王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第13巻 如意宝珠 子の巻
文献名2第3篇 探険奇聞よみ(新仮名遣い)たんけんきぶん
文献名3第12章 陥穽〔538〕よみ(新仮名遣い)おとしあな
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日2020-11-26 17:58:24
あらすじ
日の出別命の出現で元気付いた岩彦は、女に降伏を迫る。女は、岩彦に降伏したような口ぶりをし、日の出別命には、岩彦はデモ宣伝使だから係わり合いにならないように、と言うと、すっと煙のように消えてしまった。

岩彦は、やはり妖怪変化であったかと威張っている。すると、外でガクリと異様な音がした。女は小窓の外から中をのぞき、岩窟の中にずっと居て修行をしなさい、と言う。そして、日の出別命と一緒にどこかへ行ってしまった。

鷹彦は神変不可思議の術を使って、小さい鷹となって小窓から外に出ることができた。岩彦は鷹彦に助けを求めるが、鷹彦は薄情な物言いをして、岩彦をからかっている。しかし岩彦もそれに強気で返している。

鷹彦は岩窟の扉を開けた。勢い余って岩の部屋の中に転げ込んだすきに、五人はさっさと外へ出て、扉を閉めてしまった。今度は五人で鷹彦をからかっているが、鷹彦はまたもや術を使って小窓から抜け出してしまった。

鷹彦は、岩彦がしょうもないことばかり言うから、日の出別命に置いてけぼりをくったのだ、と小言を言った。一同は日の出別命を追って駆け出した。

またもや大きな岩壁につきあたった。岩壁には、広い階段が上に彫ってあり、また細い道が続いている。どちらを行ったらよいかで、議論になった。亀彦一人が、暗くても細い道を行こうと言い、残りの五人は上の広い階段を登って行った。

亀彦は一人暗い低い道を進んで行くと、上から、広い道を行ったはずの五人が落ちてきて、井戸に落ち込んでしまった。亀彦と岩彦はこっけいな問答をするが、そのうちに井戸に落ちた五人は石段を登って上がってきた。

このとき、前方から怪しい宣伝歌が聞こえてきた。
主な人物 舞台 口述日1922(大正11)年03月18日(旧02月20日) 口述場所 筆録者松村真澄 校正日 校正場所 初版発行日1922(大正11)年10月30日 愛善世界社版146頁 八幡書店版第3輯 84頁 修補版 校定版146頁 普及版62頁 初版 ページ備考
OBC rm1312
本文のヒット件数全 0 件
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  日の出別神の出現に、形勢もつとも危かりし岩公は、俄に元気づき、
岩彦『サア妖怪変化の魔性の女、何と言つても、モウ駄目だ。三五教の宣伝使の大将が現はれた以上は、最早運の尽きだ。どうだ、神様の経綸と云ふものは、用意周到なものだぞ』
女『妾は、あなたの様な強いお方には尾を巻きます。モウ是で御免を蒙ります』
岩彦『態ア見やがれ、大蛇の化者奴が。尾を巻くと自白したぢやないか』
女『ヤア日の出別命様、能う迎へに来て下さいました。岩サンのやうな分らずやは、今後は決して、係り合はない様にして下さい。此方は優勝劣敗、弱肉強食、身勝手千万な、非人道的、デモ宣伝使ですから………』
