王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第7巻 霊主体従 午の巻
文献名2第8篇 一身四面よみ(新仮名遣い)いっしんしめん
文献名3第43章 神の国〔343〕よみ(新仮名遣い)かみのくに
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日2020-05-06 19:38:28
あらすじ日も沈むころ、筑紫の都の町外れでは、ウラル教の宣伝使が住民たちに囲まれていた。ウラル教の宣伝使は、元常世城の使臣・蚊取別であった。住民たちは、三五教の教えを守る筑紫の国でウラル教の宣伝をするとはけしからぬと、蚊取別を責め立てる。蚊取別は責められて歌に自分の履歴を歌った。住民たちは面白がってなおも蚊取別を責め立てる。すると闇の中から宣伝歌が聞こえてきた。
主な人物 舞台 口述日1922(大正11)年02月02日(旧01月06日) 口述場所 筆録者奥村芳夫 校正日 校正場所 初版発行日1922(大正11)年5月31日 愛善世界社版260頁 八幡書店版第2輯 127頁 修補版 校定版269頁 普及版110頁 初版 ページ備考
OBC rm0743
本文の文字数2434
本文のヒット件数全 0 件/ウラル教=0
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  日は西山に傾いて、塒に帰る群鴉、遠音に響く暮の鐘、ゴーンゴーンと鳴り渡る、四面暗澹として寂寥の気に包まれたる筑紫の都の町外れ、前方に当つて数十人の口々に叫ぶ騒々しき物音聞えきたる。四人の宣伝使は何事ならむと、声する方に足を早めて進み寄り、暗に紛れてジツとこの様子を伺ひゐたり。見れば数多の篝火をドンドン焚いて数十人の人々、頭の光つた瓢箪面の男を中に置き、
甲『ヤイ、貴様は蚊蜻蛉とか蚤取とか、蚊取とか吐かす禿頭の、瓢箪面を下げよつて、自分の頭のやうな瓢箪を腰にブラブラと沢山にさげて、ウラル彦の宣伝歌を歌つて「飲めよ騒げよ一寸先や闇の夜、闇の後には月が出る」とは何をほざきよるのだい、これを見いこの空を。一の暗みの真の闇夜ぢやないか、月が出るなら出してみい。篝火を焚かな分らぬ様な闇の晩に、月が出るなンて、ヘン大方ウソ月が出るだらう。それ見い貴様の月は、頭に附いてゐながら分るまいが、篝がついてゐるわ。貴様のド頭は月の様に光つてらあ、闇の後に月が出るとは自分の禿頭の自慢だらう』
乙『此処を何と心得てる。白日別といふ立派な御方の鎮まり遊ばす都だぞ。勿体無くも黄金山の麓に現はれ給うた三五教の神の教を守る神の国だ。宣り直せ、云ひ直せ』
蚊取別『ハイハイ宣り直します。どうぞ許して下さいませ』
乙『宣り直すなら許してやらう、さあ早く宣り直さぬか』
 蚊取別は慄ひ声を出し妙な疳声を張りあげて、
『飲むなよ、騒ぐなよ、一尺先は闇の夜、闇の夜さには月は出ぬ』
乙『馬鹿、何吐かしよるのだい。なほ悪い、もつと確り宣り直さぬか』
 蚊取別は悲しさうな声を出して、
『私は馬鹿な生れつきで俄に宣り直すと云つたつてロクな事は宣れませぬ。どうで貴方がたのお気に召す様な事はございませぬが、宣れとおつしやりや仕方が無いが、命あつての物種だ。死ぬ代りに一生この歌を歌ひ通さうと思うてゐた決心を破つて、マー一遍宣り直して見せませう「除けよ、妨げなよ一同の者よ、散れよ散つた後では酒を飲む」ヘイヘイ』
乙『こいつは益々馬鹿だな。俺が教へてやろ、しつかり聞け、かう吐すのだ。「伸べよ、栄えよ、一寸咲いても神代、神の国には月が照る」よいか、サア云うたり、云うたり』
