王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第2巻 霊主体従 丑の巻
文献名2第6篇 神霊の祭祀よみ(新仮名遣い)しんれいのさいし
文献名3第43章 濡衣〔93〕よみ(新仮名遣い)ぬれぎぬ
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじシオン山は大八洲彦命の戦略によって守られていた。常世姫はシオン山を包囲する魔軍に、決して退却せずに、シオン山に大八洲彦命を釘付けにせよ、と命令した。そして自分たちは芙蓉山、ローマ、モスコー、竜宮城を攻撃しようとした。竜宮城はこれを察知し、ローマとモスコーへは神国別命と元照彦を、芙蓉山は真鉄彦を派遣し、竜宮城は言霊別命と花森彦を防備に当たらせた。常世姫の夫・八王大神常世彦はローマ、モスコー、芙蓉山を攻撃し、常世姫は魔我彦・魔我姫とともに竜宮城に入り、内部から崩壊させようと企んでいた。常世姫は、容色端麗な唐子姫を使って花森彦を誘惑させた。花森彦は唐子姫と逐電してしまったため、花森彦の妻・桜木姫は悲嘆のあまり発狂してしまった。常世姫はこれを利用し、桜木姫と言霊別命の不倫をでっち上げた。稚桜姫命は常世姫のでっちあげを信じてしまい、言霊別命を追放した。そして、夫の天稚彦に花森彦を迎えにやらせた。花森彦は竜宮城の使いにたちまち目が覚め、竜宮城に帰還することになった。しかし今度は、使いに来たはずの天稚彦が唐子姫の容色に迷い、逐電してしまったのである。
主な人物 舞台 口述日1921(大正10)年11月08日(旧10月09日) 口述場所 筆録者外山豊二 校正日 校正場所 初版発行日1922(大正11)年1月27日 愛善世界社版216頁 八幡書店版第1輯 236頁 修補版 校定版220頁 普及版102頁 初版 ページ備考
OBC rm0243
本文の文字数2256
本文のヒット件数全 2 件/大八洲彦命=2
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  シオン山はかくのごとく大八洲彦命の機略縦横の戦略によつて、容易に抜くこと能はず、かつ三方の神将はますます勇気を増しきたり、魔軍はもはや退却するのやむなき苦境に陥つた。
 このとき常世姫より密使が来た。
『汝らはいかに苦境に陥るとも断じて一歩も退却すべからず。持久戦をもつて大八洲彦命以下の諸神将を、シオン山に封鎖せよ。われは竜宮城をはじめ、芙蓉山、モスコー、ローマ、竜宮島をこの機に乗じて占領せむ』
とのことであつた。
 美山彦、国照姫、武熊別はこの命を奉じて、あくまでも退却せざることになつた。ここに竜宮城の諸神将は、芙蓉山およびローマ、モスコーの魔軍の攻撃にあひ、苦戦の情況を察知し、神国別命、元照彦をして、ローマ、モスコーへ向はしめ、真鉄彦をして芙蓉山に向はしめた。竜宮城には言霊別命、花森彦、主将としてこれを守ることとなつた。言霊別命は内部の統制にあたり、花森彦は敵軍の襲来に備へた。
 常世姫の夫神八王大神常世彦は、三軍の将として芙蓉山を始めローマ、モスコーの攻撃に全力を注ぎ、常世姫は魔我彦、魔我姫とともに再び竜宮城に入り、稚桜姫命に深く取入り、表面猫を被つて柔順に仕へてゐた。しかして言霊別命、花森彦を失墜せしめ、みづから城内の主権を握らむと考へてゐた。
 常世姫は常世の国より来れる容色艶麗並びなき唐子姫を城中に入れ、言霊別命、花森彦に近く奉仕せしめた。唐子姫の涼しき眼は、つひに花森彦を魅するにいたつた。花森彦は唐子姫に精神を奪はれ、大切なる神務を忘却し、夜ひそかに手を携へて壇山に隠れ、ここに仮夫婦として生活をつづけた。
