王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第4巻 霊主体従 卯の巻
文献名2第1篇 八洲の川浪よみ(新仮名遣い)やすのかわなみ
文献名3第6章 怪また怪〔156〕よみ(新仮名遣い)かいまたかい
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日2020-04-29 20:33:06
あらすじ美山彦・国照姫は聖地の内情に通じていたので、壇上に上がって聖地の不祥事を暴露し、嘲笑した。聖地の代表である出雲姫、猿田姫は怒って国照姫を壇上から引き摺り下ろし、また国照姫の部下たちを相手に乱闘を演じた。美山彦らは出雲姫、猿田姫を捕らえて縛り、聖地の神々の乱暴な性質を非難した。しかしよく見ると、なぜかそれは八王大神の寵女である春日姫と八島姫であった。青雲山の八頭・吾妻彦は憤然として登壇し、美山彦・国照姫が聖地の神々の悪口をさんざん説きたてたが、乱暴狼藉を働いたのは八王大神側の神々ではないか、と責め立てた。そして悪神・八王大神を懲罰せよ、と呼びかけた。魔我彦は怒って壇上に上ると、吾妻彦に斬りつけた。吾妻彦は頭上から斬りつけられたかと見えたが、一条の白煙が立ち上ると、吾妻彦の姿は消えうせた。魔我彦の刀は自分の足を傷つけ、その場に倒れてしまった。魔我彦は看護室に運び込まれる騒ぎとなった。しかし実際の吾妻彦は自分の席で居眠りをしていたのである。また、縛り上げられた春日姫、八島姫の姿もどこかに消えてしまっていた。かくして、第一回の会議は紛糾のうちに閉会となった。続いて第二回の会議はどのようなことが起こるのだろうか。
主な人物 舞台 口述日1921(大正10)年12月16日(旧11月18日) 口述場所 筆録者出口瑞月 校正日 校正場所 初版発行日1922(大正11)年3月30日 愛善世界社版37頁 八幡書店版第1輯 385頁 修補版 校定版39頁 普及版18頁 初版 ページ備考
OBC rm0406
本文の文字数2259
本文のヒット件数全 1 件/華胥の国=1
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  竜宮城に野心を包蔵して永く仕へゐたる美山彦、国照姫は、地の高天原の事情によく通じゐたるを幸ひ、美山彦とともに国照姫は傲然として中央の高座に登壇し、口を極めて、聖地の窮状を満座の前にて嘲笑し、かつ凡ての内情を暴露したるにぞ、行成彦、猿田姫、出雲姫は、国照姫の行動をいま眼前に認めて非常に憤慨し、獅子奮迅の勢にて前後の区別も知らず、たちまち壇上に馳せのぼり、猿田姫、出雲姫は国照姫の襟髪をとるより早く、高座より引きずりおとし、驚きおそれ狼狽する国照姫の部下を、一々女姓の強力にて打据ゑ蹴飛ばし、泣き叫ぶ神人を目がけて、二女は多数を相手に戦ふにぞ、大虎彦、美山彦は、
『ソレ狼藉者逃がすな、引捕へて縛せよ』
と厳しく下知するを、満座の神司らは呆気に取られて、この場の光景を黙視するのみなりき。神司は漸くにして猿田姫、出雲姫を捕へ高手小手に縛りあげ、中央の壇上に押しあげ、満座にむかつて、
『地の高天原の神人は、女性といへども斯くのごとき乱暴なるもののみ。その他の男司の暴悪無道や知るべきのみ。諸神司はこの現場において暴逆なる女性の行為を直接目撃されたれば初めて迷夢を覚まし玉ひしならむ。これにてもなほ聖地の神政経綸を謳歌し、もつて行成彦の説に賛成盲従をつづけたまふ所存なりや』
