王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第5巻 霊主体従 辰の巻
文献名2第4篇 救世の神示
文献名3第28章 地教山の垂示〔228〕
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじ高照姫神から授けられた野立姫命の垂訓は、『朝日は照るとも曇るとも 月は盈つとも欠くるとも 大地は泥に浸るとも 誠の力は世を救う 誠の力は世を救う』という宣伝歌であった。
宣伝使たちは諸方宣伝の旅の門出に当たって、祝いの宴を振舞われた。そして一行は世界に散って行った。
祝部神は祝宴もそこそこに一目散にヒマラヤ山をどんどんと下って行った。山麓では神人らが大勢集まって、飲めよ騒げよ、とウラル教の歌を歌っていた。
祝部神は負けじと宣伝歌を大声で歌い始めた。神人らはこの声に非常な苦痛を感じ、祝部神に打ってかかった。祝部神が追い詰められているところへ、ちょうど山を下りて来た天道別命、月照彦神らの一行が出くわした。
天道別命らも、一緒になって宣伝歌を歌い始めた。山麓の神人らは天道別命らにも打ってかかったが、被面布をかぶった宣伝使たちの姿はたちまち、見えなくなってしまった。
そうするうちに天に荘重な声があり、山麓の神人らを諭し、高山彦・高山姫に従って地教山に仕えるように、と聞こえた。神人らは驚き畏れ、ひれ伏して宣伝使たちに謝罪した。
そこへどこからともなく天の磐船が現れて、天道別命ら一行を乗せて天高く、東西南北それぞれの方向に姿を隠してしまった。
主な人物 舞台 口述日1922(大正11)年01月10日(旧12月13日) 口述場所 筆録者加藤明子 校正日 校正場所
OBC rm0528
本文の文字数1607
本文のヒット件数全 1 件/地教山=1
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  ややあつて、高照姫神は以前のごとく、あまたの女性をともなひ祭壇の前に現はれ、神人らに向つて、太き竹を割りたるその内側に、
『朝日は照るとも曇るとも 月は盈つとも虧くるとも
 大地は泥に浸るとも 誠の力は世を救ふ
 誠の力は世を救ふ』
と書きたるを一々手渡しされた。神人らは垂訓を記したる大竹の片割を背に確とくくりつけ、これより諸方を宣伝の旅に出ることとなつた。首途の祝ひとして珍らしき酒肴は持ち出され、女神はここに千秋万歳楽を唱へ、かつ淑やかなる舞曲を奏でて一行の首途を祝したのである。高照姫神は奥殿へ、天道別命一行は門前へ、一歩々々互の影は遠ざかりつつ、ここに嬉しき悲しき別れを告げたのである。祝部神はこの垂示を受取るや否や、酒宴の席に坐するのも憔かしがり、あわてて門前に飛び出し、一目散にヒマラヤ山を、ドンドンドンドンと四辺に地響きを立てながら下つて行く。山麓には数多の神人集まり、
『呑めよ騒げよ一寸先や暗よ
  暗の後には月が出る

 時鳥声は聞けども姿は見せぬ
  姿見せぬは魔か鬼か』

と一生懸命に果実の酒に酔ひ、踊り狂うてゐる。祝部神はこれを聞くと忽ちムツとして、負けず劣らず声を張りあげ、
『三千世界一度に開く梅の花  開いて散りて実を結ぶ
 須弥仙山の時鳥  月日や土や空気なぞ
 深き御恩を忘れるな  この世を救ふ生神は
 天教山にましますぞ  朝日は照るとも曇るとも
 月は盈つとも虧くるとも  大地は泥に浸るとも
 誠の神は世を救ふ  誠の神は世を救ふ』
と反抗的に謡ひはじめた。神人らは此声を聞くとともに、頭は割るるごとく、胸は引き裂かるるごとき苦痛を感じた。そして此言葉を発する神は吾らを苦しむる悪神ならむと云ひながら、四方八方より祝部神にむかつて棍棒、石塊などをもつて攻め囲み、一寸の逃げ道もなきまでに立ちふさがつた。神人らの一行は、ゆるゆるこの山を下りきたり、途中この光景を見てやや思案にくれてゐたが、いづれも一同に、
『三千世界一度に開く梅の花』
と謡ひはじめた。何れの神人も、またもや神々に向つて、
『吾を苦しむる悪神なり』
といひつつ、多数を楯に攻め囲んだ。神人らはたちまち被面布を被りながら、なほも力を籠めてこの歌をうたつた。被面布を被れる神人の姿は、山麓の者の目には止まらず、ただ不快なる声の聞ゆるのみであつた。
 祝部神はこれを見て、われもまた、被面布を被らむとし、あわてて黒色の被面布を顔に当て、一生懸命に、
『三千世界一度に開く梅の花』
を高唱した。命の姿は見えなくなつた。されど黒布のあたりし部分のみは中空にありありと残つてゐた。神人らはその黒布を目がけて打つてかかつた。たちまち中空に声あり、
『ヒマラヤ山は今まで、ヒマラヤ彦、ヒマラヤ姫の管轄なりしも、今は高山彦、高山姫の専管することと神定められたり。汝らヒマラヤ彦の部下なる神人よ、一時も早く天の声に聞け、天の声に目を覚ませ。是よりヒマラヤ山を改めて地教山と称ふべし』
と最も荘重なる声の中空に聞ゆるのであつた。数多の神人はこの声に驚き、いづれも大地に平伏して謝罪した。祝部神は、ここぞと云はぬばかり又声はりあげて、
『三千世界一度に開く梅の花云々』
と節面白く唱へ出した。神人らは頭をかかへ、耳を押へ目を閉ぢ、
『許せ許せ』
といひつつ四這ひとなつて転げまはる。
 ここに何処よりともなく天の磐船現はれ来り、天道別命その他の一行を乗せ、天空高く東西南北におのおの其姿を隠してしまつた。
(大正一一・一・一〇 旧大正一〇・一二・一三 加藤明子録)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)by オニド /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。凡例はこちら。/データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
(C) 2016-2018 Iizuka Hiroaki