王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第4巻 霊主体従 卯の巻
文献名2第1篇 八洲の川浪よみ(新仮名遣い)やすのかわなみ
文献名3第1章 常世会議〔151〕よみ(新仮名遣い)とこよかいぎ
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日2020-04-29 16:57:46
あらすじ国治立命は何度も聖地の主任の神を変えたが、ことごとく失敗していた。しかし剛直な国治立命は、天地の律法を厳守することを部下に命じ続けた。八王大神・常世彦は世界の八王・八頭を常世城に招集し、聯合を作った。また、大自在天・大国彦とはかって世界神人の国魂会議を開き、国治立命を糾弾しようとした。八王・八頭のうち、八王大神に屈しなかったのは万寿山だけであった。八王大神は万寿山に使者を送って脅迫した。曰く、常世会議に参加しなければ、万寿山を総攻撃する、と。八王である磐楠彦や万寿山に蟄居していた大八洲彦命らは、万寿山が常世会議に代表を出席させることに反対した。一方、八頭の瑞穂別は万寿山安泰のために、参加を主張した。万寿山の八王・磐楠彦は瑞穂別に命じて、神示を請うことにした。結果は参加すべきではない、との厳命であった。瑞穂別は神慮に反する主張をした前非を悔い、万寿山は一致して常世会議への反対を表明し、八王大神に不参加を通告した。
主な人物 舞台 口述日1921(大正10)年12月15日(旧11月17日) 口述場所 筆録者出口瑞月 校正日 校正場所 初版発行日1922(大正11)年3月30日 愛善世界社版9頁 八幡書店版第1輯 375頁 修補版 校定版11頁 普及版5頁 初版 ページ備考
OBC rm0401
本文の文字数2722
本文のヒット件数全 1 件/国直姫命=1
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  太古の神界経綸の神業は、最初稚桜姫命の天則違反によりて瓦解し、つぎに国直姫命の神政となり、これまた姫命の地上を見捨て天上へ帰還されしため、大八洲彦命の神政に移りける。いづれも国治立命の統轄のもとに、神政の経綸に奉仕したまひけり。つぎには天上より高照姫命、地の高天原にくだりて神政経綸の神業に奉仕し、またもや瓦解の運命におちいり、ついで沢田彦命天より降りて国治立命のもとに神政経綸の神業に奉仕し、大破壊を馴致して、またもや地上を捨て天上に還りたまひたるなり。
 国治立命は幾度主任の神を代ふるも失敗に帰し、あたかも蟹の手足をもぎ取られたるごとくに途方に暮れたまひける。されど性来の剛直端正なる国治立命は、天地の律法を厳守して、いかなる難局に会するも毫も屈せず、部下の諸神人にむかつて律法の寸毫も干犯すべからざることを厳格に命じたまひしがために地の高天原の主任者は、しばしば更迭したりける。
 常世の国の八王大神は機逸すべからずとして、世界各山各地の八王八頭を常世城に召集し謀議を凝らさむと、天の鳥舟を四方に馳せ神の正邪の論なく、智愚に関せず一所に集めて、八王八頭の聯合を図りたり。また一方には自在天大国彦と内々協議を遂げおき、世界神人の国魂会議を開かむとせり。
 すなはち八王大神側よりは美山彦、国照姫、魔我彦、魔我姫、清熊、竜山別、蠑螈別、八十枉彦、朝触、夕触、日触、山嵐、広若、舟木姫、田糸姫、鬼若、猿姫、広依別らの諸神人の出席することとなりにける。
 大自在天大国彦側よりは、大鷹彦、中依別、牛雲別、蚊取別、蟹雲別、藤高別、鷹取別、遠山別、醜国別、倉波、蚊々虎、荒虎別、国弘別、出雲別、高彦らの神人、堂々として出席したり。
 また十二の八王八頭の神司は、万寿山の磐樟彦、瑞穂別を除くほかは、全部出席することとなりけり。しかるに常世の国の八王大神より、ぜひ出席すべく数多の鳥舟を率ゐ、蠑螈別をして万寿山に急使を遣はしていふ、
『神界統一のため、平和のための会議に出席なき時は、一大団結力をもつて貴下を神界現界一般の破壊者とみなし、これを討伐するのやむを得ざるに至らむ』
と脅喝的信書をもつて来たらしめたりけるに、万寿山城にては大八洲彦命、磐樟彦以下の神人らは俄の会議を開かれにける。
