王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第8巻 霊主体従 未の巻
文献名2第1篇 智利の都よみ(新仮名遣い)てるのみやこ
文献名3第3章 身魂相応〔353〕よみ(新仮名遣い)みたまそうおう
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日2020-05-30 21:37:03
あらすじ猿世彦と駒山彦は、清彦が立て板に水でしゃべり続けるのに感心して、手を放し、ひとつ宣伝を聞かせてくれ、と頼んだ。清彦は、頓珍漢な説教を猿世彦・駒山彦に聞かせている。しまいに駒山彦は清彦を怒鳴りつける。先客はおかしな問答にわっと笑いさざめく。このとき船の一隅より、ひとりの神人が立って宣伝歌を歌い始めた。日の出神は、清彦が殴られながらも耐えて言霊で返していたその忍耐の真心を賞賛した。清彦は日の出神の姿を見て伏し拝み、落涙に咽んでいる。
主な人物 舞台 口述日1922(大正11)年02月06日(旧01月10日) 口述場所 筆録者高橋常祥 校正日 校正場所 初版発行日1922(大正11)年6月15日 愛善世界社版20頁 八幡書店版第2輯 158頁 修補版 校定版21頁 普及版10頁 初版 ページ備考
OBC rm0803
本文の文字数2357
本文のヒット件数全 5 件/三五=5
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  猿世彦、駒山彦双方一度に、清彦に掴みかかりし手を放して、猿世彦は、
『清彦、貴様は矢張り宣伝使だ。脱線したことを上手にベラベラと饒舌りよる。たとへ間違うてをつても、それだけ弁が廻れば穴があつても、塞がつて了ふワ。法螺の通る名詮自称の三五教の宣伝使様だよ。よう大きな法螺を吹いたものだ。一つ退屈ざましに聞かして貰はうかい』
清彦『宣伝使にお訊ねするのに聞かして貰はうかいとは失敬な、懸河の弁舌、布留那の雄弁者とは此方のことだよ。身魂も清き清彦の聖き教を耳を清めてトツクリと聴け』
猿、駒『偉い権幕だなあ、宇宙万有一切のことを説き諭すといふ宣伝使様だ。なんでも御存じだらう』
清彦『勿論のことだ。三千世界のことなら、何でも問うてくれ。詳細なる解決を与へて遣はすとは申さぬワイ』
猿世彦『三千世界で思ひだした。三五教には三千世界一度に開く梅の花、開いて散りて実を結ぶとか、時鳥声は聞けども姿は見えぬ、とかいふ教があるねー。ありや一体何といふことだい……ドツコイ…… 何といふことですか、謹んで御教示を承はりませう』
駒山彦『ソナイに叮嚀に言うと損がいくよ』
猿世彦『黙つてをれ、只で言はすのだもの』
駒山彦『貴様は猿世彦の他人真似を、また他処でしやうと思ふて訊くのだらう』
猿世彦『モシモシ清彦の宣伝使様、最前の三千世界の話を聞かして下さいナ』
清彦『エヘン、オホン、アハン』
猿世彦『また五十韻か』
清彦『俺の癖だ、マアしつかり聞け。三千世界一度に開く梅の花といふことはナ、今日の世の中は米喰ふ虫が沢山殖えてきて、おまけに遊ぶ奴ばかりで、米が足らぬ。一方には一年中米の顔を見たことの無い、草や木を食つてをる人間もあるのだ。それで神様は誰も彼も苦楽を共にせよと仰有つて、世界中がお粥を食へと仰有るのだよ。それも一ぺんに五膳も、八膳も食うてはいかぬ。一ぺんに三膳より余計はいかぬ。そこで三膳にせー粥一度といふのだよ』
猿世彦『成程それも面白いが、開く梅の花といふのは如何だい』
清彦『大きな口を開いて、五郎八茶碗に粥を盛つて、お前たちのやうな鼻高が粥を啜ると鼻が粥に埋つてしまふのだ。それで開く埋めの鼻だ。開いて散りて実を結ぶといふことは天井裏に鼠の走る姿の映るやうな薄い粥でも吸うとると、ちつとは米粒の実をスウのだ。それで大きな口を開いて、ちつと実をもスウといふのだよ』
猿世彦『人を莫迦にしよる。清彦、真面目に説教をせぬかい、またブンなぐるぞ』
清彦『貴様たちにコンナ高遠無量なる神界の経綸を話して聞かしたつて、耳の三五教だもの真正の事が耳に這入る様になつてから聞かして遣らう。この三五教は身魂相応に取れる教だから、初めて三つ子に聖賢の教を説いたところで、石地蔵に説教するやうなものだ。まして鱪や、蚯蚓の干乾に、真正のことを言うて堪るかい。身魂を早く研け、研いたら身魂相応の説教をしてやるワイ』
駒山彦『莫迦にしよるなイ。しかし長い浪の上の旅だから、軽口を聞くと思えば、辛抱ができる。モツト聞かしてくれ』
清彦『貴様らにわかる範囲内の講釈をしてやらうかい』
猿世彦『時鳥声は聞けども姿は見えぬといふことは、一体どういふことですかいナ』
清彦『そりや貴様の身体に朝夕ついてゐるものだ。粥を食ふと糞が軟かくなつて、雪隠にゆくとポトポトと音がするだらう。さうして後から芋粥の妄念がスーと出る。それで糞がポトポト、屁がスーだ。糞は肥料になつて利くから、こゑはきけどもだ。スーとでた屁の形は見えぬだらう。それで、スーとでた屁の姿は見えぬと神様が仰有るのだよ』
猿世彦『馬鹿ツ』
と大喝する。船客一同はワツと一度に笑ひさざめく。
 このとき船の一隅より容貌温順にして、寛仁大度の気に充ち、思慮高遠にして智徳勝れ、文武両道兼備せるごとき一大神人は起つて宣伝歌を歌ひ始めけり。
『波風荒きアラビヤの  筑紫の島を後に見て
 神の御稜威も高砂の  智利の都に進みゆく
 恵も広き和田の原  御稜威も深き海洋の
 底ひも知れぬ皇神の  仕組の糸に操られ
 心も和ぎし波の上  鬼城の山を後に見て
 慣れにし里を猿世彦  焦せる心の駒山彦が
 流れてここに清彦の  神の命の宣伝使
 右と左に詰寄つて  蠑螺の拳を固めつつ
 痛々しくも打かかる  身魂も清き清彦が
 堪へて忍ぶ真心は  皇大神の御心に
 叶ひ奉らむ天津日の  堅磐常磐に智利の国
 襤褸の錦は纏へども  心の空は照妙の
 綾の錦に包まれて  千尋の底の海よりも
 深き罪科贖ひて  今は貴き宣伝使
 三五教を開きゆく  吾は暗夜を照らすてふ
 日の出神の宣伝使  端なく此処に教の舟
 心を一つに托生の  救ひの舟に帆を上げて
 荒浪猛る海原や  黒雲つつむ常世国
 天の岩戸を押開けて  日の出神の神国と
 造り固めむ宣伝使  造り固めむ宣伝使』
と爽かに歌ひ出したる神人あり。清彦はこの声に驚き合掌しながら、日の出神の英姿を伏拝み、落涙に咽せびける。
(大正一一・二・六 旧一・一〇 高橋常祥録)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
【霊界物語誕生百周年】
大正10年(1921年)10月18日に王仁三郎が霊界物語の著述を開始してから
令和3年(2021年)10月18日で百年目を迎えます。
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2020 Iizuka Hiroaki