王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第14巻 如意宝珠 丑の巻
文献名2前付よみ(新仮名遣い)
文献名3総論歌よみ(新仮名遣い)そうろんか
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじ大正十年九月八日の正午ごろ、深き神の道により神の力が現れて、神の出口の王仁三郎が二十四年の光陰を照らすはいよいよと、鍛えた十握の剣を抜き放ち、曲津の企みを斬りまくる。五六七の神の御陰によって筆の運びもいと早く、諸々の妨げにもかかわらず、この畏き神代の物語を、五百六十七節までも書き終わった。十四巻では、神幽現界・三千世界の霊柱である三五教の宣伝使・日の出別神に従う音彦、弥次彦、与太彦らが、猿山峠の森林でウラル教の目付けらに取り囲まれて、千尋の谷間に飛び降りて気絶し、幽界の路をたどる物語から始まる。三途の川で脱衣婆に出くわし、面白おかしくかけあいをなし、大法螺を吹いて山を遠ざけ、銅木像に煙に巻かれてアフンとしたとき、日の出別一行に呼び覚まされた。そして十八峠では突風に吹き飛ばされて、弥次彦と勝彦がまたもや幽界に飛ばされた。一途の川の二人婆や、ホシイホシイと泣言の欲と高慢の出刃包丁、男子と女子の争論の果ても知らない長い旅、六公・お竹のロマンスやらを詳しく写した物語である。比翼連理の蒸し返し、面白おかしく述べ立てた。夢とうつつとまぼろしをとりとめもなく吹きまくり、煙に巻いたこれの巻。あなかしこ、あなかしこ。
主な人物 舞台 口述日1922(大正11)年03月23日(旧02月25日) 口述場所 筆録者加藤明子 校正日 校正場所 初版発行日1922(大正11)年11月15日 愛善世界社版3頁 八幡書店版第3輯 156頁 修補版 校定版3頁 普及版1頁 初版 ページ備考普及版では「総説歌」になっている。
OBC rm140004
本文の文字数1243
本文のヒット件数全 0 件/ウラル教=0
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  思へば深き神の道  大き正しき十の年
 神の力の現はれて  奇しき御教を奇九の月
 中の八日の正午頃  教の中野玉拾ひ  (中野)
 かき集めたる高砂の  松葉の雫しとしとと
 したたる恵に霑ひつ  神の出口の王仁三郎  (出口)
 二十四年の光陰を  雲に蔽はれて桶伏の
 山より高き大稜威  照すときはの松の世と
 いよいよ現はれ鍛へたる  十握の劒抜き放ち
 曲津のたくみ斬りまくる  五六七の神の御蔭もて
 言葉の玉の緒いのち毛の  筆の運びもいと速く
 諸の妨げみづのゑの  戌の春橋かけまくも
 かしこき神代の物語  五六七の神に因みたる
 五百と六十七の節  言解き了り書終る
 堅磐常磐の大道を  いよいよ開く如月の
 下の七日の七つ時  神の集へる谷村や  (谷村)
 花咲く神代を松村氏  ここまで歩み北村の  (松村、北村)
 目出たく今日の日本晴  外山のかすみいつしかに  (外山)
 はれて嬉しき今日の空  心も加藤道の子の  (加藤)
 誠つくしの立花の  非時かはれ三五教
 殊に十四のこの巻は  神界現界幽界の
 三千世界の霊柱  三五教の宣伝使
 日の出別の神司  従ひ奉る音彦が
 猿山峠の森林に  弥次彦与太彦両人と
 ウラルの神の大目付  数多の捕手に囲まれて
 血路を開き小鹿山  峠にかかる折からに
 又もや敵に前後より  取り囲まれて止むを得ず
 千尋の溪間に飛び降り  気絶せしまま幽界の
 路を辿りて三途川  脱衣婆々アに出会し
 千言万語を費やして  面白可笑しくかけ合ひつ
 どうなとなれよ儘の川  裸体の儘に打ち渡り
 ピタリと山に突あたり  大法螺吹けば足曳の
 山も呆れて雲かすみ  逃げ行く跡に地中より
 ヌツと湧き出た銅木像  泡吹く鼻こく小便しぼる
 三人を一度に烟にまき  空に懸れる太陽に
 天窓を打つて逃げて行く  音彦ヤジ彦ヨタ彦は
 アフンとしたる時もあれ  日の出別の一行に
 呼び醒まされて気が附けば  小鹿峠の谷底に
 身を横たへて居たること  十八峠の坂道で
 レコード破りの暴風に  吹かれて天へ舞ひ上り
 亦もや三途の川の辺に  迷ひ進みし弥次彦や
 いくら負けても勝彦の  鼻息あらき物語り
 一途の川の二人婆々  ホシイホシイと泣言の
 欲と高慢出刄庖刀  男子と女子の争論の
 果てしも知らぬ長の旅  六公お竹のローマンス
 詳しく写した物語  比翼連理の蒸し返し
 面白おかしく述べたてし  夢とうつつとまぼろしの
 とり留もなく吹きまくり  烟に捲いたるこれの巻
 あなをかしこ  あなをかしこ
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
【霊界物語誕生百周年】
大正10年(1921年)10月18日に王仁三郎が霊界物語の著述を開始してから
令和3年(2021年)10月18日で百年目を迎えます。
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2020 Iizuka Hiroaki