王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第8巻 霊主体従 未の巻
文献名2前付
文献名3凡例
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじ第七巻までは各巻五十章ずつ編集していたが、本巻以降は特にそういった章数の制限を設けていない。
第六篇「黄泉比良坂」は、瑞月大先生がかつて五六七殿において講演された、古事記の言霊解である。
本館は南アメリカ(高砂洲)における宣伝隊の活動を口述されたものである。蚊々虎(珍山彦)という木花姫命の化身が面白おかしく誠の道を説き諭す様が描かれています。
栗原古城氏の「青い鳥のおしへ」の序文には、神の霊智と慈愛の極地に達した真の哲人は、われわれ俗衆に向かって説法するとき、夢物語のごとく御伽噺のごとく、架空談のように説くが、それが敬虔な心をもって深く考慮する人の心にとっては、この上ない霊性と霊感の源泉なのである、とあります。
霊界物語もまったくこのようなものであると信じます。われわれの工夫と修省によっては凶を変じて吉となし、禍を転じて福とし、地獄の焦燥・苦悩から、天国楽土へ無事に到着することができるのである。
主な人物 舞台 口述日1922(大正11)年02月11日(旧01月15日) 口述場所 筆録者編者 校正日 校正場所
OBC rm080002
本文の文字数888
本文のヒット件数全 1 件/木花姫=1
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文 一、第七巻までは各巻五十章宛として編輯したものでありましたが、本巻以後は別にその制限を設けず随意編輯することにしました。なほ参考資料として瑞月大先生がかつて五六七殿において講演されました古事記の言霊解を添附して置きました。
二、本巻は南亜米利加(高砂島)における宣伝隊の活動状況を口述されたものでありまして、蚊々虎(後に珍山彦)といふ木花姫命の化身が面白可笑しく、誠の道を説き諭す実況が巧みに描き出されてあります。
三、要するに栗原古城氏が「青い鳥のをしへ」の序文に、
『神のやうな霊智と、慈愛との極致に達した真の哲人が、吾々俗衆に向つて説法する時には、直接吾々に「斯くせよ」「斯くするな」と命令することはありませぬ。彼の為すところは、月の照るが如く、花の笑ふが如く、ともすれば雷霆の轟くが如く、狂颶の叫ぶが如くであります。彼の言ふところは、取留も無き一場の夢物語の如く、或は少年の喜ぶお伽噺の如く、それを受ける人の心によつては、全く何の意味も成さぬ架空談としか見えませぬが、敬虔の心を持して深く考慮する人の心には、真にこの上も無き霊性の糧であり、霊感の源泉なのであります。彼らは好んで高遠な思想を卑近な象徴に托し、迂路を辿つて吾々の心の眼を開かせやうとします。或は又、彼らの思ひ邪無き心から無意識に湧出した言葉が、斯る深甚微妙の意味を備へて現はれます。孰れにせよ、吾らは彼らの「考へよ」と言つた形式に従つて考へねばなりませぬ。斯うすれば吾らの心の眼が漸次開けて往つて、彼らと自ら霊犀相通じて、共に手を握つて楽むところまで行けないとも限りませぬ』
とあります通り、「霊界物語」も全くこのやうなもので、実に言語に絶した無限の意味があるものと信じます。すなはち吾々の工夫と修省とによつては、凶を変じて吉となし、禍を転じて福とし、地獄の焦燥苦悩より花笑ひ鳥歌ふ天国楽土へ無事到着することができるのであります。
  大正十一年二月十一日 紀元節の夕
      亀岡 瑞祥閣に於て 編者識
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia』がオープンしました(2019/3/15)
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。凡例はこちら。/データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2019 Iizuka Hiroaki