王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第7巻 霊主体従 午の巻
文献名2第2篇 白雪郷よみ(新仮名遣い)はくせつきょう
文献名3第12章 熟々尽〔312〕よみ(新仮名遣い)つくづくし
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじ八は、自分が逃げる途中で腰を抜かしたおかげで、日の出神を村につれてくることができたのだ、と屁理屈を言っている。村人たちがおかしな会話をしているところへ、酋長の妻の面那美司が戻ってきた。そして、面那芸司は三五教の宣伝使となって旅に出ることになったこと、白雪郷は面那美司がひとり酋長となって治めることになったことを伝えた。面那美司が、今日は門出のめでたい日だから、特別に酒を飲んでもいいというと、村人たちは先を争って、大中教の使徒たちが残した徳利に群がった。面那美司はこの光景にあきれつつ、宣伝歌を歌いながら山道へと引き返していった。老若男女は面那美司について山中に入っていった。すると、祝姫はすでに救出されて、日の出神と酋長とともに端座していた。祝姫が大中教の宣伝使らに取り囲まれて、改宗を脅迫され、今にも打ち殺されようとしたとき、日の出神が現れて、大音声に宣伝歌を歌ったので、大中教の者らは縮み上がってこそこそと四方八方に姿を潜めてしまったのであった。日の出神、面那芸司、祝姫は山を下り、白雪郷に一泊すると、宣伝の旅に出発して行った。
主な人物 舞台 口述日1922(大正11)年01月30日(旧01月03日) 口述場所 筆録者桜井重雄 校正日 校正場所 初版発行日1922(大正11)年5月31日 愛善世界社版69頁 八幡書店版第2輯 60頁 修補版 校定版74頁 普及版30頁 初版 ページ備考
OBC rm0712
本文の文字数1959
本文のヒット件数全 3 件/三五=3
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文 八『本当にだよ、たうとう腰抜かしよつたナ。併しながら俺が腰を抜かしたお蔭で、貴様たちは助かり、コシて安心して居れるのだよ。コシコシ云ふない、腰抜野郎奴』
鹿『シカし、健寅とか云ふドエライ目を剥いた宣伝使は何処へ逃げたのかイ、酋長さまは居らつしやらぬじやないか』
甲『只今ナ、天から日の大神様とか日の入の神様とかいふお方がヒヨツクリコと現れて三五教の宣伝歌を歌はれたのだ。さうするとウラル彦の乾児の健寅彦奴が、あの大きな目をサツパリ閉ぎよつて、デカイ頭を拘へて縮こまつて了つて、終ひには野鼠のやうに小鼠と一緒に山の奥へ逃げて行きよつたよ。そして酋長さま夫婦に日の暮とやらの神様が、ウラナギとかウラナミとかいふ名を下さつて酋長さま夫婦は喜ンで、この山へドンドンお出で遊ばしたのだワ』
鹿『何ツ!、ウラ那芸? ウラル彦の為にナギな目に会つたのでウラナギといふのかい』
甲『知らぬわい』
乙『知らぬなら言うてやらうか。ウラナギぢやない、ツラナギぢやぞ。その名の因縁はマア、ザツトこの方の申す通りだ。エヘン、ツラツラ惟みるにツライこの世にツライ目して蛸をツラれて聞きヅライ宣伝歌を聞かされて好いツラの皮ぢや。俺アもう首でもツラねばならぬかと思ふほどツラかつた。それをツライとも思はずにジツとして耐へて御座つて、酋長さまはツライナンギを辛抱し、外へ落す涙を内へ溢して素知らぬ顔して飲みたい酒も呑まず、鋭い刃を目の前へ突きつけられ、ツラを晒されても何のツラからうといふやうなツラ構へをしてござつたのぢや。それでツラナギの神、ツラナミの神さまだ。分つたか』
鹿『へー、ツラツラと大きな面をしよつて何劫託をツラねさらすのだい。そンな事を聞かされるのも良いツラの皮だ。ヤイ、そこいらにウラル彦の宣伝使が酒でも忘れて行きよりやせぬかなあ』
 一同四辺を見まはして、
『おゝ彼処にも此処にも沢山徳利を置いとるわい。ロハの酒なら呑ンでやろかい』
甲『ヤイヤイ、おけおけ、それを呑む位なら俺達は、こンな辛い目はしやせぬのだよ』
乙『きまつた事だい。彼奴の前なり、酋長の前だから、気張つてゐたが、健寅彦の居らぬ後なら何ぼ飲ンだつて分らぬぢやないか。宣伝使の前で飲むのは剛腹だからなア』
丙『それでも神さまは見てござるぞ。おけおけ』
 斯く言つて口々に喋てゐるところへ、現はれたのは酋長の妻面那美の神なりき。面那美の神は一同に向ひ、
『お前達は神様の教を守つてよく忍むでくれた。これからは妾が酋長となつて、お前たちを守つてやる。我が夫は今日より三五教の宣伝使となつて、世界の人民を助けにお廻り遊ばすのだよ。今までは此の小さい白雪郷だけ守つてゐたが、もはやそンな時期ではない。こンな郷位は妾一人で沢山だから、今日限りこの郷を御出立遊ばすのだから、お前たちもお暇乞ひにこの山奥まで出てくるがよい。ウラル彦の宣伝使のやうに酒ばかり飲むことは出来ぬが、今日は門出の祝だから、充分に酒も飲むがいい』
乙『それ見たか、今日は飲ンでもいいつて最前から俺が言つたじやらう。そこいらにウラル彦の宣伝使が残した酒がある。みんな飲ンでやらうかい』
 一同は先を争うて、その徳利を拾い上げて飲みはじめたるを、面那美の神はこの光景を見て顔をしかめ、
『人間といふ奴は口卑しいものだなア。あゝこれでは夫の留守番もなかなか大抵ぢやなからう。兎も角何ごとも神様にお任せするより外に仕方がない』
と独り言を言ひながら小声になつて宣伝歌を歌ひ、もと来し道へ引返し行く。老若男女は片手に徳利を抱へながら、姫神の後に従つて山奥に進み入るに、少し平坦なる処に、日の出神は酋長と共に美しき女性の前に端坐しゐたり。この女性は前に述べたる祝姫の宣伝使なり。祝姫は健寅彦の数多の弟子共に取り囲まれ、酒と剣とを以てこの酋長のごとくに責められたりしが、少しも恐れず、諄々として、三五教の教理を説き諭しければ、一同は大いに怒りて祝姫を今や打殺さむとなす折しも、日の出神現はれ来りて大音声に宣伝歌を歌ひたる。その声に何れも縮み上り、コソコソと四方八方に姿を潜めし際なりける。
 ここに日の出神、面那芸の神、祝姫の三柱は白雪山を下り、一たん白雪郷の酋長の家に一泊し、歓びを尽して宣伝に出発したりける。
(大正一一・一・三〇 旧一・三 桜井重雄録)
(第八章~第一二章 昭和一〇・二・二二 於増田分院 王仁校正)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
【霊界物語誕生百周年】
大正10年(1921年)10月18日に王仁三郎が霊界物語の著述を開始してから
令和3年(2021年)10月18日で百年目を迎えます。
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2020 Iizuka Hiroaki