王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第7巻 霊主体従 午の巻
文献名2第7篇 日出神
文献名3第33章 回顧〔333〕
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじ月日の駒は矢のごとく速く過ぎ、瑞霊に縁の深い、壬戌の正月五日となった。
思えば去年の今日は、大阪でわざひとに導かれて暗い根の国の門を潜った。大正日々新聞副社長・高木鉄男氏が門前に送って来てはくれたが、月は西天に輝けども、心は曇り、牢獄の中に囚われた、思い出深い夕べであった。
神の恵みの幸いに、神世の物語を説き始めて、外山、谷口、桜井、加藤の四人の御子に筆を揮わせてつづっていく。心の駒ははやるがなかなか進まない口車、ようやくここに三百三十三節を説き明かす。
秋の最中に筆を取って、今は心も清い白雪が一面の銀世界、すべての枉を清めている。錦水亭の奥深くに悩みの身を横たえて、世人のために言挙げるのは、日の出神のご活動である。
日出づる国の礎を永遠に建てて神の教えを敷き、熊襲の国人たちに光まばゆい水晶の三つの御魂を与えたという、実にめでたい物語である。
花咲く春の三月三日、菖蒲も薫る五月の空には、いつかは胸の闇も晴れるであろう。黒白も分からぬ闇の夜が、光となるのは苦しいことだ。証となるのは尊いことだ。
夢か現か、夢ならばいつかは醒めよと、現身のこの世を思う赤心が朱に染めなす紅葉のように、往事を極めようと先を争ってくる人の魂の証と、教え子が先を争い筆を取る、神の守護もいや深い霊界物語。
語りつくせぬ言霊が清いのは、神の心である。この神心よ、世人の心よ、片時でも鏡に映れよ。真澄の空は行く雲の定めなき、昨日に変わる今日の雪。神を力に教えを杖に、身は高砂の尉と姥、尉と姥との御教えを末永く守れよ。
三千年がその間、守り育てた園の桃を、天津御神に奉る。神の化身の西王母が心の花の開く時、心の花の香る時。世を思う心が胸に満ち、三千年の神の教えを開く今日である。
主な人物 舞台 口述日1922(大正11)年02月01日(旧01月05日) 口述場所 筆録者加藤明子 校正日 校正場所
OBC rm0733
本文の文字数869
本文のヒット件数全 0 件/=0
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  月日の駒は矢の如く、瑞霊に縁ある、壬戌の正月の、神の御稜威を照すてふ、心の帳も七五三の内、睦月五日となりにけり。思へば去年の今日の日は、難波の水の都より、思ひがけなきわざひとに、導かれつつ烏羽玉の、闇より暗き根の国の、門を潜りしその夕、大正日々副社長、高木鉄男氏門前に、送り来りし夜見の庭、月西天に輝けど、心は曇る暗の夜の、牢獄の中に囚はれし、思ひ出深き夕なり。神の恵の幸はひて、奇しき神世の物語、清く流るる和知川の、辺に近き松雲閣、一の巻より説き始め、外山、谷口、桜井、加藤、四人の御子を命毛の、筆を揮はせ綴り行く、心の駒は逸れども、進み兼ねたる口車、やうやう茲に三百三十三節の、歩も慣れぬ神の道、辿り辿りて説き明す、これの霊界物語、言葉の綾や錦織る、秋の最中に筆執りて、心も清き白雪の、地は一面の銀世界、総ての枉を清めたる、錦水亭の奥深く、悩みの身をば横たへて、世人のために言挙ぐる、日の出神の御活動、世の黒雲を吹き払ひ、日出る国の礎を、堅磐常磐に経緯の、神の教を敷島や、煙草に心慰めつ、熊襲の国の醜人に、光眩ゆき水晶の、三つの御魂を与へたる、実にも目出度き物語、花咲く春の三月三日、菖蒲も薫る五月空、いつかは晴れむ胸の闇、黒白も分かぬ闇の夜の、光となるぞ苦しけれ、証となるぞ尊けれ。夢か現か夢ならば、いつかは醒めよ現身の、この世を思ふ赤心の、紅に染めなす紅葉の、妻恋ふ鹿の奥山の、しかと往事を極めむと、先を争ひ来る人の、魂の証と教子が、先を争ひ筆を執る、神の守護も弥深き、これの霊界物語、語り尽せぬ言霊の、清きは神の心かな。嗚呼この神心神心、世人の心片時も、鏡に写れ真澄空、空行く雲の定めなき、昨日に変る今日の雪、神を力に教を杖に、身は高砂の尉と姥、尉と姥との御教を、千歳の松の末長く、守れよ守れ百の人、三千年がその間、守り育てし園の桃、天津御神に奉る、神の化身の西王母が、心の花の開く時、心の花の薫る時。
 世を思ふ心は胸に三千歳の
  神の教を開く今日かな

(大正一一・二・一 旧一・五 加藤明子録)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia』がオープンしました(2019/3/15)
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。凡例はこちら。/データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2019 Iizuka Hiroaki