王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第6巻 霊主体従 巳の巻
文献名2第5篇 一霊四魂
文献名3第27章 神生み〔277〕
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日2018-05-05 06:08:01
あらすじ天の御柱大御神、国の御柱大御神は、陰と陽の水火を合わせて淡路島、大倭島、伊予の二名島、筑紫島、隠岐、佐渡、越の洲などの国々・島々を生みたもうた。
大八洲の国とは、地球全体の海陸の総称なのである。国生み・島生みが完了した伊邪那岐命は、次に世界各所に国魂を任命した。
長白山は磐長彦・玉世姫、万寿山は瑞穂別・瑞穂姫、青雲山には吾妻彦・吾妻姫、地教山にはヒマラヤ彦・ヒマラヤ姫、天山は谷山彦・谷山姫、崑崙山は磐玉彦・磐玉姫、タコマ山は吾妻別・吾妻姫、ロッキー山は国玉別・国玉姫、ローマは元照別・元照姫、モスコーは夕日別・夕照姫、新高山は花森彦・花森姫、常世の都は貴治彦・貴治姫が、それぞれ国魂神・補佐神として任命された。
鷲霊山は神教を宣布する神界の根本霊場として、白雲別・圓山姫、久方彦、三葉彦が永遠の守り神として任命された。
また黄金山は東雲別・青雲別・青雲姫・機照彦・機照姫を神教護持のために、永遠に任命した。
主な人物 舞台 口述日1922(大正11)年01月21日(旧12月24日) 口述場所 筆録者井上留五郎 校正日 校正場所
OBC rm0627
本文の文字数784
本文のヒット件数全 1 件/地教山=1
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  天の御柱大御神  国の御柱大神は
 陽と陰の水火を合せつつ  淡路嶋なる大倭
 豊の秋津の嶋を生み  伊予の二名や筑紫嶋
 次には隠岐と佐渡の嶋  越の洲まで生みたまひ
 次に大嶋吉備児嶋  対嶋壱岐嶋百八十の
 国々嶋々生みたまふ  名づけて稜威の大八洲
 神の御国と称ふなり。
 大八洲の国とは、地球全体の海陸の総称なり。
 爰に伊邪那岐命は弥修理固成の神業を、着々と緒に就かせられける。
 長白山には、磐長彦を国魂として之に任じ、玉代姫之を輔佐し、
 万寿山は、瑞穂別国魂に任ぜられ、瑞穂姫これを輔佐し、
 青雲山には、吾妻彦国魂に任ぜられ、吾妻姫之を輔佐し、
 地教山は、ヒマラヤ彦国魂となり、ヒマラヤ姫之を輔佐し、
 天山は、谷山彦国魂に任ぜられ、谷山姫之を輔佐し、
 崑崙山は、磐玉彦国魂に任ぜられ、磐玉姫之を輔佐し、
 タコマ山は、吾妻別国魂に任ぜられ、吾妻姫之を輔佐し、
 ロッキー山は、国玉別国魂に任ぜられ、国玉姫之を輔佐し、
 羅馬は、元照別国魂に任ぜられ、元照姫之を輔佐し、
 モスコーは、夕日別国魂に任ぜられ、夕照姫之を輔佐し、
 新高山は、花森彦国魂に任ぜられ、花森姫之を輔佐し、
 常世の都は、貴治彦国魂に任ぜられ、貴治姫之を輔佐することとなりにける。
 つぎに霊鷲山は、神教を宣布する神界の根本霊地として、白雲別、圓山姫、久方彦、三葉彦を永遠に守神として任命されたりける。
 次に黄金山には東雲別、東雲姫、青雲別、青雲姫、機照彦、機照姫を神教護持の為に、永遠に任命し給ひける。
(大正一一・一・二一 旧大正一〇・一二・二四 井上留五郎録)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)by オニド /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。凡例はこちら。/データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
(C) 2016-2018 Iizuka Hiroaki