王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第13巻 如意宝珠 子の巻
文献名2第3篇 探険奇聞よみ(新仮名遣い)たんけんきぶん
文献名3第10章 巌窟〔536〕よみ(新仮名遣い)がんくつ
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日2020-11-26 17:01:37
あらすじ一同は矢を探して原野に出たが、広い野原に萱の矢一本を探すことに文句を言うものもあった。鷹彦は戒めていたが、火が燃え広がってくるのが見えた。一同は邪神の計略にかかったかと疑った。近づいてくる火に、一同はひとところに固まって地団駄を踏んでいる。すると一同の足元が抜けて、土中に陥った。火はその上を咆哮しながら燃え進んでいってしまった。岩彦は、赤い鼠とは原野に放たれた火のことだ、と悟った。九分九厘かなわぬというところで、神様が助けてくれる実地を身をもって知ったのであった。すると、鼠が鳴く声が聞こえてくるので、一同は声の方に向かっていくと、緋色の毛をした鼠が、萱の矢をくわえて現れ、そして姿を消した。一同は足踏みをするとたんに、さらに深い穴に落ち込んだ。見ると、六個の岩窟が開いていた。六人はめいめい、一個ずつの岩窟に進み入っていった。しかし進んで行くと、六個の穴の先は広い場所で一同はまたひとところに集まった。そこは大きな岩戸が行方を閉ざしていた。亀彦が岩戸を思い切り押すと、暖簾に腕押しで、勢い余って向こう側に落ち込んだ。そして、落とし穴の井戸に落ち込んでしまった。亀彦は助けを求めている。一同は亀彦を助けるかどうか会議をする、といってじらし、おかしな問答をして亀彦をなぶっている。しかし井戸にも石段が刻んであって、亀彦は苦もなく井戸から上がってくる。馬鹿な一幕に一同は笑い合っていると、突然異声怪音が耳を打ち、一行の体は麻痺してきた。これはたいへんだと、皆声を揃えて天津祝詞を奏上する。
主な人物 舞台 口述日1922(大正11)年03月17日(旧02月19日) 口述場所 筆録者加藤明子 校正日 校正場所 初版発行日1922(大正11)年10月30日 愛善世界社版121頁 八幡書店版第3輯 75頁 修補版 校定版121頁 普及版51頁 初版 ページ備考
OBC rm1310
本文の文字数4000
本文のヒット件数全 1 件/ウラル教=1
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  日の出別の射放ちたる矢を拾ふべく、鷹彦、岩彦一行は、先を争うて我一に功名せむと、萱野を分けて進み行く。
岩彦『この萱野原へ萱製の矢をたつた一本位射放つて、それを拾つて来いと云うたつて、天然坊の星あたり、何だけ探しても無ければもう駄目だ。失望落胆の淵に沈むとは、コンナことを云ふのだらうかい』
亀彦『際限もなきこの萱野原を、僅に一本の萱製の矢を探すと云つたつて、到底不可能的大事業だ、竿竹をもつて空の星をがらつよりも頼りない話ぢやないか』
鷹彦『また弱音を吹きよる。これが身魂の審めだ。何でも構はない、日の出別の宣伝使のおつしやる通り、唯々諾々として遵奉するのだよ』
駒彦『あまり無理ぢやないか』
鷹彦『親と主人と師匠は無理を云ふものだと思うて居れば好いのだ。滅多に吾々を親や師匠が窮地に陥没さして、痛快を叫ぶと云ふやうな事はなさる気遣ひがない。何処までも徹頭徹尾命のまにまに矢探しをするのだよ』
駒彦『ヤヤコシイ、矢探しだナ。矢矢暫く思案に暮れにけりの為体だ。オイオイ大変だ、火が燃えて来るぞ。これだけ生へ茂つた野原に火をつけられ、吾々は耐つたものぢやないワ、本当に日の出別の宣伝使は無茶ぢやないか、矢張り彼奴は怪しいと思つて居たよ』
鷹彦『吾々を奈落の底に陥穽すると云ふ悪神の企みに乗つたのだ。エヽもう自棄糞だ、焼け死する処まで荒れて、荒れて、暴れ廻してやらうかい』
