王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第4巻 霊主体従 卯の巻
文献名2第6篇 宇宙大道
文献名3第38章 隙行く駒〔188〕
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日2020-03-08 18:20:20
あらすじ万寿山に蟄居していた大八洲彦命一行、またエデンの園に謹慎していた高照姫命一行らは許されて、奥殿に国祖の側近く仕えることになった。しかし神政に対しては、なんらの権限も与えられなかった。
一度神政を離れて国祖のもとで神務のみに仕えることになったら、容易には再び神政を司ることができないという厳格な不文律がある。
これら神務に使える神人らは、国祖御隠退の後もさまざまに身魂を変じ、神界に隠れて五六七神政を待ちつつ活動しているのである。
八王大神・常世彦命を天使長に戴いた聖地は、これまでに無いほど神人らが参集して賑わった。
しかし就任の祝いが終わると神人らはそれぞれ世界中に散って行き、閑散となった聖地の隙を突いて、八頭八尾の大蛇の霊が忍び込んだ。
時が経ち、常世姫は突然梅を好んで食するようになり、そのうちに身篭って男子を産んだ。またその後に女子をもうけた。常世彦・常世姫夫婦は男子を高月彦、女子を初花姫と命名して慈しんだ。
あるとき常世彦命が高月彦を乗せて竜宮に舟遊びをしていたとき、八頭八尾の大蛇の霊が底から現れて、高月彦と瓜二つに化けてしまった。これより常世彦の館には、二人の高月彦が寝起きすることになった。
また常世姫が橄欖山に遊んだ際、イチジクを食べてにわかに身篭り、女子を産んだ。これを五月姫と名づけたが、五月姫は長じて初花姫と背格好からまったく瓜二つに成長し、常世姫も区別がつかないほどになった。
果たして二人の高月彦、初花姫、五月姫らは何神の化身であろうか。
主な人物 舞台 口述日1921(大正10)年12月26日(旧11月28日) 口述場所 筆録者外山豊二 校正日 校正場所
OBC rm0438
本文の文字数2171
本文のヒット件数全 8 件/海=8
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  地上の神界は、国祖国治立命の公明正大なる英断的聖慮に依つて、総ての神人の罪は赦され、大八洲彦命、神国別命、言霊別命、大足彦、高照姫命、真澄姫、竜世姫、言霊姫らは、国祖大神の侍者として奥殿に奉仕し、神政に向つては、少しも容喙を許されざりける。
 一たん神政の職を離れ、単に国祖の帷幕に参じ、神務のみに奉仕するにいたりては、容易に神政管理者となることの出来ざるは、神界の厳格なる不文律なりき。ゆゑに是らの諸神人は、国祖御隠退とともに表面隠退されしものの、千差万様に身魂を変じ、五六七神政の暁の来るを待ちつつ神界に隠れて活動されつつありしなり。このことは後篇に判明するに至るべし。
 ここにいよいよ常世彦命は、神界の執権者となり、天使長の職に就きぬ。天地開闢以来未曾有の盛典にして、かつ神人らの精神の一致したるは、空前絶後といふべき有様なりける。天上よりは天津神八百万の神人を率ゐて、天の八重雲を伊都の千別に千別て天降りたまひ、国津神は高山の伊保理、低山の伊保理を掻き別けてこの聖地に集まり来り、大原の神は浪を開いて聖地に集まり、諸神人一斉にウローウローと祝する声は、実に清く、勇ましく、壮絶快絶たとふるにものなき状況なりける。
 八王八頭をはじめ、諸神人は追々と聖地を離れて、各自所管の地に帰りける。一時神人の神集ひにより、隆盛殷賑の精気に充ちたる聖地ヱルサレムも、漸次静粛に復り、あたかも洪水の退しごとくなりぬ。神人らの合同して至誠を顕彰するときは、いかなる兇暴なる邪神といへども、これに向つて一指を染むるの余地なきものなり。
 されど聖地は、自然に静粛閑寂となり、邪神界にたいしての制圧力は、手薄になり来たりけり。ここに八頭八尾の大蛇の霊は、潜心万難を排し、黄金橋下を泳ぎわたり、潜かに竜宮を占領し、竜宮の竜王となりて底に潜み、時のいたるを待ちつつありける。されど流石の八頭八尾の大蛇も、天使長の身魂を犯すこと容易ならず、常世姫は依然として竜宮城の主宰となりゐたり。常世姫の身体には、一大異状を来し、俄に庭園の青梅を侍女にもぎとらせ、好みてこれを食するにいたりける。
 この梅を沢山食するとともに、腹部は日に月に膨張し、十二ケ月を経て玉のごとき男子を産み落したれば、父母二神司はおほいに悦び、掌中の玉と愛で、蝶よ花よと慈しみ、その成長を引伸ばすやうに待ち居たり。ややありてふたたび常世姫は、梅の実を好むに至り、以前のごとく腹部は日に月に膨張し、十六ケ月を経て玉のごとき女子を生みける。ここにおいて男子には高月彦と命名し、女子には初花姫と命名し右と左に月花を飾つたるごとく、楽しみつつ二児の成長を待ちける。高月彦は長ずるにおよんて智、仁、勇の三徳を完全に発揮し、初花姫は親愛兼備の徳を称へられける。
 あるとき常世彦命は、竜宮に舟を泛べ、諸神人とともに酒宴を催し居たるに、たちまち暴風吹起るよと見るまに、水は左右にパツと分れ、底に潜む魚介の姿まで明瞭に見えにける。このとき底より八頭八尾の大蛇の姿現はれて、見る間に高月彦となりける。常世彦命は、この怪物を一刀の下に寸断せむと思ひしが、あまり我児に酷似せるを想ひ浮べて躊躇したり。偽の高月彦は、ただちに命の居館に向つて歩を急ぎけるに、常世彦命は驚いて舟遊びを中止し、館に帰り見れば奥の間に二人の高月彦、色沢といひ、背格好といひ、縦から見るも横から見るも、少しの差異もなかりける。命はいづれを真の愛児と弁別すること能はざりける。しかして一人の高月彦が東すれば、また一人は影の形に随ふごとく東へ進み、また西へ進めば西へ進むといふ調子にて、分時といへども二人は離れざりける。
 あるとき常世姫は、侍女を随へて橄欖山に遊び、無花果を取つて楽しみゐたりしが、その中に優れて色美はしく、大なる無花果の実がただ一個、時を得顔に熟しゐたり。常世姫は一目見るより、その無花果を頻りに食ひたくなりければ、侍女に命じてその無花果をむしり取らしめ、その場に端坐し、四方の景色を眺めながら、美味さうに食ひ終りぬ。
 俄に常世姫は腹痛を発して苦悶し始めたるに、侍女は驚いてこれを助け起し、竜宮城内に救け帰りしが、陣痛はなはだしく、玉のごとき女子を生み落したり。女児の顔は初花姫に似るも似たり、瓜二つなりければ、父母二神司は五月姫と命名し、これを愛育したり。追々成長してこれまた姉の初花姫と背丈、容色すべてが瓜二つとなりける。
 現在の親の眼より、その姉妹を弁別するに苦しみける。果してこの姉妹は何神の化身なりしか。
(大正一〇・一二・二六 旧一一・二八 外山豊二録)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2020 Iizuka Hiroaki