233頁 修補版 校定版213頁 普及版99頁 初版 ページ備考
OBC rm0241
本文の文字数1293
本文のヒット件数全 1 件/大八洲彦命=1
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  シオン山は難攻不落の堅城鉄壁にして、如何なる鬼神といへども、これを攻略するは容易の業に非ず。ここに西方の陣を固むる敵将国照姫は鬼雲彦、清熊らと謀り、謀計をもつてこの目的を達せむと画策した。
 しかるにシオン山の本営にては、神明の霊威と、天使大八洲彦命の明察とにより、探女の真相を探知し、危きを免れたる神恩を感謝し、かつ味方の無事を祝福するため、盛大なる祭典が執行された。神軍の過半は祭典に列し、をはつて各もとの守備につき、また半分の余る神軍は交代して、山上の祭典に列する仕組であつた。
 十六社の宮にはおのおの八塩折の酒を大なる甕に充して供進された。敵の軍臣に非ざるものは何神といへども、その当日のみは参拝を許さるることとなつた。
 ここに数多の女性あり、順礼の姿に身を装ひ麗しき顔したる美姫神続々として山上へ登り、この祭典に列し、かつ神威の無限なるを口をきはめて讃美しつつあつた。時しも十六社の祭典は一時に行はれ、神饌神酒を捧ぐるものは若き女性ならざるべからず。しかるに今は戦場のことなれば女性の影もなく、男臣の武者ぶり勇ましけれど、いづれの男臣も何となくあきたらぬ思ひに沈みつつありし時なれば、麗しきあまたの女性の数奇を凝らして参上り来れる姿を見て、大いに喜び、身心をとろかし、中には眉や目尻を下る軍神さへあらはれた。いづれ劣らぬ花紅葉、色香争ふその態に、並ゐる神将神卒も見惚れつつ、戦ひの庭にあることをも打ち忘れてゐた。
 宮比彦はその美しきもつとも年若き女性に向ひ、
『今は戦場のこととて神に仕ふる乙女の一柱だもなし。願はくは汝ら神に至誠奉仕の信仰あらば、直ちに立つて神饌神酒を供せよ。また技芸あるものは立つて神楽を奏し奉れ』
と呼ばはつた。天女に等しき乙女らは一斉に立つて神饌神酒を供し奉り、かつ神楽を奏して神慮を慰め奉つた。祭典の式も無事終了し、諸神司は神卒に至るまで直会の宴に坐し、神饌神酒を拝戴することとなつた。数多の乙女は酒杯の間に往来して盛に取りもつた。酒はおひおひまはつてきた。忽ち呂律の廻らぬ者、眼を剥く者、耳の聞えぬ者、頭の痛む者、手足の痺れる者、吐く者、下痢す者、腹を痛め胸を苦しめ七転八倒黒血を吐く者もできてきた。そこにもここにも石ころのやうに転びまはつて、不思議な手つきをなし虚空を掴んで倒れむとする者も現はれてきた。
 たちまち十六社の神殿鳴動し、各宮々の扉は自然に開かれ、中より数多の金鵄現はれて宴席の上を縦横無尽に飛び舞うた。今まで苦しみつつありし一同は残らず元気恢復して一柱の怪我あやまちもなかつた。今まで花顔柳腰の乙女と見えしは魔神の変化にて、見るみる面相すさまじき悪鬼と化し、あるひは老狐と変じ、毒蛇となつて、四方に逃げ散つた。これは国照姫以下の神軍剿滅の残虐なる奸策であつた。
 ここにシオン山の全軍は、神助により全部その危難を救はれ、以後戦場に酒と女性を入れぬこととなつた。
(大正一〇・一一・六 旧一〇・七 桜井重雄録)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
【霊界物語誕生百周年】
大正10年(1921年)10月18日に王仁三郎が霊界物語の著述を開始してから
令和3年(2021年)10月18日で百年目を迎えます。
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2020 Iizuka Hiroaki