王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第4巻 霊主体従 卯の巻
文献名2第1篇 八洲の川浪よみ(新仮名遣い)やすのかわなみ
文献名3第2章 聖地の会議〔152〕よみ(新仮名遣い)せいちのかいぎ
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじ一方、地の高天原も八王大神より会議招集の使者を受けて、広宗彦命らは協議を行った。広宗彦命は、地の高天原が荒れ果てて機能しなくなっており、世界の再統一に心を砕いていた折から、常世会議に賛成の意を表した。広宗彦は常世会議出席にあたり、神々を大々的に集めて神前会議を開いた。広宗彦の母・事足姫は、常世彦がこれまで聖地に対して犯してきた罪悪を考慮し、常世会議に反対の意を表明した。広宗彦は板ばさみになりつつも、弟・行成彦をどうしても会議に出席させようと決心したが、常世の国から「大道別の使者」として現れた霊鷹の信書を見て、一時議席を退出してしまった。
主な人物 舞台 口述日1921(大正10)年12月15日(旧11月17日) 口述場所 筆録者出口瑞月 校正日 校正場所 初版発行日1922(大正11)年3月30日 愛善世界社版16頁 八幡書店版第1輯 377頁 修補版 校定版18頁 普及版8頁 初版 ページ備考
OBC rm0402
本文の文字数2463
本文のヒット件数全 1 件/国直姫命=1
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  地の高天原の神政は沢田彦命の還天以来、ますます混乱紛糾して収拾すべからざるの惨状を呈するにいたりぬ。されど広宗彦は、母事足姫、猿田姫、出雲姫らとともに鋭意神政の完成に努力したまひしかば、一たん混乱状態におちいりたる地の高天原も、この四柱の奮闘的至誠の力によりてやうやく瓦解を免れゐたりける。
 然るにここに突然として常世の国より地上神界一般の国魂の神人の大集会を開催するにつき、地の高天原より使者を派遣すべきことを通告しきたりぬ。重ねて常世彦は、竜山別を使者として天の鳥舟に乗り数多の従者とともに地の高天原へ遣はしたりける。その信書の主意によれば、
『今や地上の世界は八王神、八頭神、たがひに嫉視反目してその権力を争ひ優勝劣敗、弱肉強食の惨状目もあてられぬ次第にして、国治立命の御聖旨に背反すること最もはなはだし。天地は現在のままに放任せむか、つひには地上はたちまち修羅道となり、餓鬼地獄の暗黒界と化すべきは火をみるよりも明白なる事実なれば、八王大神常世彦はここに大いに覚るところありて、大国彦と相謀り、八王八頭その他諸山の国魂を常世城に集合せしめ神界平和のため一大会議を開催せむとす。ついては第一着手として地の高天原の主宰者国治立命の天使長広宗彦以下の御出席を懇請す』
といふにありける。
 広宗彦は、弟行成彦ならびに猿田姫、出雲姫その他の諸神司を集めて会議を開き、出席の賛否を慎重に審議したり。広宗彦はほとんど土崩瓦解の有様を呈したる地の高天原を修理固成し、地上の世界を平和に統一せむと日夜焦慮しつつありし際なれば、常世彦の信書をみて大いによろこび、欣喜雀躍の体なりき。地の高天原にては即刻大広前に諸神司を集めて大祭典を執行し、つぎに各神司は設けの座に着き神前会議を開きける。この会議に参ずる神司は八百八柱の大多数に達し、地の高天原神政開始以来の大集会なりけり。
 ここに事足姫は議席にあらはれ、今回の大会議に出席の不可なることを極力主張したりける。その説によれば、