岩彦『ヤイヤイ、馬鹿にするない、能いかと思つて…………、女に似合はぬ暴言を吐く奴だ』
女『さようなら、ゆつくりと御休息なさいませ』
と云ひ乍ら、岩壁の細い穴から、スツと烟の様に脱けて了つた。
岩彦『ヤア案に違はぬ妖怪変化の正体を顕はしよつて、アンナ首も這入らぬやうな穴から出て仕舞よつた。オイ鷹公、音公、梅公、亀、駒どうだ、俺の天眼通は偉いものだらう。鷹公の奴め、瞞されよつて、丁寧な言葉を使つて居たが斯うなる以上は貴様の眼力も底が見えた』
鷹彦『アハヽヽヽ、弥之助人形の空威張りはやめてくれ』
 斯く云ふ中、ガクリと異様な音がした。
岩彦『ヤア変な音がしたぞ、一体コラどうだ』
 女は外より白い顔を、岩壁の穴から、ニヨツと突出し、
女『岩サン、マアマア十日も二十日も百日も、緩りこの岩窟に御逗留遊ばして下さいませ入口はポンと戸を閉めてありますから、外から悪者の這入る気づかひもなければあなた方が脱けて出る気遣ひも有りませぬよ。ナンにも献げるものはありませぬから岩の油なつと舐つて、…………ネー……温順しく御修行をなさいませ。妾は日の出別命サンと、手に手を把つて…………オホヽヽヽヽ、ア嬉し、マアゆつくりお寛ぎ遊ばせ。アバヨ』
岩彦『ヤア大変だ、最前の音は、入口の戸を閉めよつたのだな。こりや斯うしては居られぬワイ』
女『居られなくつても、斯うして居らねば仕方がありませぬよ。イヤ出方がありませぬワ。お前サン等の出方に依りては、此方にも亦、何とか仕方が有りませう』
岩彦『イヤア、強圧的強談だ、人は見かけに依らぬ者、優しい顔をして、蚤一匹殺さぬやうな容子で、心の中は夜叉の様だ。オイ一統の者、入口があつたら、キツト出口が有るに違ひないぞ。この穴から一つ、手を掛て、引くなと、押すなとやつて見ようかい。六尺の男子が、繊弱き女の一人に監禁されて、どうぞ許して下さいなぞと、言はれた義理ぢやない。…………モシモシ日の出別命さま、貴神どうかして下さらないか』
『ヤア、岩サンマアゆつくり御休息なさいませ、……ヤア女のお方、是から天国へでも旅行致しませうか』
女『有難うございます、妾貴方と、たとへ半時でも、一緒に連つて歩かして貰へば、死んでも遺る事は有りませぬワ、ホヽヽヽ』
岩彦『ヤアまた吐かしたりな吐かしたりな、「妾アンタと半時でも一緒に歩く事が出来れば、死んでも得心だ」とかナンとか吐かしよつて、仕様もないローマンスを人の前に展開させよつて、馬鹿にしてけつかる。オヽもう何処やら往つて仕舞よつた。エー怪体の悪い』
鷹彦『ヤア折角俺の所有にしようと思つて居つたのに、外部から日の出別の宣伝使がやつて来て、サツパリ横領して了つた。エー自棄だ………と云つて、どうも仕方がないワ、俺も一つ、あの女ぢやないが、この穴から脱けてやらうかい』
と言ひ乍ら、鷹彦は、神変不思議の術を以て、身体を縮小し、小さい鷹となつてスツと脱け出した。
岩彦『ヤアまた出よつた、オイ鷹公、アヽ貴様は偉い奴だ。最前の石蓋を揚げて、吾々を旧の所へ歓迎するのだぞ』
鷹彦『コレコレ岩サン御一統様へ、妾は是より日の出別の宣伝使様と、手に手を執つて天国の旅行を致します。コンナローマンスをお目にかけて済まないが、是も因縁づくぢやと諦めて下しやンせ、オホヽヽヽヽ、アバヨ』
岩彦『ヤイヤイ鷹の奴、ナンだ、化女の真似をしよつて、ソンナ能い気な事かい。俺達の身にもなつて見よ』
