王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第3巻 霊主体従 寅の巻
文献名2第10篇 神政の破壊
文献名3第43章 配所の月〔143〕
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじ世界の八王のほとんどを支配下に置いた八王大神は、竜宮城・エルサレムに対して総攻撃を開始した。
敵軍の勢いはすさまじく、大八洲彦命、神国別命、大足彦、八島別らの奮戦もむなしく、落城の瀬戸際に陥ってしまった。大八洲彦命は国祖の前に畏まり、敵を撃退するために、神器の使用を願い出た。
国祖はあくまで律法によって敵を言向け和すことを命じ、神器の使用を許さなかった。地の高天原の内部は分裂し、美山彦一派が八王大神と内通して敵を招きいれた。
ここに及んで大八洲彦命は国祖の禁を破って、破軍の剣を抜き放った。剣より神光が現れて雷鳴・電光・疾風がすさび、敵軍は壊滅した。
美山彦一派はここぞとばかり、大八洲彦命が国祖の禁を犯したことを訴え出た。国祖も律法を楯にした美山彦らの訴えを退けることができず、やむを得ずに大八洲彦命、言霊別命、神国別命、大足彦らを万寿山に蟄居させることになった。
この四柱は元来、国大立之命の四魂である。国大立之命は、天神から大原の国を治めるように命じられ、その四魂を分かち、神界の守護に当たらせていたのであった。大八洲彦命は和魂、言霊別命は幸魂、大足彦命は荒魂、神国別命は奇魂である。
主な人物 舞台 口述日1921(大正10)年12月08日(旧11月10日) 口述場所 筆録者近藤貞二 校正日 校正場所
OBC rm0343
本文の文字数2565
本文のヒット件数全 2 件/海=2
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  八王大神常世彦は十王、十頭の神司を操縦し、あまたの魔軍とともに数百千の磐船に乗り、天空をかすめて黄金橋の上空を襲ひ、数百千万とも数限りなき火弾を投下し、かつ進ンで竜宮城およびエルサレムの上に進撃しきたり、ここにも多数の火弾毒弾などを、雨霰のごとくに投げつけたり。大八洲彦命、神国別命、大足彦、八島別は城内の神将神卒を指揮しつつ盛ンに防戦に努めける。竜宮城よりも数多の磐樟船を飛ばして大いに敵軍を悩ませたるが、しかも一勝一敗を繰返しつつ戦ひ久しきにわたり、竜宮城の神軍は日夜にその数を減じ、ほとんど孤城落日無援の窮地に陥りにけり。
 大八洲彦命は、もはや如何に神明の加護と神智を揮ひ神算鬼謀の秘術を尽すといへども、到底勝算なきを看破し、百計ここにつきて、つひに国祖の御前に拝跪し、天の真澄の鏡をもつて敵軍を防がむことを奏請したりけるに、国祖はおほいに怒りたまひ、
『汝らは天地の律法をもつて何ゆゑに敵を言向和し悔改めしめざるや、進退これ谷まりたりとて、いやしくも天地の律法を制定され、世界を至善の道をもつて教化すべき天使の職掌を拝しながら、敵の暴力に酬ゆるに暴力をもつて対抗せむとするは、天使長より神聖なる律法を破るものにして、これに過ぎたる罪科は非ざるなり。あくまでも忍耐に忍耐を重ねて、至誠一貫もつて極悪無道の人物を心底より悔改めしめ、天則の犯すべからざるを自覚せしむべし。これ善一筋の誠の教なれば、たとへ如何なる難局に立つとも断じて真澄の玉は使用すべからず。かつ、その玉は稚桜姫命幽界に持ちゆきたる浄玻璃の神鏡となりたれば、これを戦闘のために使用すべきものに非ず。汝らは神の力を信じ、至誠を天地に一貫し、もつて天津神の御照覧にあづかるをもつて主旨とし、暴悪無道の敵軍に暴力をもつて戦ふを止めよ。真の神の心は宇宙万有一切を平等に愛護す。ゆゑに大神の眼よりは一視同仁にして、いたづらに争闘を事とするは神慮に背反するものなり。断じて武力に訴へなどして解決を急ぐなかれ。何事も天命の然らしむるところにして、惟神の摂理なり。ただただ汝らは、天使たるの聖職に省みて広く万物を愛し、敵を憎まず、彼らの為すがままに放任せよ』