『極悪無道の常世彦ならびに常世姫以下の邪神は、あらゆる奸策を弄して天使長大八洲彦命を退隠せしめ、つぎに国直姫命をして還天の余儀なきにいたらしめ、なほも高照姫命以下の天使長および天使を失脚せしめて、その後の聖職を奪はむと千計万略日も足らざる彼れ邪神の悪行邪心、たうてい改心すべき筈のものにあらず、かならず深き計略のもとに行はるるペテン会議に相違なからむ。加ふるに常世姫は美山彦、国照姫、魔我彦、田依彦らをたくみに籠絡頤使して不断に地の高天原をはじめ竜宮城に仮面を被りて出入せしめ、機会のいたるを待ちつつあるを知らざるか。万々一広宗彦その他の神司にして、かれ常世彦の奸策におちいり、遠く衆を率ゐて出席せば、混乱の極に達したる地の高天原はこれを統轄する神人の数を減じ、ますます無勢力となるべし。その虚に乗じて彼らの一派たる美山彦以下の邪神は一時に反旗をあげ、聖地聖場を蹂躙するは目の前にあり、断じて油断あるべからず。万々一常世彦にして地上の世界を統一し、国祖国治立命の聖旨に奉答せむとするの真実誠意あらば、彼らはまづ国祖の大神の鎮まりたまふこのヱルサレムの聖地に参ゐのぼりて国祖の神の許可をうけたる上、天神地祇の神集ひに集ひて神議りすべき神定の聖地、地の高天原において大会議を開かざるべからず。苟くも地上一般の国魂神を集めて世界の大事を決定するに、常世国をもつて中心たるもののごとく、聖地のごとく振れ舞はむとするは、はじめより天地の神定に背反せる破律的悪行為にして、却つて天地を混乱せしむるものなり。よろしく今回の大会議はヱルサレムにおいて開催すべく常世彦に勧告せよ』
と宣示したまひける。このとき常世の国より第二の使者として広若なる者諸々の従者を率ゐて来り、一日も早く広宗彦以下の重職の出席を促しやまず。聖地の会議は事足姫の大反対のため連日連夜の会議を重ねて、未だその解決にまでいたらざりし時なりき。第一の使者たる竜山別、第二の使者広若はしきりにその回答を迫つて止まざりける。ここに広宗彦は衆議の如何にかかはらず、行成彦をして常世の会議に列せしめむと決心の色を面にあらはし、すみやかに決定すべきことを主張したり。母の事足姫は前述の不賛成説を固持して少しも譲るの色なく、広宗彦以下の神人は進退これ谷まり、青息吐息の体なりける。
 かかる時しも常世彦の間者にして美山彦の幕下なる清熊は進み出で、さも横柄に諸神人を見廻し梟のごとき眼を開きながら、
『諸神人は如何に思はるるか知らざれども、現今の聖地、ヱルサレムの勢力は極めて微弱にして、その運命また風前の燈火に等し。いかに神定の聖地なればとて、かかる微力なる神人の集団をもつて、かの強大なる常世国の勢力に対抗せむとするは実に無謀の極にあらずや。万々一常世彦の怒りに触れむか、巌石をもつて卵を打ち砕くよりも脆きは、現今聖地の真相ならずや。諺にも長きものには巻かれよ、といふことあり。立寄れば大樹の蔭とかや。しかるに神定とか、聖地とかの、ほとんど有名無実の旧習や、形式にとらはれて時代の趨勢を弁へず、天下の同情を失墜し、つひには自滅を招くよりも、今日のごとき千載一遇の好機をとらへ、すみやかに出席を諾し、おほいに神政の基礎を固め、もつて災禍を未萠に防ぐこそ、策の上々たるものなるべし』
と、言辞を尽して述べたてにけり。
 広宗彦は板挟みの姿となり、兎やせむ角や決せむと焦慮さるる折しも、大道別の密使として鷹依別は霊鷹と変じ、常世の国より飛びきたりて密書を口にくはへ、これを広宗彦に渡し、ただちに天空さして姿をかくしたりける。広宗彦はこの信書を見るや顔色俄に変じ、急病と称してこの議席を退出したり。アヽこの結末はいかに展開するならむか。
(大正一〇・一二・一五 旧一一・一七 出口瑞月)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2020 Iizuka Hiroaki