鷹彦『(義太夫口調)「お前はお前、妾は妾、マアマアゆつくりと、十日も二十日も百日も、千年も万年も化石になる迄ゆつくり御逗留遊ばせや。千松ぢやないが、一年待つてもまだ見えぬ、二年待つてもまだ見えぬ、千年万年待つたとて、何の便りがあろかいな、と郷里に残つた、貴様たちの女房が嘸や嘆くであらう。思へば思へば気の毒やな、神や仏もなきものか、力に思ふ岩サンは、何処にどうして御座るやら、会ひたい見たいと明け暮に、こがれ慕ふて居るものを、何の便りも梨の礫、礫の様な涙こぼして、三千世界の世の中に妾ほど因果は世にあらうか、アーどうしようぞいなどうしようぞいなア……」と悲劇の幕が下りる、その種蒔だ。マア精出して、種でも蒔いて置くが能からう、千年ほど先へ行つた時に、この岩窟の中に岩公といふ岩固男が化石して…………と云つて、涎掛でも持つて参拝する奴があるかも知れやしないぞ。人は一代名は末代だ、是も良い話の種だ。種蒔いて苗が立ちたら出て行くぞよ、刈込みになりたら手柄をさして、元へ戻らすぞよ………と三五教の教にある通りだ。国治立の大神さまでさへ、永らく押込められて御座つた位だから、先づ神様にあやかつて、三千年の修行をなさるが、宣伝使各位の光栄だらう。アハヽヽヽ、オホヽヽヽ』
岩彦『ナアンダ、一人居つて男と女の笑ひ様をしよつて、化物みたよな奴だナ』
鷹彦『定つた事だ、肉体は男で霊は女だ、変性女子の守護神だ』
岩彦『エー、変性女子も男子もあつたものかい。遍照金剛吐さずに、早く開岩せぬか…………オイ門番奴が、愚図々々いたして居ると、免職をさそか』
鷹彦『ホヽヽヽヽ、岩さま、免職さすとはソラ誰に、………あなたは岩戸に押込められて既に既に面色なしだ、終身官だな、終身此処に、晏如として、就職なさるが宜しからう』
岩彦『複雑なる問題は、一切総括して、兎も角この岩窟を開いて呉れたがよからうぞ』
鷹彦『イヤー、先が急く、モウ是丈イチヤつかして遺れば充分だ、エー仕方がない、開けてやらうかい』
岩彦『何時までもこの方を岩戸に押込めておくと、咫尺暗澹昼夜を弁ぜずだ。化の女を呼んで来て鈿女命の俳優技を見せて呉れぬか。さうでないと、容易にお出ましにならぬぞ』
鷹彦『減らず口を叩くない。サア手力男の神さまが、岩戸を開くから、サツサと出て来い。天照大神様のやうな奇麗な「あな面白や、あなさやけおけ」と言つた様な、愛の女神なれば、開きごたへがあるが、この岩戸開きは、五百羅漢の陳列会を見るよなシヤツ面の渋紙さま計りだから、開きごたへがないワ。併し乍ら、旅は道づれ世は情だ。情を以て開扉してやらう』
岩彦『オツト待つた、海河山野、種々の美味物を八足の机代に置足らはして、献つる事を忘れなよ…………出いと云つたつて、鏡もなければ劔もなし、五百津美須麻琉の珠も無くして、さう易々とお出ましになると思ふか。香具の果物でも、木机にピラミツドの様に横山の如く置足らはし、御供物の建築法を能く心得て、粗相のない様に、天津祝詞を奏上し、太玉串を奉れ』
鷹彦『何を吐しよるのだ。千手観音の様に、俺一人でソンナ八人芸が出来るかい。愚図々々いふと、千代に八千代に永久に、岩戸の中の閉門だぞ』
岩彦『ヤア、もうお供物は免除してやらう。兎も角、開けば良いのだ。貴様もコンナ魔窟に単身置かれては、大に寂寥を感ずるだらう』
鷹彦『エー仕方がない』