と両肩をゆすり、口を左方に斜に釣りあげながら、したり顔に高座より述べたてたり。一座の神司らは耳を澄ませて聞き入りしが不思議なるかな、いままで猿田姫、出雲姫と見えしは、まつたくの間違ひなりける。猿田姫と見えしは、八王大神の寵神にして常世城の内外に嬌名たかき春日姫にして、出雲姫と見えしは、これまで八王大神の寵神にして常世城に艶名並びなき八島姫なりき。真の猿田姫、出雲姫は依然として自席に柔順にひかへて静かにこの光景を対岸の火災視しつつ無心の態なり。満座の神司らは、この不審の出来事にその真偽に迷はざるを得ざりける。
 今まで沈黙を守り怖ぢ怖ぢし居たりし青雲山の八頭なる吾妻彦は、猛然として立ちあがり中央の高座に登壇し、一同にむかつていふ、
『ただいま大虎彦、美山彦ならびに常世城の神司らは、聖地の神人は女性さへもかくのごとき乱暴狼藉におよぶ。これを見ても聖地の神人らの暴悪は察知さるべしとの言明にあらざりしか。然るにただいまの狼藉者の女性は、満座諸神司の見らるるごとく、常世彦の寵神なる春日姫、八島姫の二人に非ずや。しかるに温柔なる聖地ヱルサレム城の女臣、猿田姫、出雲姫の暴動せしごとく主張せし美山彦、大虎彦、国照姫らの神司らは、かかる明白なる事実をとらへて、罪を聖地の女性に科せむとするは何ゆゑぞ。乱暴もまた極まれりとゐふべし。今ここに縛されし二人は、常世城にてもつとも声望高き女性にして、かつ八王大神の無二の寵女なり。そのもつとも精選されたる女性にして、その乱暴の行為かくのごとし。これをもつて推し考ふるときは、常世城の男神らの悪逆無道の邪神たるは論をまたず。况ンやこれを統轄する常世彦に於いておや、その悪逆無道は察するに余りありとゐふべきのみ。常世城の神人らはこれにたいして何の辞あるか。ただちに明確なる答弁を待つ』
と壇上に突立ちたるまま大虎彦、美山彦の面をにらみつけたり。にらみつけられたる二人は何の返答もなく顔見合せてブルブルと菎蒻の幽霊のごとく震ひをののき居たりける。このとき会場の空には、天の鳥船のとどろく声ますます激烈となり、示威運動は再開せられたり。吾妻彦は、毫も屈せず、直立不動の姿勢をとり、壇上にて、
『常世彦は悪逆無道にして天地に容るべからざる魔神なれば、満座の神司らはこの機を逸せず常世彦を面縛し、天地の律法を説き諭し、いよいよ改心せざるにおいては、吾一人としても諸神司の面前にて天に代り誅伐せむ』
と臆めず恐れず懸河の弁舌さはやかに述べたてたり。満座の神司らは呆然自失ほとんど腰を抜かさむばかりの状態なり。このとき場の一隅より魔我彦は席をけつて立ちあがり、
『畏くも八王大神にむかつて無礼の暴言聞きすてならじ、我は天に代つて無礼者を誅伐せむ。思ひ知れや』
といふより早く長刀を引抜き、高座に馳せ登り、ただ一刀のもとに吾妻彦を頭上より斬りつけたりしが、ハツト思ふとたんに一条の白煙立ちのぼり見るまに、吾妻彦の姿は消え失せにけり。同時に春日姫、八島姫の姿も見えずなりぬ。魔我彦は吾が振りあげたる長刀の尖に我とわが脚を斬り、流血河のごとくあけに染まりてその場に打ち倒れたりける。神司らは周章狼狽して魔我彦をかつぎ一室に送り、侍女をして看護せしめたりき。しかるに、またも不思議や吾妻彦は依然として自席に柔順にひかへ無心の態に、コクリコクリと白河夜船をこぎ、華胥の国に遊楽の最中なりける。かかる大騒動を前にして議席に着きしまま眠りゐたる吾妻彦こそは、じつに暢気なものといふべし。
 大虎彦、美山彦は一向合点ゆかず、アフンとして、魂をぬかれたる人形のごとく、木像のごとく呆然自失の態にて、蛸の八足を取られし時のごとく、身体は一寸一分といへども、動かずなりゐたりける。第一回の会議は混乱紛糾の中に幕を閉ぢられしが、第二回目の会議の模様は果していかなる結果を来たすならむか。吾妻彦、八島姫、春日姫は果して何ものなりしや合点行かざる次第なりける。
(大正一〇・一二・一六 旧一一・一八 出口瑞月)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2020 Iizuka Hiroaki