 斯くいふ折しも、火は四方八方より燃え猛り、黒煙濛々として一同を包んで了つた。梅公、音公両人は、
『暑いワイ、煙たいワイ、苦しい。如何しよう』
鷹彦『また弱音を吹くな、心頭を滅すれば火もまた涼しと云ふ事があるわ。斯ういふ時に、火に対する水だ。乾く事なく尽る事なき神の尊き水をもつて、猛火を消すのだ。これが吾々の身魂の試錬だよ』
 かく言ふ折しも火は足許へ燃えて来た。進退谷まつた一同は一処に集まり互に抱きついて地団駄踏んで居る。忽ち地はバサリと陥落し、土中に一行は陥つた。火はその上を何の容赦もなく咆哮しながら燃え過ぎにけり。
岩彦『アヽこれで分つた。九分九厘叶はぬと云ふ処で神様が助けてやると仰有るのは茲の事だ。火鼠を現はして教へてやるなぞと、本当の赤い鼠が出るのかと思つて居たれば途方途徹もない大きな火鼠だつた。火の通つた跡は焼け殻が皆黒くなつて、炭になりよる。それで火鼠と仰有つたのだな』
鷹彦『ホー中々貴様は悟りがよいワイ。何だ未だブクブクするぢやないか。地獄の底まで陥没しても困る、好加減に止めて貰はぬと、過ぎたるは猶及ばざるが如しだ』
 何処ともなく、『ククヽヽヽ』
一同『ヤア、あれは鼠の鳴き声ぢやないか。彼方の方に往つて見ようぢやないか』
と声を尋ねて一同は進んで行く。果して毛の緋色を帯びた古鼠が萱の矢を喰はへてこの処に現はれ、
『内はホラホラ、外はスブスブ』
と鳴いたきり姿を消して了つた。一同はドンと足踏する途端、ズドンと音がして深い穴に落ち込んだ。見れば其処には六個の巌窟が開いて居る。
鷹彦『ヤア此処だ此処だ、日の出別命もなかなか偉いワイ、矢の落ちた処が矢張この巌窟の入り口だつた。悪魔と云ふものは、本当に注意周到なものだ、コンナ処に入口を拵へておけば誰も気の付く筈はない、至れり尽せりだ。サアこれから約束の通り各自分担して探険に出かけるのだ』
 六人は各一個の穴に姿を隠した。比較的高く横巾の広い巌穴である。どうしたものかこの巌窟の中は地中にも拘はらず非常に明い。六人は各一つの穴を目蒐けて進み行く。

 日の出別の火鼠荒野に現はれて  迷へる人の心を照せり

 時々穴と穴との巌壁に風通しが開けてある。六人は六個の穴を二三町進むと其処に非常に広い場所がある。之より先は堅固なる巌の戸が鎖されて進む事が出来ない。六人は期せずして一処に集まり、
鷹彦『ヤア皆の連中、如何だつた。別に変つた事は無かつたか』
亀彦『あつた、あつた、大にあつた』
鷹彦『何があつたのだ』
亀彦『巌壁の両方に覗き穴が沢山あつたのだ』
鷹彦『何を云ふのだ、大層らしい。どの窟にも共通的に空気穴が開いて居るのだよ』
岩彦『之では約らぬぢやないか、相手なしの戦ひは出来やしない。何だ、醜の厳窟に化物が居るナンテ人を馬鹿にして居る。それだから世間の噂は当にならぬといふのだ』
鷹彦『イヤ、これからが正念場だよ。ここはホンの序幕だ。何十里とも知れぬ程あると云ふぢやないか、どこぞこの岩壁を力一杯押して見ようか。何でも沢山の戸があると云ふ事だから、アヽさうだ、一つ押してやらう。オイ皆一度に総攻撃だ』
と。力一杯ウンと押した。亀公の押した岩は、暖簾を押すやうに手もなく開いて、亀の勢あまつて巌穴の中へ飛び込んだ途端に幾丈とも知れぬ陥穽にザブンと音を立てて落ち込んだ。
亀彦『ヤヤ大変だ。皆の奴俺を助けて呉れぬかい』
 五人は穴の傍を一足、一足、指に力を入れながらソツと向ふに渡り、
『アヽ、思はぬ不覚を取つた。これだから気許しは一寸も出来ないと云ふのだ』
鷹彦『何とかして亀サンを救うて上げて遣らねばなるまい』
 亀、井戸の底より、
『オイ、オイ、何とかして呉れないか』
音彦『お前は名から亀サン、水の中は得意だらう、マア悠乎と水でも呑んで寛ぎたまへ。突差の場合よい智慧も出ないから此井戸の傍で山の神ぢやないが、井戸端会議を開会してお前を助けるか、助けないかといふ決議をやるのだ。マアマア、閉会になる迄辛抱して呉れ』
亀彦『ソンナ気楽な事を云うて居れるかい、一時も早く救ひ上げて呉れ』
