王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第6巻 霊主体従 巳の巻
文献名2第3篇 大峠
文献名3第16章 大洪水(二)〔266〕
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじ酷熱の太陽が一度に数個現れて、大地の氷山を溶解させた。水は大地の中心にある集まり来たり、地球の水位は刻々に増加して、高い山の上にまでも迫った。
竜宮城の三重の金殿は、ふたたび中空に延長して金銀銅の天橋となり、霊線を垂らして正しい神人を引き上げて救い始めた。天教山の宣伝使たちは、黄金橋の上に立って洪水に漂流する神人を救いつつあった。
ウラル彦・ウラル姫もまたなぜか、銅橋の上に救われた。盤古神王と常世神王は黄金橋の上に救われた。しかしウラル彦・ウラル姫はアルタイ山に下ろされた。アルタイ山の山頂には多数の蟻が洪水を避けて非難していたため、ウラル彦らは蟻に身体をたかられて非常な苦痛を覚えた。
アルタイ山には、極悪の神ばかりが送られたのである。平素利己主義によって甘い汁を吸った悪者は、蟻に身体を破られたのである。
主な人物 舞台 口述日1922(大正11)年01月18日(旧12月21日) 口述場所 筆録者井上留五郎 校正日 校正場所
OBC rm0616
本文の文字数1355
本文のヒット件数全 1 件/地教山=1
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  世は焼劫に瀕せるか、酷熱の太陽数個一時に現はれて、地上に熱を放射し、大地の氷山を溶解したる水は大地中心の凹部なる地球に向つて流れ集まり、地球は冷水刻々に増加して、さしもに高き山の尾上も次第々々に影を没するに至りける。
 このとき星はその位置を変じ、太陽は前後左右に動揺し、地は激動して形容し難き大音響に充されたりぬ。太陽は黒雲に包まれ、地上は暗黒と変じ、咫尺を弁ぜざる光景とはなりぬ。
 彼の竜宮城に在りし三重の金殿は、中空に際限もなく延長して、金銀銅色の天橋を成し、各自天橋よりは金銀銅色の霊線を垂下し、その端の救ひの鉤をもつて、正しき神人を橋上に引き揚げ始めたり。
 天橋の上には蟻の群がる如く、数多の神人が救ひ上げられ、天橋は再び回転を開始したり。東西に延長せる天橋は、南に西に北に東と中空を廻り、天教山、地教山その他数ケ所の高山の巓に、救はれたる神人を送り、またもや憂瀬に沈み苦しめる正しき神人を救ひの鈎を以て次第々々に天橋の上に引き揚げ玉ひける。
 このとき天教山の宣伝使は、何時の間にか黄金橋の上に立ち、金色の霊線を泥海に投げ、漂流する正しき神人を引き揚げつつあり。而して天橋に神人の充満するを待ちて、またもや天橋は起重機のごとく東南西北に転回し、その身魂相当の高山に運ばれゆくなり。神諭に、
『誠の者は、さあ今と云ふ所になりたら、神が見届けてあるから、たとひ泥海の中でも摘み上げてやるぞよ』
と示されあるを、想ひ出さしめらるるなり。
 救ひ上げられたる中にも、鬼の眼にも見落しとも云ふべきか、或は宣伝使の深き経綸ありての事か、さしも悪逆無道なりしウラル彦、ウラル姫も銅橋の上に救ひ上げられたり。而して常世神王始め盤古神王もまた金橋の上に救はれて居たりける。
 ウラル彦はアルタイ山に運ばれ、その他の神人も多くここに下されたり。この山は大小無数の蟻、山頂に堆く積り居たりけるが、凡て蟻は洪水を前知し、山上に真先に避難したりしなり。
 ウラル彦神は蟻の山に運ばれ、全身蟻に包まれ、身体の各所を鋭き針にて突き破られ、非常の苦悶に堪へかねて少しく山を下り、泥水の中に全身を浸し見たるに、蟻は一生懸命に喰ひ着きて、苦痛はますます激しく、またもや蟻の山へと這ひ上りゆけり。
 蚊取別の禿頭も此処に居たるが、この時ばかりはその禿頭は全部毛が生えたるごとく見えたりき。全く蟻が集りたる結果なりける。
 このアルタイ山に運ばれた神人は、極悪の神人ばかりにして、極善の神人は天教、地教両山に、極悪者はアルタイ山に救はれたりける。
 平素利己主義を持し、甘い汁を吸うた悪者共は、全身残らず甘くなつてをると見えて、蟻が喜びて集るに反して、世界のために苦き経験を嘗めたる神人は、身体苦く、一匹も蟻は集り得ざるなり。裏の神諭に、
『甘いものには蟻がたかる(有難)。苦いものには蟻がたからぬ(不有難)』
と書いてあるのは、この物語の光景を洩らされしものなるべし。嗚呼地上の世界は今後何れに行くか心許なき次第なり。
(大正一一・一・一八 旧大正一〇・一二・二一 井上留五郎録)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)by オニド /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。凡例はこちら。/データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
(C) 2016-2018 Iizuka Hiroaki