王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第8巻 霊主体従 未の巻
文献名2第1篇 智利の都よみ(新仮名遣い)てるのみやこ
文献名3第4章 烏の妻〔354〕よみ(新仮名遣い)からすのつま
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日2020-05-31 19:11:37
あらすじ明けて、日の出神は船中の人々に対して、天地の神の徳を説き諭していた。そこへ、一天にわかに掻き曇り、ものすごい風が吹きすさんで波は山岳のごとくになった。日の出神は声を張り上げて、宣伝歌の言霊を風に向かって述べ立てた。すると嵐は忽然と静まった。船中の人々は日の出神の神徳に感じて、進んでその教理を聴聞することとなった。ここに清彦は今までの罪悪をすべて悔改め、日の出神の弟子となり、高砂洲に宣伝を試みることになった。駒山彦と猿世彦は示し合わせて、追って高砂洲に上陸することになる。船中の旅人たちの噂話に、面那芸司が船旅の途中、海に沈んでしまったことを知った日の出神は、さっと不安の色を浮かべた。
主な人物 舞台 口述日1922(大正11)年02月06日(旧01月10日) 口述場所 筆録者東尾吉雄 校正日 校正場所 初版発行日1922(大正11)年6月15日 愛善世界社版26頁 八幡書店版第2輯 161頁 修補版 校定版28頁 普及版12頁 初版 ページ備考
OBC rm0804
本文の文字数2498
本文のヒット件数全 1 件/三五=1
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  波は高砂日は照り渡る  智利の都に月は澄む
と、船頭は節面白く海風に声をさらしながら唄ひはじめたり。日の出神は船中の人々に対して、天地の神の高徳を諄々と説き始めたる折しも、俄に一天掻き曇り、颶風吹き荒み、波は山岳のごとく立ちはじめ、今まで元気張つてゐた猿世彦、駒山彦は、蒼白な顔になり、片隅にブルブルと慄へゐる。数多の船客は、何れも船底にかぢりつき我が命は風前の燈火かと不安の念に駆られて、口々に何事をか祈り始めけり。
 船中は俄に人声ピタリと止り、ただ小さき祈願の声のするのみなりき。波の音はますます高く、時々潮を船に浴せて猛り狂ふ。この時日の出神は、声を張り上げて大音声に呼ばはりたまふ。
『高天原を知ろし食す  天の御柱大神の
 神勅畏み天の下  四方の国々隈もなく
 神の教を宣べ伝ふ  闇夜を照らす宣伝使
 日の出神の鹿島立ち  神の御ため国のため
 世人を救ふそのために  潮の八百路の八塩路の
 潮を分けつつ進み行く  吾は尊き神の御子
 瑞の教を謹みて  聴く諸人の真心を
 憫みたまへ天津神  救はせたまへ国津神
 科戸の神や水分の  正しき神は何事ぞ
 波路も高く竜神の  底の藻屑と鳴門灘
 渦巻わたる海原も  御国を思ふ真心の
 道に通ひし宣伝使  吾が言霊は天地に
 充てる誠の神の声  大海原を知ろし食す
 海原彦や豊玉姫の  神の命は今いづく
 神に祀れる玉依姫の  神の命はいま何処
 雨風繁く波高く  この諸人を脅かす
 大綿津見の枉神を  伊吹きに祓へ吹き祓へ
 伊吹き祓ふの力無く  吾が言霊の聞えずば
 吾はこれより天地の  神に代りて三五
 言挙げなさむ綿津神  科戸の彦や科戸姫
 疾く凪ぎ渡れ静まれよ  とく凪ぎ渡れ静まれよ』
と、清き言霊を風に向つて述べ立てたまへば、さしも猛烈なりし暴風も、車軸を流す大雨も、忽然として静まり、天津御空は黒雲の上衣を脱ぎて、紺碧の肌を現はし、日は晃々として中天に輝き、海の諸鳥は悠々として翼をひろげ、頭上に高く喜ばしき声を張り上げて、口々に叫びはじめけり。紺碧の海面は、あたかも鏡のごとく凪ぎ渡り、地獄を出でて天国の春に逢うたるごとき心地せられ、船中の諸人は、ほとんど蘇生したる面色にて、日の出神の身辺に寄り集まり、その神徳を感謝し、なほも進みて教理を拝聴することとなりぬ。船中の人々は日の出神の神徳に感じ、心の底より信仰の念を起し、なほも進みてその教理を聴聞したりける。