岩彦『エヽ、矢釜敷い云うな、手の付けやうが無いちやないか』
亀彦『手のつけやうどころか、足も頭も体中、浸けて居るぢやないか』
鷹彦『サアサア、臨時議会の開会だ、これから議長の選挙だ。院内総務は誰にしようかな』
亀彦『アヽ辛気臭い、洒落どころぢやないわ、冷たくなつて仕方がない、体も何も氷結して了ふわ』
岩彦『氷結したつて仕方がない、此方は多数決だ。五人を両派に分けて、三人と二人だ。鷹サンは議長といふ格だ』
鷹彦『エヽ諸君、遠路の処よく出席下さいました。今回臨時議会を開会いたしましたに就ては、最も急を要する事件で御座いまして、国家危急存亡の場合、何卒諸君の慎重なる御審議を願ひ度いのです。抑々今回の議案提出の要件は、御存じの通り、元ウラル教のヘボ宣伝使、亀公と云ふ男、醜の巌窟の探険に出かけ、実に短見浅慮にも思はぬ不覚を取り、深く井中に陥没致し、生命旦夕に迫る、と云ふ場合でございます。何卒諸君の箱入の知識を絞り出されて、彼が救済の策を講じ最善の努力を尽されむ事を希望いたします』
『ヤア賛成々々』
と、四人は一度に拍手をもつて迎へる。亀公は井戸の底より、
亀彦『ヤーイ、早く助けぬかい。死んでからなら助けても役に立たぬぞ』
鷹彦『何だ。井戸の底から矢釜敷云ふな、議会の神聖を汚すでないか。如何でせう、諸君、先決問題として亀公を救済すべきものなりや、将又このままに見殺にすべきものなりや、起立をもつてお示し下さい』
音彦『皆すでに起立して居るぢやありませぬか』
鷹彦『ヤア、これは間違つた。議員一同そこにお坐り下さい。賛成者は起立を願ひます。亀彦を助けると云ふお心の方は起立して下さい、救はないと云ふ御意見の方はそのまま坐つて居てもらひませう。一二三』
鷹彦『ヤア起立される方は駒サン一人ですか、これは怪しからぬ。然らば議長が起立いたしませう』
岩彦『議長横暴だ。多数決多数決。可とする者二人、否とする者三人』
鷹彦『多数党横暴極まる。議会の解散を命じませうか』
 亀、井戸の底より泣き声を出して、
『ヤイ、馬鹿にするない、洒落どころかい。早く助けて呉れないか』
岩彦『この井戸の周囲は皆この岩サンで固めてあるのだ。岩に手をかけ足をかけ登つて来ればよいのだよ』
亀彦『登れと云つたつて、手も足も引つかかる処がないのだよ』
岩彦『さうだらう、手足が短くて背の甲羅がつかへて登れぬのだらう。モシモシ亀よ亀サンよ、世界の中にお前ほど、体の不自由なものは無い、アハヽヽ』
亀彦『何とおつしやる兎サン』
鷹彦『危急存亡の場合、命の瀬戸際になつて、洒落るだけの余裕があるものなら、サツサと登つて来い』
亀彦『皆サン大きに憚りさま。上から暗くて見よまいが、立派な段梯子が刻んであるわ、アハヽヽヽ』
と笑ひながら悠々として井戸から登つて来た。
岩彦『こいつ一杯喰された。イヤ此方が臨時議会まで開いて大騒動をやつて、沢山の機密費を使つたのは、吾々の方が陥穽に放り込まれたやうなものだ。有もせぬ脳味噌から機密費を絞り出して馬鹿らしい。この度の議会は歳費五割増だ。アハヽヽヽ』
 斯く笑ひさざめく折しも、前方に当つて何とも形容の出来ないやうな異声怪音頻りに一同の耳朶を打つ。
 不思議や一行の身体はその響と共に、電気にでも感じたやうに、身体の各部に震動を感じ、やや痳痺気味になつて来た。
鷹彦『ヤア、此奴は大変だぞ、オイオイ皆の者、緊褌一番、大に活動すべき時期が切迫した。何はともあれ、神言だ神言だ』
 一同は声をそろへて、天津祝詞を奏上する。
(大正一一・三・一七 旧二・一九 加藤明子録)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
【霊界物語誕生百周年】
大正10年(1921年)10月18日に王仁三郎が霊界物語の著述を開始してから
令和3年(2021年)10月18日で百年目を迎えます。
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2020 Iizuka Hiroaki