王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第6巻 霊主体従 巳の巻
文献名2第5篇 一霊四魂よみ(新仮名遣い)いちれいしこん
文献名3第25章 金勝要大神〔275〕よみ(新仮名遣い)きんかつかねのおおかみ
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじ高照姫命、言霊姫命、真澄姫命、竜世姫命、純世姫命の五柱の女神は、野立姫命の後を追って根底の国に至った。野立彦命・野立姫命の命を奉じて地汐・地星の世界を遍歴し、再び天教山に登って大海原の守り神となった。天の御柱の神・国の御柱の神は伊予の二名島を生んだ。これを愛媛という。またの名を竜宮島といい、今日の豪州大陸である。わが四国はその胞衣である。真澄姫神が国魂として任命された。次に、純世姫は筑紫の守り神とされ、多計依姫となった。筑紫の島は、現代のアフリカ大陸である。九州はこの大陸の胞衣である。言霊姫神は、蝦夷の島の守り神とされた。現代の北米であり、北海道がその胞衣である。竜世姫神は高砂島の守り神とされた。ゆえに、またの名を高砂姫という。高砂の島は南米大陸であり、台湾島はその胞衣である。高照姫神は葦原の瑞穂国の守り神とされた。これは欧亜大陸であり、大和の国はその胞衣である。五柱の女神は、永遠にそれぞれの国土を守護することになったが、これは霊界におけるご守護であり、現界の守護ではない。女神はおのおのその国の神人の霊魂を主宰している。天国へ送り、地上に出生させ、また幽界に落ち行く者を救済している。しかし、五柱の女神が国魂神となるまでの時日は、数万年の長い年月を要したのである。この五柱の女神を総称して、金勝要神という。天は男系、地は女系というのは、霊界のこの消息を洩らしたものである。金勝要神が、神諭で『雪隠の中に落とされた神』とあるのは、すべての地上の罪悪を持ちさすらい失うところの鳴門の意味である。天教山は地球の口であり、鳴門が肛門にあたるのである。神の出口入口というのは、この富士と鳴門の御経綸の意味である。大地の金神を金勝要神というのは、大地の金気の大徳によって固成され、この神の身魂に金気が凝縮保維されているためである。
主な人物 舞台 口述日1922(大正11)年01月21日(旧12月24日) 口述場所 筆録者外山豊二 校正日 校正場所 初版発行日1922(大正11)年5月10日 愛善世界社版143頁 八幡書店版第1輯 680頁 修補版 校定版145頁 普及版58頁 初版 ページ備考
OBC rm0625
本文の文字数1384
本文のヒット件数全 0 件/金勝要大神=0
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  天津御神の造らしし  豊葦原の瑞穂国
 泥の世界と鳴戸灘  天の瓊矛の一滴
 言霊姫の鳴り鳴りて  鳴りも合ざる海原の
 穢れもここに真澄姫  竜世の浪も収まりて
 天地四方の神人は  心平に安らかに
 この浮島に純世姫  御稜威も高き高照姫の
 神の命と諸共に  神界、現界事完へて
 根底の国を治めむと  地教の山を出でたまひ
 野立の姫の後を追ひ  救ひの神と鳴戸灘
 同じ心の姫神は  根底の国へ五柱
 千尋の深き海よりも  業の深き罪咎を
 清むるための塩をふみ  浪路を開きて出でましぬ
 無限無量の御恵みは  現界、幽界、神の世の
 救ひの神の御柱ぞ。
 茲に五柱の女神は、地球の中軸なる火球の世界に到り給ひ、野立彦神、野立姫神の命を奉じ、洽く地中の地汐、地星の世界を遍歴し、再び天教山に登り来つて、大海原の守り神とならせ給ひける。
 ここに天の御柱の神、国の御柱の神は、伊予の二名の島を生み、真澄姫神をして、これが国魂の神たらしめたまふ。之を愛媛といふ。一名竜宮島ともいひ、現今の濠洲大陸なり。而て我が四国は、その胞衣にぞありける。
 つぎに純世姫神をして、筑紫の守り神となさしめ給ひぬ。これを多計依姫といふ。筑紫の島とは現代の亜弗利加大陸なり。わが九州はこの大陸の胞衣にぞありける。
 つぎに言霊姫神をして、蝦夷の島の守り神たらしめ給ひぬ。これ現代の北米なり。而て我が北海道は、その大陸の胞衣にぞありける。
 つぎに竜世姫神をして、高砂の島を守らしめ給ひぬ。ゆゑに又の名を高砂姫神といふ。高砂の島は南米大陸にして、台湾島はその胞衣にぞありける。
 つぎに高照姫神をして、葦原の瑞穂国を守らしめ給ひぬ。これ欧亜の大陸にして、大和の国は、その胞衣にぞありける。
 かくして五柱の女神は、その地の国魂として永遠に国土を守護さるる事となれり。但しこれは霊界における御守護にして、現界の守護ならざる事は勿論なり。是らの女神は、おのおのその国の神人の霊魂を主宰し、或は天国へ、或は地上へ、或は幽界に到るべき身魂の救済を各自分掌し給ふ事となりける。故にその国々島々の身魂は、総てこの五柱の指揮に従ひ、現、幽、神の三界に出現するものなり。
 併し此の五柱の神の一旦幽界に入りて、再び天教山に現はれ、国魂神とならせ給ふ迄の時日は、数万年の長年月を要したまひける。その五柱を総称して、金勝要神といふ。
 天は男系、地は女系と云ふは、霊界のこの消息を洩らせしものなり。神諭に、
『大地の金神、金勝要神』
とあるは、これの表示なり。また、
『この大神は、雪隠の中に落された神』
とあるは、総ての地上の罪悪を持ち佐須良比失ふ所の鳴戸の意味なり。
 天教山は口に当り、鳴戸は地球の肛門に当るが故なり。神の出口、入口といふは、この富士と鳴戸の御経綸の意なり。大地の金神を金勝要神と称するは、大地の金気の大徳によりて固成され、この神の身魂に依りて凝縮保維されてゐるが故なり。
(大正一一・一・二一 旧大正一〇・一二・二四 外山豊二録)
(第二三章~第二五章 昭和一〇・二・一二 於新宮市油屋旅館 王仁校正)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
【霊界物語誕生百周年】
大正10年(1921年)10月18日に王仁三郎が霊界物語の著述を開始してから
令和3年(2021年)10月18日で百年目を迎えます。
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2020 Iizuka Hiroaki