 磐樟彦は強剛なる態度を持していふ、
『たとへ世界の神人らが一束となつて万寿山へ押寄せくるとも、我は霊鷲山の神の力によりて引受け、数百千万の敵軍をただ一息の伊吹に吹払ひ退け、天地律法の精神によりて天下の千妖万魔を言向け和合し、国治立命の神慮に叶ひたてまつれる大神世を樹立せむ。生ける誠の神の神力には、如何なる邪神も、悪魔も敵し得べきものにあらず。今回の常世の会議は常世彦、大国彦が大陰謀の発露なればかかる会議に相交はり、相口合ふは巨石を抱きて海に投ずるよりも危険なれば、当山の神司は一柱といへども出席すべからず』
と主張したりければ、大八洲彦命は第一に八王神磐樟彦の説に賛成の意を表し、断じて出席すべからずと主張したまへり。
 ここに瑞穂別は立ち上り、
『大八洲彦命、磐樟彦の御説示は、実にもつとも千万の次第なれども、時世時節の力には抗すべからず。よろしく時代の趨勢に順応するをもつて、神政経綸の必要事と思ふ。すみやかに当山より何れかの神司を遣はして、今回の大会議に列せしめたまへ。万々一にも出席を望まざる神司数多ありとせば、願はくば我を使者として派遣せしめたまへ。いかに霊鷲山の神人らの威徳は強くとも、国治立命の制定せられし律法の一端に触るることありとも、今回の神集ひに出席せざらむか、世界の神人らに万寿山の神司らは、世界の平和を破壊する邪神司として一斉に攻撃さるるも、答弁の辞なかるべし。今や当山は実に危急存亡の秋なり。吾らは神界現界平和のために強て出席の議を決定されむことを希望の至りに耐へず』
と主張したりければ、神司らはこの場の光景を見ていかになりゆくかと、各自固唾を呑みてひかへゐる。このとき神国別命は立つて、瑞穂別の出席説に大々的反対を唱へける。
 瑞穂別はおほいに怒りて、
『貴下らは天地の律法を破り、国治立命より当山に御預け、否な食客となりし神司なれば、八頭神たる我々の所説に容喙すべき資格なし。退場あれ』
と声を慄はせながら顔色火のごとくなりて怒鳴りつけたり。
 ここに大八洲彦命、神国別命、言霊別命、大足彦は席を蹴つて退場したりけり。
 あとに瑞穂別は肩をいからせ、肱を張り、居丈け高になりて、八王神の磐樟彦に出席の正当なる理由を千言万語理をつくし理義を明して説き迫りけり。城内の諸神司の賛否は相半し、いづれとも決断付かざりにける。磐樟彦は立つて、
『最早この上は神示に従ふのほかに道なし。汝瑞穂別は神殿に拝跪し、自ら神勅を乞ひ、神示によりて出否を決せよ』
と一言を遺して退席したり。ここに瑞穂別は直に月宮殿に参拝し、今回の事件にたいする神示を恭しく奉伺したるに、たちまち瑞穂別の身体は、麻痺して微動だもできずなりぬ。従ひきたれる瑞穂姫は俄然帰神となり、身体上下左右に震動しはじめ、早くも口が切りし憑神はいふ、
『我は国治立命の荒魂、奇魂なり。今回の神集ひは常世彦、大国彦ら一派の周到なる陰謀に出づるものなれば、当山の神司は一柱といへども出席すべからず。今後いかなる難関に逢ふことありとも、よく忍ぶべし。第二の神界経綸の聖場なれば、当城のみは決して敵に蹂躙さるるがごときことなし。真正の力ある神司神人をして、五六七出現の世までは固く守護せしめむ。夢疑ふことなかれ』
と宣言して、姫の体内より出で去りたまひぬ。それと同時に姫の身体はもとに復しける。この神勅と様子を見聞しゐたる瑞穂別は、おほいに前非を悔悟し、心中にて大神に謝罪すると同時に瑞穂別命の身体また旧に復し自由自在となりぬ。固りて直ちに大神に感謝し、荘厳なる報本反始の祭典を挙行し、八王大神および大八洲彦命以下の神司らに陳謝し、万寿山の神人は一柱も出席せざる由を常世の国の使者にむかつて、断乎として宣示したりける。常世の使者、蠑螈別は拍子ぬけしたる顔色にて、一同の神人をさもいやらしき眼にて睨みつけ、
『勝手にされよ。後日に悔いをのこされな』
と捨台詞をのこして天の鳥舟に乗り、あまたの従者とともに常世の国へ還りける。
(大正一〇・一二・一五 旧一一・一七 出口瑞月)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2020 Iizuka Hiroaki