王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第4巻 霊主体従 卯の巻
文献名2前付
文献名3凡例
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日2017-02-17 10:25:22
あらすじ
主な人物 舞台 口述日1922(大正11)年02月19日(旧01月23日) 口述場所 筆録者編者 校正日 校正場所
OBC rm040002
本文の文字数820
本文のヒット件数全 1 件/海=1
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文 一、本巻は現代の軍制限案討議の華府会議にも匹敵す可き、神代に於ける武備撤廃の常世会議を其の巻頭に掲げ、次に最も悲歎愁傷の念に堪へざる国祖の御隠退及び天文地文学に大立替を促進す可き神示の宇宙観が巻尾に輯録されてあります。元来神示の宇宙は国祖大神を始め奉り、諸正神の御隠退遊ばされし箇所を示さむために口述されたものであります。想へば吾々は木の葉一枚造られぬ身でありますから、洪大無辺の神示に対して云為する資格無きものであります。憖に先入主に執着して居ては雁も鳩も立つた後に後悔し、又耻かしいことがあると思はれますから、素直に神示を肯定する方が上乗であらうと考へます。
一、第一巻より第三巻までに得たるものは、唯執着の二字を心底より取り去らねばならぬと言ふことでありました。然らざれば或は大切な玉即ち日本魂を此の上にも引抜かれることは請合だと思ひます。総ての先入主に執着せずして神に任すといふことが、何より大切だと考へます。誠を以て赤子の心で本巻を味はひ得る人は、国祖大神の御隠退と御仁慈の御心に対し、万斛の涙を注ぐと共に黙つて改心さるることと信じます。
一、本巻第二一章迄と、第二五、二八章及び第四三章より第四五章までは、瑞月聖師自ら執筆されたものであります。
聖師が一度執筆さるるや些の渋滞もなく、淀みもなく、すらすらと書き誌され、しかも一字一句訂正を要せらるることは無いのであります。故に一日に二百頁も原稿を綴らるるので、其の実况を熟視した人々は迚も人間業とは思へぬといふのであります。
一、各章の末尾に筆録者の署名をしてあるのは、其の全文に對して責任を有たねばならぬことに定めてあるのです。兎に角編輯印刷を急ぎますので、種々の点に於て不満に思はれるでありませうが、読者幸に諒せられむことを希望します。
  大正十一年二月十九日 於瑞祥閣 編者識す
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2020 Iizuka Hiroaki