王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第3巻 霊主体従 寅の巻
文献名2第3篇 ロツキー山よみ(新仮名遣い)ろっきーざん
文献名3第6章 籠の鳥〔106〕よみ(新仮名遣い)かごのとり
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじロッキー山に姿を現した国直姫命は、ロッキー山に新しい地の高天原を再建し、国治立命を迎え奉るのだ、と宣旨した。ロッキー山の諸神卒は、これはまことの国直姫命であると信じてしまっていた。そこへ地の高天原から言霊別命がやってきた。言霊別命は衆神の面前で、ロッキー山の国直姫命を詰問するが、逆に捕らえられて牢獄につながれてしまった。国直姫命はまた、国治立命と称する神を迎え入れた。城内の神々は、ますますこれを信用した。そこへまた、貴治彦と靖国別が地の高天原の視察から戻ってきた。そして、ロッキー山の国直姫命を詰問すると、逆に国治立命と称する神が現れて、二人にロッキー山からの退去を命じた。貴治彦はモスコーに逃れ、また靖国別夫婦はいずことも知れず、行方不明になってしまった。
主な人物 舞台 口述日1921(大正10)年11月14日(旧10月15日) 口述場所 筆録者河津雄 校正日 校正場所 初版発行日1922(大正11)年3月3日 愛善世界社版35頁 八幡書店版第1輯 272頁 修補版 校定版37頁 普及版14頁 初版 ページ備考
OBC rm0306
本文の文字数3206
本文のヒット件数全 19 件/国直姫命=19
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  国直姫命は靖国姫とともにロツキー山の諸神将卒を集め、高天原の惨状を物語り、かつ、……我は天の御三体の大神の命を奉じ、ロツキー山に地の高天原を建設し、国治立命を迎へたてまつり、天地の律法を厳守し、もつて至善至美なるミロクの神政を布かむとす。汝ら諸神将卒心を合せ我が命を奉じ、力を一にして、もつて神政成就のために努力せよ……と宣示したり。
 諸神将卒は一点の疑ひもなく、この宣示を遵守し、ますます結束を固くし、各城門には勇猛なる神将を配置し、固くこれを守らしめたり。このとき東天をとどろかし、天の磐船に乗りてきたる神あり、靖国別に面談せむと、眉目清秀威厳犯すべからざる言霊別命がこの場に現はれたまひける。東門の神将玉国別は、この旨を国直姫命に奏上しければ、命はただちに大広間に諸神将を集め、列座せる中央に言霊別命を招き、その来意を尋ねける。
 ここに言霊別命は、
『貴治彦の使者国彦の進言により、高天原の混乱状態に陥り、国直姫命は身をもつて免れ、大八洲彦命は昇天し、国治立命は行衛不明となりたまひたりとの密使ロツキー山に来れりと聞き、不審にたへず、事の実否を調査せむために、我は大八洲彦命の使神として出向せり。今日の地の高天原はきはめて平穏無事なり。したがつて国治立命をはじめ、国直姫命、大八洲彦命はすこぶる健全にして神務に鞅掌せられ、天地の律法は完全に行はれつつあり。しかるに何者の奸策にや、当城にむけ虚偽の密告をなし当山を攪乱せむとはする、貴下は何者なるぞ』
国直姫命にむかつて詰問せり。このとき国直姫命は容色をあらため威儀を正し、
『汝言霊別命と自称するも我はこれを信ぜず。現に国直姫命は我なるぞ。しかるに国直姫命高天原にあり、大八洲彦命も健全に神務に従事せりとは虚偽もまた甚だしからずや、汝は「詐るなかれ」といふ天地の律法を破りたる邪神なり、国直姫命あに二柱あらむや』
と色をなして言ひ放ちけるにぞ、ここに諸神将は、……我らをいつはる不届至極の邪神、贋言霊別命を厳罰に処せむ……と、いふより早く目と目を見合せ、ただちに立つて命を後手に縛りあげ、口に猿轡をはませ、神卒をして泥深き堀の中に投棄し、凱歌を奏しふたたび国直姫命の御前に出で鼻高々とこの顛末を奏上したり。国直姫命は賞詞を賜はるかと思ひきや、……汝らは『殺すなかれ』との天則に違反せり。すみやかに根の国に退去を命ず……と厳かに言ひわたしければ、案に相違の神司らは梟の夜食に外れたるごとき不平面にて、神将に引立てられ牢獄に投げ込まれける。一方言霊別命は辛うじて泥中より這ひ上りしところを番卒に見つけられ、高手小手に縛められて牢獄に投げこまれ、無限の苦痛をなめたまひける。