と言ひ乍ら、力を籠めて、岩壁をウンと押した。思つたよりも岩の戸は軽く、勢余つて鷹彦は、岩戸の中へ又もや飛込み、膝頭を打つて『アイタヽ』と撫で擦つて居る。その間に五人は、逸早く表に脱け出し、外より石門をピシヤツと閉ぢた。
岩彦『サア入れ替はりだ、今度は、太玉命も、児屋根命も、何もかも、五伴男揃うたのだ。オイ鷹津神さま、どうだ』
鷹彦『代れば変る世の中だ。サア貴様、岩戸の前に天津祝詞を畏み畏み奏上するのだぞ、アハヽヽヽ』
音彦『オイ岩公、コンナ洒落ばつかりに、貴重な光陰を濫費しては詰まらぬぢやないか。一時も早く前進だ』
亀彦『オイオイ音公待つた、この岩窟の中の鷹彦は、どうするのだ』
音彦『ナニ構ふものか、人間一人位、どうなつたつて放つとけ』
岩彦『アハ、面白い面白い』
と言ひ乍ら、以前の岩穴から、黒い顔をちよつと出し、
岩彦『ホヽヽヽヽ、モシモシ鷹サンとやら、妾は是より五人連この岩窟を探険し、お前さまの様な瓢箪面の曲津神を、片つ端から言向和し、勝利光栄の神となつて帰つて来る迄、千年でも万年でも此処に晏如として、堅磐常磐に鎮座ましませや、ホヽヽヽ』
鷹彦『アハヽヽ、何を吐しよるのだ。鷹さまは、貴様も最前見て居ただらう、針の穴からでもお出ましになる、不思議な神様だよ』
と云ひ乍ら、再び鷹となつて穴より飛出し、見る見る身体膨張し、一丈余りの羽を拡げて、バタバタと羽ばたきした。
岩彦『ヤア偉い元気だナア。オイオイ斯うなれば、鷹さまも話せるワイ。今の美人の後を一つ、空中滑走を行つて、捕獲して来て呉れないか。所有権は岩さまにあるのだから、都合によれば、賃貸借ぐらゐは許可してやるワ』
鷹彦『貴様は仕様もない事を云ひ、永らく洒落るものだから、肝腎の日の出別命さまに放つとけぼりを喰つたのだ。サーサ是から全速力を出して、岩窟内の駆歩だ、落伍せない様に…………気を付けツ、右へ廻れオイ、一二三……』
と鷹公は駆出した。五人は是非なく追跡する、ピタツと行当つた第二の岩壁、
鷹彦『ヨー、コラ大変だ。如何に行詰りの世の中だと云つても、斯う岩と行詰つては仕方がない。ナンとか一つ善後策を講究せなくてはなるまい』
岩彦『サア臨時議会の開会だツ』
亀彦『議会無用論の持上つた今日は、チツト遅臭いぞ。ソンナ珍聞漢な発議をする奴が、何処にあるかい。五十万年の将来の二十世紀とやらの人間の吐く様な事を云ふものぢやないワ』
駒彦『ヤア窮すれば達すと云ふ事がある。オイオイ貴様、一寸横の方を見い。坦々たる大道が開鑿されて有るぢやないか』
一同『ヨー有る有る、サア是からこの階段を上らうかい』
亀彦『マア待て待て、あまり高い所へ上ると、又落ちるぞ』
鷹彦『落ちたつて良いぢやないか、滅多に天に墜落する虞はないワ、貴様の様に、井戸に着水するのとは天地の相違だ。ヨー此処にも道がある、何方の道を行つたら宜からうかナア』
岩彦『いはいでも定つて居る。一目瞭然、広い道の明るい道へ行けば良いぢやないか』
亀彦『新道と旧道と二路拵へてあるぞよ。新道へ行けば、初めは楽な様なが、往き行つた所で道が無くなりて又元の所へ後戻りを致さねばならぬぞよ』
音彦『何を吐しよるのだ。ソンナ道の事ぢやないワ。神様は教の道の事を仰有るのだぞ。頭脳の悪い奴だナ』
亀彦『俺は少し暗くつても、細路の下道を進んで行かうと思ふ』
岩彦『勝手にせい。心の暗い奴は、暗い所に行きたがるものだ………オイ皆の連中、どちらにするか』
