王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第8巻 霊主体従 未の巻
文献名2前付
文献名3総説
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじ第一次大本事件の三日前の夜半、松雲閣に横臥する瑞月の枕元に、忽然として教祖のご神影が現れた。そして指示桿をもって、畳を三四回打ちたもうた。
馬に鞭打つごときその御模様に、瑞月は直ちに起き上がって、いよいよ明日から神界の御命のごとく、霊界物語の口述に着手いたします、と申し上げた。
すると教祖は打ちうなづき、莞爾として神姿を隠したのである。それより、いよいよ昨年十月十八日から着手することとなりましたが、教祖のご加護により、第八巻を口述し終わることができた。
読者の中には、霊界物語は教祖のご意思に反した著述であると誤解されている方々もあるように聞いている。その誤りを説くために、総説に代えてここに本書出版が教祖の神のご神慮より出た理由を簡単に説明したのである。
主な人物 舞台 口述日1922(大正11)年02月11日(旧01月15日) 口述場所 筆録者王仁 校正日 校正場所
OBC rm080003
本文の文字数606
本文のヒット件数全 4 件/教祖=4
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  最も戦慄すべく、最も寒心すべき猛鷲の、暗雲の中より飛来して、聖処を荒し暴威を振はむとする三日前の夜半、松雲閣に瑞月が心淋しく横臥せる枕頭に、忽然として現はれたまへる教祖の神影、指示桿を以て、三四回畳を打ち賜ふ様、恰も馬に鞭打つが如きその御模様、瑞月は直ちに起き直り、頓首合掌しながら、『いよいよ明日より神界の御命の如く霊界物語の口述に着手致しますから、御安心下さいませ』と申上げるや、直ちに打ちうなづき莞爾として貴き麗しき神姿を隠させ賜ひました。それよりいよいよその翌日なる昨年十月十八日より着手することになりましたが、教祖の御加護日に月に加はり御蔭を以て病気中にもかかはらず、漸く第八篇を口述し了る事を得ました。
 神代に於ける神々様の世界宣伝の御模様は、本篇よりいよいよ明瞭になつて来ます。読者の中には霊界物語は教祖の御意志に反したる著述の如く、誤解されて居る方々もある様に聞きますから、その誤りを解くために総説に代へ、一言茲に本書出版の教祖の神の御神慮に出でたる理由を簡単に説明して置きます。
  大正十一年二月十一日 紀元節に
      王仁
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)by オニド /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。凡例はこちら。/データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
(C) 2016-2018 Iizuka Hiroaki