王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第7巻 霊主体従 午の巻
文献名2第2篇 白雪郷よみ(新仮名遣い)はくせつきょう
文献名3第8章 羽衣の松〔308〕よみ(新仮名遣い)はごろものまつ
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじ日の出神を乗せた大船は、熊野の浦を出て東に進んでいた。東海には天教の山を望む、のどかな船旅であった。たちまち高波に船は木の葉のように漂う危うさ。天教の山もいつしか雲に包まれてしまった。船は難を避けようと、三保の松原目当てに岸に着いた。人々は岸に上ったが、波はたけり狂って、羽衣の松もほとんど水に没しようという勢いであった。みな小高い丘にかけのぼり、海が凪ぐのを待っていた。そこへ、微妙の音楽が天上より聞こえて、かぐわしい色々の花が降ってきた。男女の二神が雲に乗って降ってきた。日の出神に会釈をすると、声を張り上げて歌い、天女の舞を舞い始めた。二神は三保津彦・三保津姫の分霊である、沫那岐神・沫那美神であった。邪神は大台ケ原を出て常世の国に巣食っており、日の出神が常世の国に渡るべきことを告げ、その旅路の守護を申し出た。二神は舞い終わると、天教山に向かって姿を隠した。これより、日の出神は艱難辛苦の末に、再び常世の国にわたることになった。
主な人物 舞台 口述日1922(大正11)年01月30日(旧01月03日) 口述場所 筆録者外山豊二 校正日 校正場所 初版発行日1922(大正11)年5月31日 愛善世界社版49頁 八幡書店版第2輯 53頁 修補版 校定版53頁 普及版21頁 初版 ページ備考
OBC rm0708
本文の文字数1287
本文のヒット件数全 2 件/天教山=2
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  日の出神を乗せたる大船は、熊野の浦を漕ぎ出で、折から吹き来る順風に真帆を揚げ乍ら、東に向つて進ませたまへり。
 さしもに高き天教の九山八海の山は、白扇を逆様に懸けたる如く東海の波に、その影を映す長閑さ。夜を日についで進み来る浪路も遥かに遠江。忽ち浪は天上に向つて立ち上り、船は木の葉の如くに漂ふ危ふさ。一同の乗客は、叶はぬ時の神頼み、各自に手を拍ち大海原の神に向つて、厚き祈願を駿河湾。天教山は何時しか雲に包まれにけり。
 この難風を避けむとて、向ふに三保の松原や、天の羽衣の老木の松を目標に、船は漸う岸に着きたり。一行の顔はあたかも死人のごとく色蒼白めて、立つ勇気さへも無くなりてゐたり。
 日の出神は、真先に上陸し、続いて人々は生命からがら白砂青松のこの島に辿り着き、ほつと息を吐きけるが、風はますます烈しく、浪は猛り狂ひて羽衣の松は、ほとんど水に没せむとするの勢なりける。
 この島に救ひ上げられたる日の出神をはじめ、数多の人々は島の小高き処に駈け登り、海の凪ぎ行くを待ちつつありし時しも微妙の音楽天上より聞えて、馨しき色々の花を降らせ宛然花莚を布き詰めたる如くなりける。
 暫時ありて男女の二神は、雲に乗つてこの場に降り来り、日の出神に会釈しながら流暢なる声張り上げて、天女の舞の歌を舞ひ始めたりける。
『これや此の世界にほまれ駿河富士  よしや此の世は愛鷹の
 山より高く曲事の  積れば積れ天教の
 山に坐します木の花姫の  神の命の御光に
 世は照妙の薄衣  天の羽衣纏ひつつ
 瑞穂の国は千代八千代  芽出度き国と舞ひ納め
 治めて清き神の国  村雲四方に塞ぐとも
 赤き誠の心もて  誠の道を麻柱つ
 誠を通せ誠ある  神の日の出の宣伝使
 荒風猛り吼ゆるとも  浪は険しく立つとても
 わが日の本は神の国  木の花姫の鎮る限り
 世は永久に心安き  神世を三保の松原や
 松も千歳の色添ひて  緑添ひなす三保津彦
 三保津の姫は今ここに  現はれ出でて汝が前途
 清く守らむ沫那岐の  神の命や沫那美の
 神の命の守ります  大海原も安らけく
 常世の国に渡りませ  ウラルの山に現はれし
 魔神は今に常世国  日の出ケ嶽を立出でて
 再び御国を襲ひ来る  今や経綸の最中なり
 今や経綸の最中なり  沫那岐彦や沫那美の
 神の守りにすくすくと  早や出でませよ宣伝使
 早や出でませよ宣伝使』
と声も涼しく歌ひ、中空に舞ひながら天教山に向つて、その姿を隠したまひける。
 この沫那岐、沫那美の二神は、いま現はれたる三保津彦、三保津姫の分霊なり。是より日の出神は、種々の苦しみに堪へ、遂に再び常世の国に渡りける。
(大正一一・一・三〇 旧一・三 外山豊二録)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
【霊界物語誕生百周年】
大正10年(1921年)10月18日に王仁三郎が霊界物語の著述を開始してから
令和3年(2021年)10月18日で百年目を迎えます。
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2021 Iizuka Hiroaki