王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第3巻 霊主体従 寅の巻
文献名2第9篇 隠神の活動よみ(新仮名遣い)いんしんのかつどう
文献名3第37章 天女の舞曲〔137〕よみ(新仮名遣い)てんにょのぶきょく
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ土熊別?(牛熊別) データ凡例 データ最終更新日2018-05-20 15:36:57
あらすじ
主な人物 舞台 口述日1921(大正10)年12月07日(旧11月09日) 口述場所 筆録者近藤貞二 校正日 校正場所 初版発行日1922(大正11)年3月3日 愛善世界社版219頁 八幡書店版第1輯 338頁 修補版 校定版223頁 普及版98頁 初版 ページ備考
OBC rm0337
本文のヒット件数全 0 件
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  八咫の大広間の大酒宴の中に立ちて、旭姫は長袖いとしとやかに舞ひつ踊りつ、口づから歌ひはじめたり。その歌、
『朝日は豊栄昇りまし  神の光もいやちこに
 清照彦のうしはげる  世は永遠に長高の
 山の草木もかぐはしく  花は咲けども百鳥の
 声は長閑に謳へども  月に叢雲花に風
 常世の国より吹きおくる  冷たき嵐にさそはれて
 山のふもとや谷底の  木草は倒れ花は散り
 神人一度に泣き叫ぶ  その声今に長高の
 山の尾の上を轟かし  常世の暗の世とならむ
 心きよてる彦の神  その身の側に気をつけて
 角の生えたる牛熊や  鬼丸等がたはむれを
 真寸美の鏡に照し見よ  あらしはやがて吹き荒み
 炎は今に燃え上がる  清照彦よ気をつけよ
 常世の暗となるなれば  長高山も末世姫
 末世澆季の世をてらす  国直姫の御使
 旭の明神これにあり  太刀抜き振ふは今の内
 角折りこらすはこの砌  大道別や八島姫
 後にひかへ奉る  いそげよいそげいざ急げ
 一時の猶予は千歳の  悔いを残さむささ早く』
 清照彦は旭姫の諷歌を聞くや、侍臣に命じてその場に牛熊別を縛せしめむとせしに、さすがの牛熊別も大酒をすごせしため身体自由ならず、やすやすと部下の神司のために前後左右より取り囲まれ縛につきぬ。このとき山下に聞ゆる鬨の声。清照彦は突つ立ち上り、
『反逆者の襲来ならむ。神将らは武装を整へ防戦にむかへ』
と下知すれども、酒に酔ひつぶれて正体なく、ただただ寝耳に水の恐怖心にかられ、右往左往に城内を奔りまはるのみ。一人として戦場にむかふ勇者は無かりけり。
 時しも鬼丸は、陣頭に立ちあまたの魔軍を引率し、城内に侵入しきたり、
『鬼丸これにあり、清照彦命に見参せむ。吾こそは常世国の重臣にして、鬼丸とは世を忍ぶ仮の名、実は八王大神の密偵、鷹虎別なるぞ。長高山を占領せむと身をやつし牛熊別としめし合せ、本城を根底より覆へさむとの吾が計略、天運ここに循環して、日ごろの大望成就の暁はきたれり。もはや叶はぬ清照彦は、本城を開けわたし、常世の国に従ふか、ただしはこの場で切腹あるか。返答いかに』
と阿修羅王の荒れたるごとく、奥殿目がけて攻めきたるを、清照彦、末世姫は、強弓に矢を番へ、立ち出でて鷹虎別にむかひ、一矢を発たむとする時しも、いかがはしけん、弓弦はプツリと断ち切れて双方とも用をなさず、進退きはまり夫婦は最早切腹の余儀なきをりしも、旭姫は牛熊別を縛のまま、その前に曳出しきたり、短刀を牛熊別の胸に擬し、鬼丸にむかひ、
『汝吾が主にむかつて危害を加へむとせば、妾はいま汝の主を刺殺さむ』
と睨めつけたるにぞ、鷹虎別は仁王立ちとなりしまま歯がみをなし、手を下すによしなく溜息つくをりしも、表の方よりにはかに聞ゆる数多の足音。鬼丸はふと後を振返る一刹那、旭姫は短刀の鞘を払ふより早く、鬼丸の胸につき立てしが、鬼丸はアツと一声、その場に倒れこときれにけり。
 山麓に押しよせたる鬼丸の部下をさんざんに打ち悩ませ、敵を四方に散乱せしめ勝に乗じて山上に登り、城内の危急を救はむとして入り来れる大道別の雄姿は、今この場に現はれ、鐘のごとき大声を放ちて、神助の次第を報知したりける。
 旭姫はおほいに悦び、奥に進み入りて清照彦、末世姫に戦捷の次第を物語り、かつ大道別の功績を逐一物語りたり。清照彦はただちに大道別を引見し、その勲功を感謝し、ただちにわが地位を捨てて大道別、八島姫に譲り、かつ、
『吾ら夫妻は、貴下の従臣として永く奉仕せむ』
と赤心を面に表はして、しきりに慫慂したりける。
 案に相違の大道別は、大いに迷惑を感じ、直ちに偽の聾唖を装ひ、痴呆を真似て清照彦の言を馬耳東風と葬り去りぬ。旭姫は口をきはめて道彦の力量のみ徒に強くして、治世の能力なき痴呆者たる事を宣明したれば、清照彦は止むを得ずこれを断念したりけり。
 これより清照彦は、領内の正しき神人を下級より選抜し、重任に就かしめたりしより、その後は一回の紛擾もおこらず、長高山はその名のごとく、世は長く栄え神徳は高く四方に輝きわたり、常世の邪神はつひにその影を没したりける。
 大道別は長高山を煙のごとく消え失せ、八島姫もまた何時のまにか、姿を隠したりける。雲のごとく現はれ、霞のごとく消え去りし二人の神変不可測の行動、高倉、旭の二白狐の変現出没の神妙奇蹟は、今後の物語りによつて判明するならむ。
(大正一〇・一二・七 旧一一・九 近藤貞二録)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
オニド関係の更新情報は「オニド関係全サイトの更新情報」を見れば全て分かります!
超訳霊界物語 八人乙女(やたりおとめ)編 ~世界に間配られた16人のスサノオ・ファミリー
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2022 Iizuka Hiroaki