音、駒、鷹、梅一度に、
『広い道広い道』
と五人は、岩路の階段を上つて行く、亀公は唯一人、やや暗き、低き路を宣伝歌を歌ひ乍ら、四五丁許り進み行くと、忽ち頭上より、黒い影四つ五つ落下し来り、暗黒なる陥穽にゾボゾボゾボと音を立てて落込んだ。
亀彦『ヤア何だ、上から獅子でも落ちて来よつたのかナ、コンナ岩窟のトンネルの中に又しても又しても、陥穽を拵へよつて………鷹公、岩公が此処に居つたら、また「議会の開会だ」などと洒落よるのだけれど、俺一人では、議会を開く訳にも行かず、困つた事だ。彼奴、何処へ行きよつたのか知らぬ。何は兎も有れ、何者だか一つトツクリと正体を見届けてやらう』
と首を伸ばして、足許に気を付け乍ら、怖さうに覗き込んだ。井戸の中より、
岩彦『ヤア貴様は亀公ぢやないか、俺を助けて呉れぬかい』
亀彦『さういふ声は岩公だナ』
岩彦『オーさうだ、岩サンに鷹サン、音サン梅サン、駒サンだ』
亀彦『助けて呉と言つたつて、どうにも斯うにも、手の着け様が無いぢやないか。マアさう喧し云はずに待つて居れ。今臨時議会を開いて見るから、開会の上で助けるか助けぬかが決定るのだ。アハヽヽヽ』
岩彦『馬鹿にしよるナ、最前の敵討ちをしようと思つてけつかるナ』
亀彦『さうだから、あまり高上りすると、逆様に地獄の底へ落されるのだよ。どうだ、是で慢神心をスツパリと取り去つて改心を致すか』
岩彦『改心致すも致さぬも有つたものかい。改心のし切つた者に改心が有つてたまるかい。改心と云ふ事は、貴様のやうな不完全な人間に必要な言葉だ。吾等に対しては、辞典から改心の二字を除去すべきものだ………大きに憚りさま、エライご心配を掛けました。此処にもどうやら、立派な段梯子が懸つて居ります。アハ……』
と言ひ乍ら、五人はゲラゲラ笑ひ笑ひ上つて来た。
亀彦『ナンダ、一寸も濡れて居らぬぢやないか』
鷹彦『きまつた事だい、井戸の底へ転落した時に、この鷹サンが、両翼をパツと開いて、井戸一面を閉塞したのだ。そこへ四匹の小雀が下りて来て、ポンと止まつたものだから濡れさうな筈があるかい』
岩彦『小雀とは、チト残酷ぢやないか。ナア梅、音、駒の御連中………』
鷹彦『それでも生命の親だ。ナント云はれたつて、チツト位は隠忍するのだ。忍耐は成功の基礎だから、アハヽヽ』
岩彦『第二の………これは陥穽だ。是から前途に、ドンナ事を悪神の奴、企んで居るか分つたものぢやない。うつかりと歩けたものぢやないワ。幸ひ此処に、鷹サンを飛行船にして、吾々五人が操縦する事にしたら、都合が良いぢやないか』
鷹彦『この飛行船は、日の出別様とあの女神様との御用だ。お気の毒さま、お生憎さまだ、アハヽヽヽ』
 この時前方の薄暗き隧道の中より、怪しき宣伝歌の声聞え来たる。
一同『ヤア、聞き覚えのある宣伝歌だ、ハテナ』
(大正一一・三・一八 旧二・二〇 松村真澄録)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
オニド関係の更新情報は「オニド関係全サイトの更新情報」を見れば全て分かります!
超訳霊界物語 八人乙女(やたりおとめ)編 ~世界に間配られた16人のスサノオ・ファミリー
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2022 Iizuka Hiroaki