王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第8巻 霊主体従 未の巻
文献名2第5篇 宇都の国よみ(新仮名遣い)うづのくに
文献名3第32章 朝の紅顔〔382〕よみ(新仮名遣い)あしたのこうがん
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日2020-09-02 04:40:35
あらすじ珍山峠の温泉に一同は七日間休息し、またもや珍の国を指して進んで行く。蚊々虎は駒山彦と軽口を叩きながら進んで行く。正鹿山津見は、珍の国が見える峠に立って、日の出神から珍の国を守るようにと厳命を受けたにも関わらず、巴留の国へ宣伝に旅立ってしまったために、このような目に合い、命を危険にさらしたことの反省を語った。蚊々虎は五月姫の気を探るようなたとえ話を面白おかしく話して一同の旅の慰めをしている。
主な人物 舞台 口述日1922(大正11)年02月09日(旧01月13日) 口述場所 筆録者東尾吉雄 校正日 校正場所 初版発行日1922(大正11)年6月15日 愛善世界社版215頁 八幡書店版第2輯 228頁 修補版 校定版219頁 普及版95頁 初版 ページ備考
OBC rm0832
本文の文字数2986
本文のヒット件数全 1 件/三五=1
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  珍山峠の谷間には、神の仕組か、偶然か、此処に不意くも温泉の側に邂り合ひ、滾々として尽きざる神の恵の温かき温泉に、日七日夜七夜、心身を浄め、又もや一行五人は神言を奏上し、宣伝歌を歌ひながら、徐々とこの峠を登り行く。漸く一行は珍山の山頂に到達したり。
 蚊々虎は、
『アヽアヽ、苦中楽あり、楽中苦あり、苦楽不二、善悪一如とは能く言うたものだ。汗をタラタラ流して苦しみてをれば、結構な温泉がチヤンと吾々に湯を湧かして「サア皆さま、永々御苦労であつた。嘸々お疲労でせう」とも何とも言はずに、不言実行の手本を見せて居る。又復この坂を汗みどろになつて登つてくれば、コンナ結構な平坦な土地があつて、涼しい風が吹いて来るワイ。極楽の余り風だ。本当に苦しまぬと、楽の味は判らぬワイ』
 駒山彦も、
『本当に結構だつた。○○の皺伸ばしだつたよ。貴様の面も余程皺が取れたよ』
 蚊々虎は、
『馬鹿を言ふない、俺は素から皺ナンテ有りやしないよ。貴様は何時も弱虫だから、一寸した事にでも顔を顰めよるから、自然に皺だらけだ。オイ勘定をして見よ、沢山な皺だぞ。四八三十二も寄つてるわ』
『よく饒舌る奴だなあ、口が千年ほど先に生れたのだらう』
『山に千年、海に千年、口に千年といふ劫を経た兄さまだよ』
『蟒みたいな奴だな。三千年経つて、初めて人間に生れると言ふのだが、貴様は何時人間に成るのだい』
『人間どころか、俺は神さまだよ』
『さうだらう。蚊だとか蚤だとか、虎だとか、虫のやうな、四つ足のやうな名をつけよつて、それで神様か。人の頭に止まつて、頭をカミ様。人間を引き裂いて喰ふ神様だらう』
『ヤイ、駒、貴様却々口が達者に成りよつたな。何時の間にか俺のお株を奪りよつて』
『決つた事だ、名からして駒さまだ。駒の如くに言霊がよく転ぶのだよ』
 正鹿山津見は、立つて東南方を指さし、
『淤縢山津見様、ズツと向ふに青々とした高山が見えませう、彼の国が珍の国ですよ。私は日の出神様に、「珍の国を守れよ」との厳命を受けました。然しながら、まだ外に尊い国がある様に思へて、何うしても気が落ちつかず、この峠をドンドンと登つて、夜を日に次いで巴留の都へ宣伝に行つたのです。さうした処が、今度は神様の戒めだと見えて、散々な目に逢ひ、お蔭で生命だけは助かりました。これを思へば、吾々は我を出すことは出来ませぬ。ただ長上の命令に従つて、神妙にお勤めするに限ると、ほとほと改心いたしました』
蚊々虎『アンナ細長い珍の国に、ウヅウヅして居るのも気が利かないと思つたのでせう。まだ外に結構な国が亜拉然丁と思つて、欲の熊鷹、股が裂けたと云ふ様なものですな、正鹿山津見さま』
 淤縢山津見は、
『コラコラ蚊々虎、貴様は直にそれだから困る。何故それほど言霊が汚いのか』
『これは怪しからぬ。貴方は私の発言権を妨害するのですか』
