王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第14巻 如意宝珠 丑の巻
文献名2第2篇 幽山霊水よみ(新仮名遣い)ゆうざんれいすい
文献名3第6章 楽隠居〔556〕よみ(新仮名遣い)らくいんきょ
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじ弥次彦、与太彦、六の三人が小鹿峠を上がっていくと、路傍に大きな岩窟があった。岩窟の中には、三五教の勝公が捉えられていた。勝公はウラル教の目付けの中に潜入していたが、音彦、弥次彦、与太彦が猿山峠に逃げる際に関所で目配せをして逃げ道を示してあげた。それが疑われて、岩窟に閉じ込められていたのであった。三人は勝公を岩窟から出し、コーカス山に向かって祝詞を奏上した。弥次彦はこれまでの顛末を読み込んだ滑稽な宣伝歌を歌いながら、一行は小鹿峠を進んで行く。
主な人物 舞台 口述日1922(大正11)年03月23日(旧02月25日) 口述場所 筆録者外山豊二 校正日 校正場所 初版発行日1922(大正11)年11月15日 愛善世界社版99頁 八幡書店版第3輯 193頁 修補版 校定版103頁 普及版46頁 初版 ページ備考
OBC rm1406
本文の文字数5192
本文のヒット件数全 12 件/ウラル教=12
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  弥次、与太、六公の三人は、怪訝な顔して小鹿峠を登つて行く。十七八丁も来たと思ふ頃、路傍に可なり大きな巌窟のあるのに目がついた。
六『弥次サン、与太サン、非常な狭い途になつたものだナア、一方は断巌絶壁、眼下の谷川は激流飛沫を飛ばし実に物凄き光景、一瞥するも肌に粟を生ずるやうだ。そのまた狭い途に大変な巌窟が衝き立つてゐるぢやないか。彼奴はナンデも可笑しい奴だ。ウラル教の奴がこの難所に、吾々を待ち受けして居るのぢやあるまいか』
弥『ヤーホントに馬の背中のやうな細い途に、巌窟がヌツト突き出てゐよるワイ。此奴は些とをかしいぞ。一つここらから石でも抛つて瀬踏して見やうかい』
与『よかろう、一つ測量だ』
と云ひ乍ら、手頃の石を掴んで三人一度に速射砲的に、巌窟目蒐けてパチパチパチと打ちつける。巌窟の中より、
『ヤーイ危ないわい。何をテンゴするのだい』
弥『これほど岩を以て固めた洞穴に石が当つたつて応へるものか。一寸眠りを醒してやつたのだよ。一体そこに居る奴は何者だ』
巌窟の中より『俺だ俺だ。貴様は誰だい』
弥『俺も俺だ。矢つ張り人間だ』
巌窟の中より『貴様はウラル教か、三五教か』
弥『三五教のお方だよ』
巌窟の中より『オーさうか。間違ひはないか。俺も三五教だ、ウラル教の奴に捉へられて、コンナ処へ閉ぢ込められたのだ。助けて呉れないか』
与『オイオイ弥次公、気を付けないといかないぞ。悪神の奴、ドンナ計略をやつてゐよるか分つたものぢやないワ。オイ巌窟の中の代物、貴様は本当に三五教ならば何といふ名だ、言挙げせぬかい』
巌窟の中より『貴様から名を聞かして呉れ。若もウラル教だと駄目だからのう』
与『ハー矢つ張り此奴は三五教らしいぞ。中々語気が確かりしてゐる哩。コンナ穴へ閉ぢ込められて彼れだけの元気のある奴は三五教式だ。ウラル教の奴ならきつと泣声を出しよつて、「モーシモーシ、上り下りのお客サン、何卒憐れと思召し、難儀な難儀な私の境遇を憐れみ下さいませ。モーシモーシ、通り掛りのお旦那様、難儀な盲目でございます」と機械的に乞食もどきに吐かすのだけれど、何処となく言霊に強味があるやうだ。不自由な巌窟の中に閉ぢ込められて居つてさへ、あれ丈けの元気だから、仮令ウラル教にしても少しは気骨のある奴だ。一つ外から揶揄て見やうかい』
弥『それも面白からう。オイオイ巌窟の中のご隠居サン、嘸や御退屈でございませうナ』
巌窟の中より『エー滅相な、小さい穴が前の方に開いて居りますから、時々外部を覗きますと、小鹿川の緑紅こき混ぜて、春色豊に飛沫を飛ばす川の流れ、実に天下の絶景ですよ。お前サンも年が寄つて隠居をするのならコンナ所を選んで、常磐堅磐に鎮座するのだな』
弥『此奴は面白い奴だ。オイオイご隠居サン、お前の年齢は幾つだ』
巌窟の男『俺かい、どうやら斯うやら数へ年の三十だよ』
弥『それはあまり若隠居ぢやないか。人間も三十といへば元気盛りだ。これから五十万年の未来に於て、支那に丘とか孟とか云ふ奴が現はれて、三十にして立つとか吐くぢやないか。今から隠居するのはチト勿体ないぞ。一体お前は何と云ふ男だい』
