王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第5巻 霊主体従 辰の巻
文献名2第5篇 宇宙精神
文献名3第32章 波瀾重畳〔232〕
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじへべれけになった神人らには、祝部神の歌う「三千世界云々」の歌に苦痛を覚えた。やがて夜もふけて静かな丑三つ時ごろ、酒に酔いつぶれて寝ている神々らを嵐が襲った。
神人らはいっぺんに酔いもさめて激しく波風に揺られ翻弄される船の中にただ震えていた。祝部神はここぞとばかり声を張り上げて、悔改めの宣伝歌を歌い始めた。
やがて船は一つの島に打ち上げられた。
主な人物 舞台 口述日1922(大正11)年01月11日(旧12月14日) 口述場所 筆録者加藤明子 校正日 校正場所
OBC rm0532
本文の文字数1739
本文のヒット件数全 8 件/海=8
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  神人らは強き酒にへべれけに酔ひつぶれ、ほとんど船中の客たる事を忘るる位であつた。このとき祝部神の「三千世界云々」の歌に神人らは何ゆゑか、頭を鉄槌にて打ち砕かれ、胸は引き裂かるるがごとき苦痛に襲はれた。
 夜は深々と更け渡り、万物寂として声なき丑満頃となつた。聞ゆるものはただ神人らの酒に酔ひ潰れて呻く苦悶の声のみである。折しも東北の空に当つて一団の黒雲が現はるるよと見る間に、前後左右に電光石火の速力をもつて押し拡がり、満天墨を流したるがごとく、上また咫尺を弁ぜざるに至つた。忽ち颶風吹き起り、さしも平和の面は、ここに虎嘯き竜躍り、馬は白き浪の鬣を振うて船体に噛みつき始めた。船は木葉のごとく中天に捲き上げらるるやと見る間に、又もや浪と浪との千仭の谷間に突き落され、檣折れ、舵はむしられ、艫は中心より折れて進退の自由を失ひ、ただ風と浪との翻弄するに任すより外は無かつた。
 神人らは一度に酔も醒め、顔は真青となつて、地獄より火を貰ひに来た餓鬼の相好の其侭となつて仕舞つた。鼻つままれても分らぬ真暗な上に潮を浴び、全身濡れ鼠となつて震ひ戦くその光景は、死線を越えて処の騒ぎでは無かつた。
 忽ち前方に当つて一道の光明が赫灼と放射するのを見た。これは高杉別の従者杉高の瑠璃光の玉の光であつた。船戸神は船体をその光の方に向けむとしたが、舵は千切られ、艫は折れ、檣は挫け、帆はむしられて如何ともするよしなく、ただ天を仰ぎ救助を乞ふのみであつた。酒のために空元気を装うてゐた数多の神人らは、恐怖心にかられ、青菜に塩か、蛭に塩、しほしほとして辛い目に遇ふ事よと溜息を吐き、中には卑怯にも泣声をしぼる者さへ現はれた。祝部神は此処ぞと言はぬばかり暗中声を励まし、荒れ狂ふ怒濤の浪音を圧するばかりの大音声で、
『三千世界一度に開く梅の花  朝日は照るとも曇るとも
 月は盈つとも虧くるとも  牛雲別は浪に浚はれ死ぬるとも
 酒を喰らうた神々は  の藻屑となるとても
 何と鳴戸や瀬戸の  命の瀬戸のいまはの際に
 神の恵も白波の  馬鹿者どもよ
 命惜しくば天地に詫びよ  詫が叶へば許してやるぞ
 一二三四五六七八九十百千万  万の罪咎さらりと
 流してしまへ  涙ばかりを流すぢやないぞ
 心の垢も身の罪も  流して泣かせて腹の中
 泣かぬ日はなき時鳥  八千八声の血を吐いて
 へどまで吐いて今のざま  苦しいときの神頼み
 それでも頼まにや助からぬ  よいとさ、よいとさ
 暗に鉄砲数打ちやあたる  何でも構はぬ神様祈れ
 よいとさのよいとさ  生きるか死ぬかの瀬戸際ぞ
 一つの命を瀬戸の  一つの島なる一つ松
 一つの玉の御光に  心を照して改めよ
 荒浪如何に高くとも  荒風如何に強くとも
 現はれ出でたる神島の  神の光に村肝の
 心の空も凪ぎわたり  浪路も凪ぎて珍の島
 よいさよいとさ  宵から喰うた酒の酔
 一度に醒ませよ心の迷ひ  迷ひの果ては悟りの船よ
 覚りは救ひの船と知れ』
と止め度もなく、口から出まかせに歌つた。祝部神の容貌は暗夜のため確と見ることは出来なかつた。されどその謡ひ振りによつて、その相貌や手足の振り方など、歴然白昼を見るが如き感がした。忽ち船底がガラガラと音がした。見れば一つの島にうち上げられてゐた。あゝ惟神霊幸倍坐世。
(大正一一・一・一一 旧大正一〇・一二・一四 加藤明子録)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2020 Iizuka Hiroaki