 折しもどこともなく微妙の音楽聞え、紺碧の蒼空より五色の雲に乗り、あまたの神将をしたがへ十曜の神旗を幾十ともなく押したてて、ロツキー山にむかつて下りきたる、栄光と権威の具はれる大神現はれましぬ。国直姫命は恭敬礼拝拍手してこれを迎へ、……国治立命様御苦労に存じ奉る……と大声に奏上したれば、あまたの神司は命の声を聞くと斉しく恭敬礼拝低頭平身、礼の限りをつくして奉迎し、歓喜の涙にくれにける。
 ここに国直姫命は国治立命を奥殿に案内し奉り、かつ諸神司を集めて地の高天原を天の大神の命により、ロツキー山に遷されしことを宣示しける。諸神将卒は欣喜雀躍手の舞ひ足の踏むところを知らざりし。時しも天の鳥船に乗りて、地の高天原より八王神なる貴治彦、八頭神なる靖国別帰りきたり、東門に降下し、番卒にむかつて開門を命じたり。番卒はおほいに驚き、唯々として門を開き二神将を通したり。二神将はただちに奥殿に気色をかへて進み入り、靖国姫を一間に招き、高天原の実況を物語り、かつ、当山に逃げきたりしといふ国治立命は、その実常世姫の部下の邪神なりと語れば、靖国姫はおほいに驚き、かつ、その真偽に迷はざるを得ざりける。
 ここに貴治彦、靖国別は城内の諸神司を集め、地の高天原の実況を伝達せむとし城内一般に令を発したるに、偽国直姫命は陰謀の露見せむことを恐れ、みづからも諸神将に令を発し、大広前に集まらしめける。諸神将卒は一柱として国直姫命を偽神と信ずる者なく、かつ偽の国治立命を一層深く信頼しゐたりける。このとき貴治彦、靖国別は正座になほり、偽の国直姫にむかつて、貴治彦は、
『汝はいづれより来りし邪神なるか、有体に白状せよ。返答次第によりては容赦はならじ』
と双方より詰めかけけるを、国直姫命はカラカラとうち笑ひ、
『汝は主神にむかつて無礼の雑言、「長上を敬へ」との律法を破る反逆者ならずや。また汝は地の高天原にいたりてその惨状を見きはめ帰りしにもかかはらず、吾にむかつて何れの邪神ぞと口をきはめて罵るは、これはまた律法違反に非ずや。我はただちに奥殿に入り、国治立命に汝が無礼の次第を逐一奏上し奉らむ、しばらく控へよ』
と、足音荒く奥殿に急ぎ進入したりしが、城内の諸神将はこの光景を見てやや不審の雲に包まれゐたり。貴治彦、靖国別は怒心頭に達し、二神司は共に刀の柄に手をかけ、国直姫命を一刀の下に切り付けむと決心したりしが、たちまち天地の律法を思ひ出し……「怒る勿れ、殺す勿れ」いま我短慮を起しなばみづから天則を破る者なり、ああ如何にせむ……と思案にくるるをりしも、奥殿より国治立命あまたの侍神を従へ、悠然と立ち現はれ、
『国治立命これに在り、汝何ゆゑなれば天地の大命を拝持する国直姫命にむかつて暴言を吐くや、汝は天地の律法を破壊する邪神なり、一時も早くこの場を立去れ。万一吾が言に違背せば、やむを得ず汝ら二人を、根の国に退去を命ず』
と、言辞おごそかに伝へければ、城内の諸神将卒はいづれも真正の国治立命と信じ、この二人を天則違反者となして、ロツキー山を退去せしめたりける。ここに貴治彦はモスコーに逃れ、蟄居して時期を待つこととなりぬ。また靖国別夫婦は何処ともなく落ちのび、行衛不明となれり。
附言 この国治立命といふは六面八臂の邪鬼の変化にして、国直姫命は常世姫の部下醜玉姫なり。かくしてロツキー山は悪魔の手におちいり、諸神将卒は、その邪神たることを覚る者なく、ここに偽高天原はある時期まで、建設されゐたりしなり。
(大正一〇・一一・一四 旧一〇・一五 河津雄録)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2020 Iizuka Hiroaki