王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第6巻 霊主体従 巳の巻
文献名2第3篇 大峠
文献名3第15章 大洪水(一)〔265〕
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじついに五百六十七日の大洪水と大地震が続いてそのときがやってきた。神示の方舟を作っていた者は、ちょうど銀杏の実のように上面がすっかり板に覆われていたため、激しい豪雨にも船中に水が入って沈むことはなかった。
宇宙の変事は、すべて地上神人の精神の悪化が妖邪の気を発生させて宇宙を混濁せしめた結果なのである。宇宙の縮図である人心の悪化によって、宇宙が悪化してしまうのである。
人間とは、万物普遍の元霊である主神に代わって天地経綸の主宰者たるべき天職を賦与されていることを忘れてはならない。
古今未曾有の天変地異が襲来したのも、まったく地上の人類が、悪霊に表意されて体主霊従の行動を敢えて行い、天地の神恩を忘却した結果なのである。
大神は禽獣虫魚までも救うことを本願としているので、人民に改心をするように、神諭で警告をしているのである。
主な人物 舞台 口述日1922(大正11)年01月18日(旧12月21日) 口述場所 筆録者井上留五郎 校正日 校正場所
OBC rm0615
本文の文字数1797
本文のヒット件数全 1 件/木花姫=1
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  天より高く咲く花の、天教山に坐しませる、木花姫の御教も、地教の山に隠ります、高照姫の垂教も、八百八十八柱の、宣伝使の艱難も、盲目聾者の世の中は、何の効果も荒風の、空吹く声と聞き流し、肯諾ふ者は千柱の、中にもわづか一柱、一つの柱は見る者を、金銀銅の天橋に、救はむための神心、仇に過せしその報い、雨は頻りに降りきたり、前後を通じて五百六十七日の、大洪水と大地震、彗星処々に出没し、日月光を押し隠し、御空は暗く大地の上は、平一面の泥の海、凄まじかりける次第なり。
 宣伝使の神示を嘲笑して耳にも入れざりし長白山の磐長彦以下数多の神人は、追々地上の泥水に覆はれて逃げ迷ひ、草木はいづれもずるけ腐り、禽獣虫魚は生命を保たむため、あらゆる附近の山に先を争うて駆け登りける。
 されど、連日連夜の大雨に洪水はますます地上に氾濫し、遂には小高き山もその姿を水中に没するに致りぬ。
 神示の方舟は暴風に揉まれつつ、木の葉の散るごとき危き光景にて、高山の巓めがけて漂着せむと焦りをる。
 この方舟は一名目無堅間の船といひ、ちやうど銀杏の実を浮べたる如くにして、上面は全部樟の堅固な板で、中高に円く覆はれ居り、わづかに側部に空気孔が開けあるのみなりける。
 船の中には神人を初め、牛馬、羊、鳥等が一番宛各自に入れられ、また数十日間の食物用意されありける。
 種々の船に身を托し、高山目蒐けて避難せむとする者も沢山ありたれど上方に屋根なき舟は、降りくる雨の激しさに、溜り水を汲み出す暇なく、かつ寄せくる山岳のごとき怒濤に呑まれて、数限りなき舟は残らず沈没の厄に逢ひける。
 されど鳥の啼声や、獣類のいづれも山に駆け登るを見て、朧気ながらにも世界の大洪水を知り、逸早く高山に避難したる人畜はやうやく生命を支へ得たりしなり。
 一般蒼生は数多の禽獣や虫のために、安眠することも出来ず、雨は歇まず、実に困難を極めたりける。ここに一般人は宣伝使の宣伝歌を今更のごとく想ひ出し、悔悟の念を喚び起し、俄に神を祈願し始めたれど何の効験もなく、風はますます激しく、雨は次第に強くなるのみなりき。総ての神人は昼夜不安の念に駆られ、ここにいよいよ世の終末に瀕せることを嘆き悲しみけり。
 現代の賢しき人間は、天災地妖と人事とには、少しも関係無しと云ふもの多けれど地上神人の精神の悪化は、地上一面に妖邪の気を発生し、宇宙を溷濁せしめ、天地の霊気を腐穢し、かつ空気を変乱せしめたるより、自然に天変地妖を発生するに至るものなり。
 凡ての宇宙の変事は、宇宙の縮図たる人心の悪化によつて宇宙一切の悪化するのは、恰も時計の竜頭が破損して、時計全体がその用を為さないのと同じ様なものである。故に大神の神諭には、
『神の形に造られて、神に代つて御用を致す人民の、一日も早く、一人でも多く、心の立替立直しをして、誠の神心に成つてくれよ』
と示し給ふたのは、この理に基くものである。また、
『人民くらゐ結構な尊いものは無いぞよ。神よりも人民は結構であるぞよ』
と示されあるも、人間は万物普遍の元霊たる神に代つて、天地経綸の主宰者たる可き天職を、惟神に賦与されて居るからである。
 古今未曾有のかくのごとき天変地妖の襲来したのも、全く地上の人類が、鬼や大蛇や金狐の邪霊に憑依されて、神人たるの天職を忘れ、体主霊従の行動を敢てし、天地の神恩を忘却したる自然的の結果である。
 神は素より至仁至愛にましまして、只一介の昆虫といへども、最愛の寵児として之を保護し給ひつつあるがゆゑに、地上の人類を初め動植物一切が、日に月に繁殖して天国の生活を送ることを、最大の本願となし給ふなり。また、
『神を恨めてくれるな。神は人民その他の万物を、一つなりとも多く助けたいのが神は胸一杯であるぞよ。神の心を推量して万物の長と云はるる人民は、早く改心いたしてくれ。神急けるぞよ。後で取返しのならぬ事がありては、神の役が済まぬから、神は飽くまでも気を付けたが、もう気の付けやうが無いぞよ。神は残念なぞよ』
との神諭を、我々はよく味はねばならぬ。
(大正一一・一・一八 旧大正一〇・一二・二一 井上留五郎録)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia』がオープンしました(2019/3/15)
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。凡例はこちら。/データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
(C) 2016-2019 Iizuka Hiroaki