との厳命なりける。
 天使長大八洲彦命は、各天使を地の高天原にあつめて神勅を報告し、かつ最高会議は開かれたり。天空には敵の磐船雲霞の如く襲来し、頭上に火弾を雨下し、会議の席上にも火弾飛びきたりて神人を傷つけ、暗雲天地をこめて咫尺を弁ぜざるにいたる。されど国祖の神勅は大地よりも重く、その命は儼乎として動かすべからず。さりとて神命を奉ぜむか、味方の敗亡は火をみるよりも明白なる事実なり。万一神命に背反せむか、天則破壊の罪科を犯さむ。アヽ善の道ほど辛きものはなし、と諸神司は思案にくれ、溜息吐息の態なりける。
 竜宮城内よりは美山彦、国照姫、杵築姫、竜山別らの一派は、平素の目的を達するは今この時と、内外相応じて八王大神の魔軍に応援し、味方は四分五裂の状勢におちいり収拾すべからず、進退いよいよ谷まりたる天使長大八洲彦命以下の天使神将は、やむをえず大神の禁を破つて破軍の剣を抜き放ち、寄せくる空中の敵軍目がけて打ち振るやいなや、剣の尖より不思議の神光あらはれ、天地四方に雷鳴電光おこり、疾風吹き荒び雨の降るがごとく、数百千の磐船は一隻も残らず地上に墜落し、敵軍の大半はほとんど滅亡したりける。
 さしも猛烈なる敵の魔軍も、大八洲彦命以下の神司らの犠牲的英断と破軍の剣の威徳をもつて、もろくも潰滅したりける。敵の逃げ去りたる跡の地の高天原および竜宮城は、あたかも大洪水の引きたる跡のごとく、大火の跡のごとき惨澹たる光景なりき。折しも大風吹きすさび強雨降りそそぎて、すべての汚穢物は惟神的に吹き散らされ、大雨洪水となりて大に流れ去り、ふたたび清浄なる聖地聖城とはなりにける。
 ここに美山彦、国照姫の一派は、国治立命の御前にすすみいでて、
『このたびの大八洲彦命以下の天使神将は、厳格なる大神の神勅を無視し、厳禁を犯して破軍の剣を採り出し、寄せきたる数多の敵軍をさんざんに攻めくるしめ、暴力のあらむ限りをつくし、優勝劣敗弱肉強食の戦法を使用し、広く万物を愛し敵を憎まず、善一筋の誠をもつて言向和さず、かつ「殺す勿れ」の律法を無視したる悪逆無道の罪、断じて宥すべからず。希はくば、かれ天使長以下の職を解き、地の高天原を追放し、厳格なる天地の律法を犯されざるやう、何分の御処置を下されむことを願ひたてまつる』
と頭をそろへ律法を楯に、うやうやしく奏上したりける。
 地上霊界の主権者に坐します国祖の大神も、律法を守り天地の綱紀を保持するの必要上、いかにやむを得ざる情実のためとはいへ、天地の神の定めたる禁を犯したる以上は、これを不問に附することあたはざる破目に陥りたまひ、呑剣断腸の思ひを心中に秘め、涙を隠して断然意を決したまひ、大八洲彦命、言霊別命、神国別命、大足彦の四天使を召して儼然たる態度のもとに、地の高天原と竜宮城を退去すべく宣示し給ひける。この四天使らは、稚桜姫命の到りませる幽庁の神と左遷さるる規定なりけるが、貞操なる真澄姫、言霊姫、竜世姫らの歎願哀訴により、大神はその情をくみ給ひて、その罪を赦し、万寿山の城に蟄居を命ぜられ、四神将はここに配所の月をながめて、いくばくかの星霜を送りたまひける。
 この四神将は元来国大立之命、天神の命を奉じて大原の国を知食すべく、その精霊魂を分ちて神界の守護に当らせたまひしものにして、
  大八洲彦命は和魂であり
  言霊別命は幸魂であり
また、
  大足彦命は荒魂であり
  神国別命は奇魂である。
 アヽ天使長以下三天使の重なる神司の退却されし後の地の高天原および竜宮城の形勢は、いかにして治まり行くならむ乎。
(大正一〇・一二・八 旧一一・一〇 近藤貞二録)
(第三七章~第四三章 昭和一〇・一・一八 宮崎市神田橋旅館 王仁校正)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2020 Iizuka Hiroaki