王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第5巻 霊主体従 辰の巻
文献名2第4篇 救世の神示
文献名3第25章 姫神の宣示〔225〕
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじ瑞祥あふれる天教山に、木花姫命をはじめ宣伝使たちは意気を休めていた。神々らは天眼鏡を片手に地上の様子をおのおの眺めていた。
木花姫命は一同を集めると、さまざまな色の被面布を授け、現界・幽界で神言を伝える際には、この覆面を必ずかぶるように、と言い渡した。神々は変装して、野立彦命の神教を宣伝するため、八方に手分けすることになった。
このとき天教山は鳴動を始め、その音響は次第に強烈になってきた。木花姫命は、天教山の鳴動は火球の世界から大神の神霊が現れ、スの種を世界にまくばる瑞祥のあらわれである、と諭した。そして自らは天教山の中腹に転居した。
木花姫命は神々らにヒマラヤ山に一度集合して、野立姫命の神教を拝受した後、宣伝使となって世界を救済するように、と凛とした威厳をもって宣旨した。
天教山はついに大爆発を起こして中空に火花を散らすことになった。
主な人物 舞台 口述日1922(大正11)年01月10日(旧12月13日) 口述場所 筆録者加藤明子 校正日 校正場所
OBC rm0525
本文の文字数1957
本文のヒット件数全 7 件/木花姫=7
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  月清く星稀にして、銀河は東南の天より西北に流れ、風は微妙の音楽を奏し、天教山の中腹は霞の帯を引き廻し、海面を見渡せば、浪静にして水面に白色の真帆片帆、東西南北に風をはらんで疾走する様、実に竜宮城の神苑に白鷺の降りたるがごとき光景であつた。
 木花姫命を中心に、天道別命、天真道彦命、月照彦神、足真彦神、磐戸別神、祝部神、弘子彦神、太田神その他の神々は、勇気凛々たる面持にて、いまや黄金橋をあとにしてこの天教山に息を休め、天眼鏡を片手にとりて、上は天を照らし、下は地上を照らし、天地の光景は手にとるごとく、否、神現幽三界の光景は目睫の間に透見し得らるるその面白さに、われを忘れ異口同音に、
『ヤヤヤ大変大変』
と叫ぶもあれば、
『ヤア面白い』
と叫ぶ神人もある。なかに祝部神は頓狂な声を出して、
『ヨウヨウこいつは大変だ、助けてやらねばなるまい』
と一目散に天教山を駆け下らむとする慌て者である。木花姫命は満面に笑を湛へつつ祝部神を『暫し』と呼びとめられた。祝部神は下りかけたる山路をふたたび登り来りながら、右の手をもつて鼻をこすりあげ、右の目縁より左の目尻にかけてつるりと撫で、手の甲にてはなをかみながら、その手を袖にて拭ひ落し、
『これはこれは、真に失礼いたしました』
とお玉杓子のようなる不格好の顔つきして、かるく目礼するのであつた。
 月照彦神は祝部神にむかひ、
『貴下のごとく慌てた挙動にて、いかにして天橋を渡りたまひしか』
と訝しげに問ひかけたまへば、命は雑作なく、
『私は天教山の方のみ見つめてゐましたので、足許などは少しも気にかけませぬ』
と云つて数多の神々を煙にまいた。祝部神はそれでも済ました顔で木花姫命に向ひ、
『私は三界の惨状を目撃してより、一寸の間も安逸に身を置くことは出来ないやうな気になりました。なにとぞ一時もはやく下山を許させたまへ』
といふより早く、木花姫命の宣示も待たず、踵を返してまたもやトントンと青木ケ原に下りゆかむとする。足真彦神は苦笑しながら、
『祝部神、あまり貴下の挙動粗忽に過ぎざるや、未だ大神の御許容なし、自由行動は神人のもつとも慎むべきところならずや』
と声に力を入れて呼び止めた。祝部神はまたもや手ばなをかみながら元の座に現はれた。神々は一度にどつと哄笑し、なかには笑ひこけて腰骨を拳もて叩く神さへもあつた。
 木花姫命は神々を集め、天眼鏡を一面づつ神々に授け、且つ紫、青、赤、白、黄、黒等の被面布を渡し、
『汝諸神人ら、いま現幽二界に出で致りて神言を伝へむとするときは、必ずこの被面布を用ゐたまへ、しかし神界は此限りに非ず』
といひつつ各神に各色の被面布を渡された。
 茲に神々は八方に手分けなしつつ、神界より野立彦命の神教を宣伝するため、各自変装して地上の神人にむかひ、警告を与ふることとなつた。
 このとき天教山は鳴動しはじめた。音響は時々刻々に強烈となつた。木花姫命は神々に向ひ、
『もはや野立彦命の神教を宣伝すべき神々は、黄金橋のもつとも困難なる修業を終へ、難関を渡りたれば、ふたたび邪神に誑惑せらるることなかるべし。今や当山の鳴動刻々に激烈となるは、火球の世界より大神の神霊ここに現はれたまひて、三千世界一度に開く梅の花、開いて散りて実を結び、スの種を世界に間配る瑞祥の表徴なれば、吾はこれより中腹の青木ケ原に転居せむ、諸神はこれよりヒマラヤ山に集まり、野立姫命の再び神教を拝受し、霊魂に洗練を加へ、もつて完全無欠の宣伝使となり、地上の世界を救済されよ』
と容を改め言葉おごそかに宣示された。遉に優美にして愛情溢るるばかりの木花姫命も、この時ばかりは凛乎として犯すべからざる威厳が備はつてゐた。諸神は思はずその威に打たれて地上に跪づき、感涙に咽んだ。鳴動刻々に激しく、遂には山頂より大爆発をなして中空に火花を散らし、得もいはれぬ光景を呈したのである。あゝ今後の天教山は、いかなる神霊的活動が開始さるるであらうか。
(大正一一・一・一〇 旧大正一〇・一二・一三 加藤明子録)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)by オニド /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。凡例はこちら。/データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
(C) 2016-2018 Iizuka Hiroaki