 ここに清彦は、今までの凡ての罪悪を悔い改め、日の出神の弟子となり、高砂島に宣伝を試むる事となりぬ。猿世彦、駒山彦は、清彦の後を追ひて、何事か諜し合せ、高砂島に上陸したりけり。
 またもや船中に雑談の花は咲き出でにけり。
甲『やれやれ恐ろしい事だつたのう。すんでの事で竜宮行きをする所だつたが、渡る浮世に鬼は無い、天道は人を殺さずとはよく言つたものだ。日の出神様がこの船に乗つて居られなかつたら、吾々は鱶の餌食になつて了つたかも知れない。若しもソンナ事があつたら、俺は死ぬのは天命だと思つて諦めるが、国に残つた妻や子が、どうして月日を送るだらう。女房が「あゝ恋しい民さまは」と云つて泣くかも知れぬ』
乙『コンナ処でのろけるない。貴様が死んだつて泣く者があるか。村中の悪者が無くなつたと云つて、餅でも搗いて祝ふ者もあらうし、貴様の嬶は、鹿公と入魂だから、邪魔が払はれた、目の上の瘤が取れたと云うて、餅でも搗いて祝ふかも知れぬよ。泣く者と云つたら烏か、柿の木に蝉がとまつて啼く位だ。アツハツハヽヽ』
民『馬鹿にするない、死んで喜ぶ奴が広い世界に有つて堪るか。天にも地にも、一人の夫一人の女房だ。俺が国許を出立する時、女房が俺の袂に縋りついて、ドウゾ一日も早う帰つて来て頂戴ネ、あなたのお顔が見えねば夜も明けぬ、日も暮れぬ、毎日高砂の空を眺めて待つて居ます、エヘン、あの優しい顔で泣きよつたぞ。そこを貴様に見せてやりたかつたワイ』
乙『馬鹿にするない。あの優しい嬶も有つたものかい、頭の禿げた神楽鼻の、鰐口の団栗目の、天下一品珍無類の御面相の別嬪を、烏だつて顧みるものは有りやしないよ』
丙『左様も言はれぬぞ。何時やらも野良へ出て働いて居る時に、側の森に烏が来よつて、カカア、カカアと呼んで居たよ』
民『ソンナ話は止めにして神様を拝まぬかい。また波でも立つたら、今度はもう助かりつこは無いぞ』
丁『此間も、面那芸の宣使さまとかが船に乗つて、筑紫の島から天教山へ行かれる途中に海が荒れて船は暗礁にぶつつかり、メキメキと壊れて了つた。そして客は残らず死んで了つたと云ふことだよ』
民『その面那芸の宣使はどう成つたのだ。ソンナ時には此処に御座る日の出神様の様に、何故神徳をよう現さなかつたのだらう。面那芸の司とは噂に聞く宣伝使でないか』
乙『さう、宣伝使だ。併し神徳が無いから、危急存亡の場合に人を救ふ様な事は、薩張りようセンデン使だよ。それで自分も一緒にぶくぶくと脆くも沈んで了つて、あゝあゝ苦しい辛い難儀な事に成つたと泡を吹いた。そこでつらなぎの司ぢや。誰も彼も皆辛い難儀な目に逢つて、つらなぎのかみに成つて了つたのだ。最前のやうに、清彦さまの様な説教をする宣伝使もあるし、若しも日の出神が此の船に乗つて居られ無かつたら清彦の宣伝使が、また面那芸の司の様な運命に成つたかも知れぬ。さうすれば俺らも皆面那芸のめに逢うとるのだ。日の出神様の御神徳を忘れてはならぬぞ、あゝ有難い、有難い』
と口々に私語てゐる。日の出神はこの雑談中に、面那芸の司の乗れる船の沈没した事を聞いて胸を躍らせ、その顔には、颯と不安の色漂ひにける。
(大正一一・二・六 旧一・一〇 東尾吉雄録)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
【霊界物語誕生百周年】
大正10年(1921年)10月18日に王仁三郎が霊界物語の著述を開始してから
令和3年(2021年)10月18日で百年目を迎えます。
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2020 Iizuka Hiroaki