王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第12巻 霊主体従 亥の巻
文献名2前付よみ(新仮名遣い)
文献名3総説歌よみ(新仮名遣い)そうせつか
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじ二十四年の年月を経巡りて、地の高天原も治まった。干支もめぐり、今日如月の八日、梅の香が薫る空に高く輝く瑞月も、黒雲に包まれて浮世の悩みを覚った。二月九日に松岡芙蓉仙人の導きで、高熊山の岩窟にこもって天地の神の教えを受け継ぎ、産土神に伴われて須弥仙山に登り、宇宙の外に身を置いて、過去現在未来の世の有様を悟った。それから十二の干支も三廻り目に入った。いよいよ今日は霊界物語も、十二の干支にちなんだ十二巻の口述を開始する。
主な人物 舞台 口述日1922(大正11)年03月06日(旧02月08日) 口述場所松雲閣 筆録者王仁 校正日 校正場所 初版発行日1922(大正11)年9月30日 愛善世界社版3頁 八幡書店版第2輯 625頁 修補版 校定版3頁 普及版1頁 初版 ページ備考
OBC rm120003
本文の文字数1107
本文のヒット件数全 1 件/山上郁太郎=1
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  葦原の瑞穂の国の中津国  その真秀良場や青垣の
 山を四方にめぐらして  流れも清き小雲川
 淵瀬と変る世の中は  めぐりめぐりて二十四年
 地の高天原も治まりて  鬼の姿もみずのえの
 大蛇探女も戌の春  干支もめぐりて如月の
 今日の八日は三めぐりの  月日の車後にして
 梅が香薫る月の空  高く輝く瑞月は
 八重黒雲につつまれて  浮世のなやみ覚りたる
 神のめぐみの幸はひて  心の岩戸開きつつ
 明れば二月九つの  日は西山に傾きて
 月照る夜半の独寝の  夢を破りし芙蓉山
 神の使の現みたま  五六七の御代を松岡の
 使の神に誘はれ  千歳の松の繁り合ふ
 堅磐常盤の巌窟に  さしこもらひて天地の
 神の教を受継し  名も高熊の岩の前
 天津御空に月照の  神はわが身を照しつつ
 鎮魂や帰神  審神の道も授けられ
 現界、神界、幽界を  産土神に伴はれ
 須弥仙山に攀ぢ登り  宇宙の外に身を置きて
 過去と未来と現在の  世の状況を悟りたる
 十二の干支も三廻りの  いよいよ今日は村肝の
 心洗ひて霊界の  奇しき尊き語り言
 十二の干支に因みたる  十二の巻の筆始め
 松の大本神の村  弥仙の山を仰ぎつつ  (松村仙造)
 天地造化の物語り  月は外山の頂に  (外山豊二)
 豊二かがやき岩田かく  夜も久方の太御空  (岩田久太郎)
 隈無く照れる谷村や  藤津久子や高木氏  (谷村真友・藤津久子・高木鉄男)
 中野祝子や武郷氏  真の友の寄り合ひて  (中野祝子・同武郷)
 神世に進む加藤時代  新月空に明らけき  (加藤新明)
 梅の花咲く今日の春  めぐりめぐりて北村の  (北村隆光)
 神の稜威は隆光る  本宮山の上下に  (山上郁太郎
 百花千華馥郁と  咲き匂ひたる太元の
 神の教の名西負ふ  本宮村の真秀良場に  (西村徳治)
 神の御徳もいやちこに  清く治まる五六七の世
 松の常磐の心もて  神の教を説き啓く
 松雲閣の奥の間に  厳の御魂の開きたる  (松雲閣)
 神世を経の御教言  うまらに委曲に説き別くる
 錦の機の緯糸の  横たはりつつ緯の役
 つとむる今日ぞ芽出度けれ。
  大正十一壬戌年三月六日 旧二月八日
      於松雲閣 王仁
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
【霊界物語誕生百周年】
大正10年(1921年)10月18日に王仁三郎が霊界物語の著述を開始してから
令和3年(2021年)10月18日で百年目を迎えます。
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2021 Iizuka Hiroaki