王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第7巻 霊主体従 午の巻
文献名2第9篇 小波丸よみ(新仮名遣い)さざなみまる
文献名3第50章 三五○〔350〕よみ(新仮名遣い)さんごのつき
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ苦集滅道 道法礼節 データ凡例 データ最終更新日2020-05-06 19:53:26
あらすじどうしたはずみか、竜宮城の海面に指しかかった船は、エルサレムに着かず、方向違いの岸に着いた。そこには不思議にも、月照彦神、足真彦、少名彦、祝部、弘子彦の五柱の神がずらりと立っていた。そして、北光神、祝姫、蚊取別を差し招いた。五柱の神司はものも言わずにどんどんと岩山を登っていく。後を追う三人は何心なく汗を流して付いて行く。五柱はときどき後を振り向いて三人を手招きする。登ってみると、そこには大小四十八個の宝座が設けられている。そして、種々の立派な男神・女神が鎮座して、苦集滅道・道法礼節を説示していた。五柱の神は、三人をいちいち宝座に案内し、現・幽・神三界の実況を鏡のように写して見せた。蚊取別は、素晴らしい女房を得た上に、三千世界の有様を写して見せてもらった嬉しさに、踊り狂って千丈の岩の上から岩と一緒にグワラグワラと谷底へ落ち、ひっくり返ってしまった。その物音に驚いて目を開くと、口述者瑞月の身は、高熊山の蟇岩のふもとの松に、背を当てて座っていたのであった。
主な人物 舞台 口述日1922(大正11)年02月02日(旧01月06日) 口述場所 筆録者加藤明子 校正日 校正場所 初版発行日1922(大正11)年5月31日 愛善世界社版308頁 八幡書店版第2輯 145頁 修補版 校定版319頁 普及版130頁 初版 ページ備考
OBC rm0750
本文の文字数1173
本文のヒット件数全 0 件/三五=0
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  如何した機みか竜宮城の海面に指しかかつた船は、ヱルサレムには着かずして方向違ひの此方の岸に着きゐたり。
 此処は不思議にも月照彦神、足真彦、少名彦、祝部、弘子彦の五柱が、ズラリと立ちゐたり。さうして北光神、祝姫、蚊取別を麾いた。五柱の神司はものをも云はず、ドンドンと崎嶇たる岩山を目がけて登り行く。三人は何心なく汗を流してその後に跟いて行く。先に立つたる五柱は恰も雲を走るが如き速力で岩山を登つて行く。さうして五柱は時々後を振向きて三人を手招きする。三人は吾劣らじと汗塗になつて岩山を駆け登りける。
 登りて見れば大小四十八箇の宝座が設けられてあり。さうして其処には種々の立派な男神、女神が鎮座して、苦、集、滅、道を説き、道法、礼節を開示して居る。五柱の神司は三人に向ひ、一々その宝座に案内をなし、さうして現、神、幽三界の実況を鏡のごとく写して見せたりける。蚊取別は余りの嬉しさに額をやたらに叩き、
『あゝ今日は何と云ふ結構な日柄であらう。好きな好きな世界で一番好きな、惚れた惚れきつた、可愛い可愛い一番可愛い、美しい美しい世界に無いやうな美しい祝姫の宣伝使と夫婦の約束を結ンだ。あゝ嬉しい嬉しいほンとに嬉しい。これほど嬉しいその上に結構な結構な五柱、立派な立派なほンとに立派な、結構な神司に導かれて、高い高い天程高いこの山に導かれ、広い広い限りも無いほど広い、三千世界の有様を綺麗な鏡に写して見せて貰つて、阿呆な私も賢うなつた。真実に誠に賢うなつた。女房喜べ、おつとどつこい祝姫よ。私はお前の夫ぢや程に、堅い堅いほンとに堅い、この岩の上で堅い堅いほンとに堅い、夫婦の約束結ぼぢやないか、あゝ嬉しい嬉しい、どつこいしよどつこいしよ。たとへ天地が動いても、私とお前は先の世かけて、ミロクの世までも変りはしよまい、北光彦の宣伝使、がんちイヤ片目の神の固めた仲ぢや。千代の礎万代の固め、固い約束、金輪奈落、心の底まで打ち解けて、天と地とに一人の男、天と地とに一人の女、こンな目出度夫婦があろか、俺の頭は南瓜であろが、瓢箪面であらうとも、そンな事にはかぼちや居られない。祝へよ祝へ岩の上、祝へよ祝へ岩の上、踊つた踊つた祝姫よ。どつこいしよう、どつこいしよ。俺が踊るに何故踊らぬか、オツト分つた神様の前ぢや、耻かしがるのも無理はない、祝へよ祝へよ岩の上、どつこいしよ どつこいしよ』
と踊り狂うて、千丈の岩の上からグワラグワラと岩と一緒に谷底へ引繰返つた。その物音に驚いて目を開いて見れば豈に図らむや十三夜の瑞月は天空に輝き、口述著者の瑞月の身は高熊山の蟇岩の麓の松に脊をあてて坐り居たりける。惟神霊幸倍坐世。
(大正一一・二・二 旧一・六 加藤明子録)
(第三九章~第五〇章 昭和一〇・二・二五 於天恩郷 王仁校正)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
【霊界物語誕生百周年】
大正10年(1921年)10月18日に王仁三郎が霊界物語の著述を開始してから
令和3年(2021年)10月18日で百年目を迎えます。
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2020 Iizuka Hiroaki