『いや、さうではない。あまりお喋りが過ぎると声が草臥れて、まさかの時に言霊の力が弱ると困るから気をつけたのだよ。それよりも峠に上つた祝に、気楽な世間話でもして、悠くりと休まうかい』
『ドンナ話でも宜しいか、貴方は発言権を決して止めませぬな』
『宜しい宜しい、何なと仰有れ。貴方の好きな話を、静に面白く願ひます』
『静に面白く話が出来ますか。貴方は無理を言ひますね。丁度、黙つてもの言へ、寝て走れ、睾玉喰はへて背伸びせよ、と云ふやうな御註文ですな。如何に雄弁家の蚊々虎でも、それ計りは御免だ』
 淤縢山津見は、
『さう気を廻して怒つては困る。何でもいい、一寸位大きな声でも構はぬ』
 蚊々虎は、芝生の上に大胡座をかき、
『エヽ、人間もいい加減に片付く時には片付くものだ。ある処に祝姫と云ふ古今独歩、珍無類、奇妙奇天烈、何とも彼とも言うに言はれぬ、素適滅法界の美人があつた。そのお姫さまを、彼方からも此方からも、女房にくれ、夫にならうと矢の催促であつたが、祝姫は、自分の容色に自惚れて、私は天下絶世の美人だ、アンナ人の嫁になるのは嫌だ、アンナ男を婿に取るのは、提燈に釣鐘だ、孔雀の嫁に烏の婿だ、あまりこの美人を見損ひするな。私もこれから、天下の宣伝使になつて一つ功を建て、偉い者になつた暁は、世界中の立派な男の、権威のある婿を選り取りすると言つて、どれもこれも、こぐちから肱鉄砲を乱射して居た。さうする間に、桜の花は何時までも梢に止まらず、
  花の色はうつりにけりな徒らにわがみ世にふるながめせしまに
と何処やらの三五教とか、穴ない姫とかが言つた様に、段々と顔に小皺が寄つて昔の色香は、日に月に褪せて了つた。それでも、何処やらに残る姥桜の其色は、実に素適滅法界のものだつた。祝姫は、何これでも偉者となりさへすれば、世の中は一ホド、二キリヨウ、三カネだと言つて、高く止まつて居つたが、たうとう天罰が当つて、私によう似た名の付いた、蚊取別といふ天下一品の禿ちやまの瓢箪面のヘツピリ腰の禿だらけの男と夫婦になつて、宣伝使になつた実際の話があるよ。五月姫さまも、いい加減に覚悟をせぬと、朝の紅顔、夕べの白骨で、見返る者は無いやうに成つて、清少納言の様に門に立つて、妾の老骨を買はぬかと言つたつて、買手が無くなつて了ひますよ』
 駒山彦は吹き出し、
『アハヽヽヽ、うまいのう、イヤ感心だ。然し蚊々虎、心配するな。此間も貴様が天狗と喧嘩すると云つて駆出した後で、五月姫さまが、「蚊々虎さまは本当に色こそ黒いが、快活な人ですね。妾あの人と一緒に宣伝に行くのなら、一寸も苦い事はありませぬわ。面白くて旅の疲労も忘れて了ふ」と言つていらつしやつたよ、ねえ五月姫さま、さうでしたね』
と顔を覗き込む。
 五月姫は、顔に袖をあてて愧かしげに伏向く。
蚊々虎『ヘン、天下の色男、俺の吸引力は豪いものだらう』
正鹿山津見『あゝ蚊々虎さまの弁舌といひ、勇気と云ひ、さう無くては天下の宣伝使には成れませぬ。吾々のやうに、巴留の都へ行つて、宣伝歌を歌つて居ると、後に目が無いから、駱駝隊にグサリと突かれて、芋刺と成り、沙漠の中へ放り込まれる様なことでは、宣伝使も何もあつたものではない。これから一つ、蚊々虎さまに傚つて、胆玉でも練りませうかい』
 駒山彦は、
『おい蚊々公、お目出度う』
蚊々虎『エー妬くない』
『妬くないと云つたつて、天道様も焦つくほど俺らの頭を焼くではないか。焼くのは此頃の陽気だよ。あまり暑いので、貴様は一寸逆上せ上つたな。水でもあれば頭からブツかけてやるのだが、生憎山の頂辺で水も無し、幸福な奴だワイ』
『サアサア皆さま汗も大分乾きました。これからぼつぼつ峠を下りませう』
と言ひつつ先に立つて、淤縢山津見は歩き出した。
『あゝあゝ、肝腎の正念場に気の利かぬことだワイ』
と蚊々虎は小声に呟き、振返り振返り、五月姫の顔を窃み目に眺めつつ坂を下る。
(大正一一・二・九 旧一・一三 東尾吉雄録)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
【霊界物語誕生百周年】
大正10年(1921年)10月18日に王仁三郎が霊界物語の著述を開始してから
令和3年(2021年)10月18日で百年目を迎えます。
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2020 Iizuka Hiroaki