王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第8巻 霊主体従 未の巻
文献名2第4篇 巴留の国
文献名3第29章 原山祇〔379〕
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじ五人の宣伝使(淤縢山津見、蚊々虎、駒山彦、高彦、五月姫)は、蚊々虎を先頭に宣伝歌を歌いながら城下に進んで行く。
城下の人々はこの様を見て、噂話をしている。それによると、さいぜん巴留の都へやってきた三五教の宣伝使は、鷹取別の手下によって瀕死の目に合わされた上、沙漠に埋められてしまった、という。
また、先ほど戻ってきた駱駝隊は、真っ青な顔で火の玉が出た、と言って逃げ帰ってきたという。
宣伝歌を歌いながら城下に迫ると、幾千とも数え切れないほどの天磐船が、北方指して逃げていくのが見えた。
高彦が見上げると、城のやぐらには、巨大な火の玉が五色の輝きを見せて空中に揺らいでいた。一同は思わず大地に平伏し、拍手をして天津祝詞を奏上した。
淤藤山津見は高彦を巴留の国の守護に任命し、原山津見と命名した。そして天教山に急使を馳せて、木花姫の認許を奏上した。
主な人物 舞台 口述日1922(大正11)年02月09日(旧01月13日) 口述場所 筆録者北村隆光 校正日 校正場所
OBC rm0829
本文の文字数2085
本文のヒット件数全 1 件/木花姫=1
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  五人の宣伝使は、巴留の城下を指して宣伝歌を歌ひ乍ら、ドンドンと進んで行く。蚊々虎は先頭に立ち眼を白黒し乍ら、前後左右に眼を配り、何時敵の襲来せむも図り難し、寄らば鉄拳を加へむと拳を握り、肩を怒らし、異様の足つきにて進み行く。城下には彼方にも此方にも三人、五人、十人と集つてこの宣伝使の扮装を見て、種々の噂をやつて居る。
甲『オイこの間来た宣伝使は、鷹取別さまに惨酷い目に遭つて、沙漠の中に埋められて仕舞ひよつたと云ふ事だが、今来た奴はよつぽど強さうな奴ぢや無いか。きつと仕返しに来よつたのだらう。また一つ面白い騒動がオツ始まるぜ。あのギロギロした眼の玉を見い。あんな眼で一つ睨まれたら、なんぼ御威勢の高き鷹取別さまでも、縮み上つて了ふぜ』
乙『何、あの腰を見よ、くの字に曲つて仕舞つてるぢやないか。偉さうに大道を大手を振つて、八王神の様に六方を踏んで歩いてるが、コンナ奴は腰のくの字のやうに苦もなく撮み出されてしまふよ』
甲『ヨウ、あれは何だ。素適な別嬪が居るぞ。気楽な宣伝使だなあ。嬶を伴れよつて、コンナ敵城下へ、歌を歌つて来るなんて、よほど度胸が無くては、やれた芸では無いぜ』
甲『たつた今、御城内の駱駝隊が豪い勢で行きよつたが、帰る時は蒼白な顔して火の玉が出たとか云つて逃げて帰つたでないか。彼奴は余程偉い奴だぜ』
 蚊々虎はこの声を耳に挿んで得意顔、
『オーイ、其処に居る人間共、今何と云つた、火の玉が出たと云つたらう』
一同『ハイハイ申しました』
『その火の玉は何処から出たのか分つてるか。勿体なくも三五教の宣伝使様の之が光つたのだよ』
と指で自分の眼を指して見せる。
高彦『コラコラ道草を喰はずにズツと行かぬか』
『何だい、人を牛か馬かのやうに吐かしよつて、何でも宜いワイ。蚊々虎さまに踵いて来い。恐相に五人の真中に這込りよつて、高彦、その態ア何んだ。矢面に立つのは矢張り蚊々虎さまだ。歌へ歌へ』
 一同は声を揃へて、
『神が表に現はれて  善と悪とを立別る
 傲り高振り世の人を  目下に見下す鬼瓦
 寒い暑いも知らず顔  天狗の鼻の鷹取別が
 巴留の都に現はれて  生血を搾り民草の
 汗や膏を吸うて飲む  神が表に現はれて
 善と悪とを立別て  誠のものは久方の
 天津御国へ救け往く  地獄のやうな巴留の国
 春は来れども花咲かず  秋は来れども実は実らず
 冬の寒さにブルブルと  慄ひ戦く民草を
 救けむ為めの宣伝使  巴留の都の人々よ
 神の教に目を醒せ  朝日は照るとも曇るとも
 月は盈つとも虧くるとも  たとへ大地は沈むとも
 誠の神の守ります  三五教は世を救ふ
 音に名高き淤縢山津見の  貴の命の宣伝使
 光り輝く蚊々虎の  二つの眼に照されて
 常世の枉津見逃げて行く  黒白も分ぬ五月空
 日の出神が現はれて  世界を照す五月姫
 四方に塞がる村肝の  心の駒山彦の司
 さしもに広き大沙漠  駱駝の背に跨りて
 神徳高き高彦の  道を教ふる宣伝使
 巴留の都の人々よ  眼を洗へ目を覚ませ
 眼を洗つて目を覚ませ  唯何事も人の世は
 直日に見直し聞き直す  誠の神の宣伝使
 怯めず怖れずドンドンと  吾らが前に現はれて
 救ひの道を早く聞け  救ひの船に早く乗れ
 乗り後れなよ神の船』
と歌ひ乍ら何の恐れ気もなく、鷹取別の城門に向ふ。このとき天空を轟かして幾千とも数へきれぬ天磐船、鳥船が北方の天高く姿を隠しける。
 淤縢山津見は平然として、
『アハヽヽヽさすがの鷹取別も言霊の偉力に恐れ宣伝歌に縮み上つて逃げよつたな。刃に衂らずして勝とはこの事だ。然し油断は大敵、一同の者気を注けられよ』
『何と宣伝使様、蚊々虎の言霊に限りますなあ。最前も最前と云ひ雲霞の如き大軍が吾々の鼻息に吹き散つたかと思へば、又もや吾々の宣伝歌に縮み上がつて逃げてしまつた。真実に何で是程、この蚊々虎は神力が多いのか知らぬ。吾ながら驚嘆するの外は無いぢやないですか』
『コラコラ貴様ばつかり功名を横取り仕様と思つても、さうはさせぬぞ。皆日の出神様の御守護だ。貴様は俺の目が光つたのだなんて法螺を吹きよつたが、あれを見よ。城の櫓の上に大きな火の玉が現はれて居るぢやないか』
 一同は櫓に眼を注げば、高彦の言のごとく皎々赫々たる巨大なる火の玉は、五色の輝きを見せて空中に揺らいで居る。一同は思はずアツと云ひ乍ら大地に平伏し、拍手して天津祝詞を奏上したり。茲に淤縢山津見は高彦をこの国の守護神として原山津見と命名し、急使を馳せて天教山の木花姫の御許に認許を奏上したりける。
(大正一一・二・九 旧一・一三 北村隆光録)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia』がオープンしました(2019/3/15)
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。凡例はこちら。/データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2019 Iizuka Hiroaki