 言霊別命は力とたのむ花森彦を失ひ、ほとんど為すところを知らなかつた。花森彦の妻桜木姫はおほいに驚き、かつ怒り、かつ怨み、涕泣煩悶の結果つひに発狂するにいたつた。言霊別命以下の神将は大いにこれを憂ひ、いかにもして花森彦の行衛を探り、ふたたび城内に還らしめ桜木姫に面会せしめなば、たちまち全快せむと協議の結果、神卒を諸方に派遣し、その行方を探らしめた。城内はおひおひ神卒の数を減じ、漸次守備は手薄になつた。
 桜木姫はますます暴狂ふのである。言霊別命は今や稚桜姫命の前に出で、シナイ山の戦況を奏上する時しも、桜木姫は走り来つて言霊別命を抱き、
『恋しき吾が夫ここにゐますか』
と、かつ泣き、かつ笑ひ、無理に手も脱けむばかりにして、自分の居間に帰らむとする。常世姫は心中謀計の図にあたれるをよろこび威丈高になつて、『言霊別命』と言葉に角を立てて呼びとめ、
『汝は常に行状悪く内外ともにその風評を聞かぬものはなし。しかるに天罰は眼のあたり、いま稚桜姫命の御前にて醜態を暴露したり。桜木姫の発狂せしは貴神司が原動力なり。これを探知したる花森彦は温順の性なれば、過去の因縁と断念してすこしも色に表はさず、桜木姫を汝に与へ、みづからは唐子姫とともにこの場を遁れたるなり。花森彦は決して女性の情に絆されて、大事を誤るがごとき神司に非ず。しかるに危急存亡の場合、命をしてかかる行動に出でしめたるは、全く汝が罪のいたすところ、これにてもなほ弁解の辞あるや』
と、理を非にまげ、誣言をもつて稚桜姫命の心を動かさむとした。言霊別命は居なほつて常世姫にむかひ、
『こは奇怪なることを承はるものかな。貴神司は何の証拠あつて、かくのごとき暴言を吐きたまふや』
と言はせもはてず、常世姫は眼を怒らし、口を尖らし、少しく空を仰いで、フフンと鼻で息をなし、
『証拠は貴神司の心に問へ』
と睨めつけた。
 桜木姫は言霊別命を花森彦と誤解し、狂気の身ながらも常世姫にむかつて飛びつき、
『汝は何故なれば最愛の吾夫にたいし、暴言を吐くか。われは夫に代り、目に物見せてくれむ』
と、いふより早く髻に手をかけ、力かぎりに引ずりまはした。常世姫は声を上げて救けを叫んだ。城内の神司はこの声に驚いて諸方より駈けつけた。
 言霊別命の濡衣は容易に晴れず、稚桜姫命の厳命により、竜宮城を追放さるることとなつたのである。ここに稚桜姫命は常世姫の誣言を信じ、言霊別命を追放し、花森彦を壇山より召還し、城内の主将たらしめむとしたまうた。ここに天稚彦は協議の結果壇山にむかひ、花森彦を招き帰らしめむと出発せしめられた。天稚彦は容色美はしき男性にして、稚桜姫命を助けてゐた。
 天稚彦は天の磐船に乗つて壇山にむかひ、花森彦に稚桜姫命の命を伝へ、かつ唐子姫との手を断り、一時も早く帰還せむことを伝へた。
 花森彦はおほいに悦び、ただちに迷夢を醒まし、天の磐船に乗つて竜宮城に帰還し、稚桜姫命の帷幄に参ずることとなつた。
 城内は常世姫、花森彦の二神司が牛耳を執つてゐた。実に竜宮城は常世姫の奸策によつて、何時破壊さるるか分らぬ状態であつた。
 天稚彦は唐子姫の姿を見るより、にはかに精神恍惚として挙措動作度を失ひ、つひに手に手をとつて山奥深く隠遁し、竜宮城へは帰つてこなかつた。
 稚桜姫命といふ美はしき妻神があり、また八柱の御子のあるにもかかはらず、唐子姫に心魂を蕩かしたるは、返す返すも残念な次第である。
(大正一〇・一一・八 旧一〇・九 外山豊二録)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
【霊界物語誕生百周年】
大正10年(1921年)10月18日に王仁三郎が霊界物語の著述を開始してから
令和3年(2021年)10月18日で百年目を迎えます。
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2020 Iizuka Hiroaki