 蚊取別は頭をなでながら、
『ハイハイ、ま一遍云うて下さいな、忘れました。ハイ』
『忘れると云ふことがあるか、武士の言葉に二言はないぞ、考へ出して宣り直せ』
『ノ、エー、ノ、エー、ヘイヘイ』
乙『早く云はぬか』
『ハイハイ、ノ、ベ、ヨ、酒樽、ヘ、ヘ』
『ドツコイ違ふぞ、酒樽なンて、直に酒の事を吐かしよる。伸べよ、栄えよと、かう云ふのだい』
『カ、カ、勘忍して下さい、その代りに私の懺悔を致します。そンな六ケ敷いことは覚えられませぬ』
『ソラ面白からう。一つ汝の履歴を云つて見い。ドウデ碌な事はあるまい』
『ドウデ私は碌でなし  常世の国の常世彦
 常世の姫に見出され  常世会議に曳出され
 喉に詰まつて一言も  口も利けない悲しさに
 常世の城を放り出され  美山の彦の宣使さまに
 拾ひあげられ鬼城山  ナイヤ河原の水汲みと
 仕へて又も馬の世話  うまいこと云うて麻柱の
 神の教の宣伝使  春日の姫や月照彦の
 ドエライ神を馬に乗せ  道に大足彦の司
 聾になつた宣伝使  砦の中に引込みて
 美山の彦に御褒美を  頂戴しやうと思うたら
 的が外れてしくじつて  一度は降参したけれど
 酒が飲みたい飲みたいと  喉の虫奴が吐すので
 思ひ切られぬ身の因果  これほど甘い酒の味
 私は死ンでも止めないと  再び心を翻し
 ウラルの彦の宣伝歌  歌うて居たら何処となく
 大中教の宣伝使  私の前に現はれて
 貴様はよつぽど偉い奴  酒を飲め飲め酒なれば
 いくらなりとも貢いでやらう  世界の奴を悉く
 酒に酔はして泡吹かせ  魂を蕩かし身を砕き
 天下万民メチヤメチヤに  やつた所でウラル彦
 ウラルの姫が現はれて  枉津の国としてしまふ
 それの使の宣伝使  蚊取別とは俺のこと
 筑紫の国までやつて来て  酒を飲むなとは情ない
 これがどうして止められよか  好きな酒をば止めるなら
 一層死ンだがましであらう  あらう事かあるまい事か
 訳の判らぬ下戸たちに  好きな酒をば止められて
 私は立つ瀬がないわいのー  妻も子供も振捨てて
 酒で苦労をする私は  何と因果の生れつき
 名酒ないではないかいな  酒も酒も世の中に
 酒ほど甘いものあろか  四百種病の病より
 辛いは酒を止める事  止めてたまろか此酒を
 飲まず嫌ひは止めにして  皆さま一つ飲ンで見よ
 飲めよ騒げよ一寸先や闇の夜』
『コラ又吐すか。おいおい皆の奴、あの禿頭をかち割つてやれ』
『はいはい悪うございました。私が悪いのではございませぬ、皆飲ンだ酒が悪いのです。サケ、サケ困つたことになつたものぢや』
 群衆は蚊取別を中に置いて見せ物のやうに面白がつて嘲弄つて居る。闇の中から、
『伸べよ栄えよ一寸咲いても神世  神の国には月が照る
 月より明い大空の  日の出神が現はれて
 天津御空に高照彦の  神の命の宣伝使
 酒の悪魔も祝姫  蚊取の別が今茲で
 面を曝した面那芸の  司の命の宣伝使
 一度に開く梅の花  花は紅葉は緑
 結ぶ実は神の国  結ぶ実は神の国』
と闇を破つて宣伝歌は聞え来たりける。
(大正一一・二・二 旧一・六 奥村芳夫録)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
【霊界物語誕生百周年】
大正10年(1921年)10月18日に王仁三郎が霊界物語の著述を開始してから
令和3年(2021年)10月18日で百年目を迎えます。
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2020 Iizuka Hiroaki