巌窟の中より『俺は元はウラル教の信者であつたが石凝姥の宣伝使がコーカス山へ往く時に、孔雀姫の館に巡り会ふて、それから改心を致し三五教になつたのだが、神様に対して一つの功もよう立てないので、ナントカ御用に立たねばならぬと、また元のウラル教へ表面復帰して捕手の役に加はつて居つたのだ。さうした所が三五教の宣伝使が二人の供を伴れて関所に迷ひ込んで来た。俺たちの同僚は血のついた出刃を以て猪を料理して居つた所、三五教の奴が来たので、いつそのこと荒料理をしてやらうかと、側の奴が吐すので俺も堪らぬやうになり、三五教の宣伝使に一寸目配せしたら、押戸を開けて一目散に遁げて了つた。サア、さうすると同僚の奴、貴様は変な奴だ。やつぱり三五教の臭味が脱けぬと見えて、何だか妙な合図をしよつた。懲戒のために無期限に此処に蟄居せよと吐しよつて、昨日から押し込められたのだ。俺は三五教の勝公といふ男だよ。早く天の岩戸を開けて俺を救ひ出して呉れないか』
弥『待て待て、今天の岩戸開きをやつてやらう。オイ与太彦、貴様は大麻を以て祓ふ役だ。俺は天津祝詞を奏上する、六公は何も供物が無いから木の葉でもむしつて御供物にするのだよ』
勝『エー洒落どころちやないワ。早く開けて呉れないか』
弥『定つたことよ。あけたらくれるのは毎日定つてゐる。あけてはくれあけてはくれ、その日その日が暮れるのだ。アハヽヽヽ』
勝『エー辛気くさい。可い加減にじらして置け』
弥『じらすとも、貴様はコンナ所に窮窟な目をして、可憐らしい奴だから此方も意地でじらしてやるのだ。アハヽヽヽ』
与『オイオイ弥次彦、ソンナ与太を云ふな。早く開けてやらぬかい』
弥『開けて悔しい玉手箱、後でコンナことだと知つたなら開けぬが優であつたものを、会ひたい見たいと明暮に、ナンテ芝居もどきに、愁歎場を見せつけられては困るからなア』
六『エー碌でもないことを云ふ人だナア。綺麗さつぱりと開放して上げなさい』
弥『アヽさうださうだ、開けて上げませう。ヤー偉い錠を下してゐやがる哩。折悪く合鍵の持合せがないから、オイ勝サンとやら、仕方がないワ。まあ悠くりと時節が来るまで御逗留遊ばせ』
勝『そこらに在る手頃の石を以て錠前を砕いて出して呉れ』
弥『コンナ立派な錠前をむざむざと潰すのは勿体ないぢやないか』
勝『勿体ないも糞もあつたものか。ウラル教の錠前だ、木葉微塵に砕いて出して呉れ』
弥『待て待て、折角出来たものを破壊するといふことは、一寸考へ物だ。過激主義のやうになつては、天道様へ申訳がない。何とか完全に原形を存して、開ける工夫があるまいかな』
六『もし此処にコンナものがある。これは屹度何かの合図でせうで』
と言ひ乍ら小指のやうな形をした巌壁の細長き巌片をグツと押した途端に、岩の戸は苦もなくパツと開いた。
弥、与『アハヽヽヽ、ナアンダ、鼻糞で的を貼つたやうなことしよつて、何処までもウラル教式だワイ。オイ勝サン、早く出ないか』
勝『この日の長いのに、さう狼狽るものぢやない。まア、悠くりと皆サンも此処へ這入りなさい。持寄り話でもして春の日長を暮しませうかい』
弥『ヨー此奴はまた法外れの呑気者だ。類を以て集まるとは、よく云つたものだナア。馬は馬連れ、牛は牛連れだ。いよいよ此処に四魂揃つたりだ。オー勝サン、どうぞ御昵懇に願ひますよ。私は弥次彦と云ふ剽軽な生れ付き、此奴は天下一品の与太だから与太彦と云ふ名がついてゐます。モー一匹の奴はあまり碌な奴ぢやないから六と云ひますよ。アハヽヽヽ』
勝『アヽよい所へ来て下さつた。御かげで密室監禁の憂目を免れました。お前サンは何処かで見たことのあるやうな顔だな』
弥、与『有るとも有るとも、彼の出刃の災難に遭はうとした時、目で知らして呉れたのはお前だつたよ。敵の中にも味方があると云つて非常に感謝して居つたのだ。その時の恩人はお前だつたか、妙なものだな。お前に助けられて又此処で助けられた俺達が、お前を助けるとは不思議なことだ。これだから人間は善いことをして人を助けねばならない。神様の実地教育を受けたのだ。あゝ有難い有難い、四人一同揃つて神言を奏上しませうか』
と巌窟前の細道を向方へ渡りやや広き道に出で、四人はコーカス山の方に向つて、恭しく祝詞を奏上した。
弥『此処はウラル教の奴等の勢力範囲ともいふべき区域だから、一つ元気を出し宣伝歌でも謳つて行きませうかい。音頭取りは私が致しませう』
一同『神が表に現はれて  善と悪とを立別ける
 この世を造りし神直日  心も広き大直日
 唯何事も人の世は  直日に見直せ聞直せ
 身の過ちは詔り直せ  三五教の神の道
 音に名高き音彦の  神の司と諸共に
 猿山峠を右に見て  荒野ケ原を駆めぐり
 見ても危き丸木橋  やつと渡つて川岸に
 憩む折しも傍の  草のしげみを掻き分けて
 現はれ出でし黒頭巾  三五教の宣伝使
 その他の奴輩一々に  何の容赦も荒縄の
 縛つてくれむと雄健びの  その見幕に怖け立ち
 力限りに遁げ出せば  豈図らむや突き当る
 途の真中に醜が住む  関所の中に迷ひ込み
 如何はせむと思ふ折  花も実も有る勝彦が
 深き情に救はれて  虎口をのがれ息急きと
 駆出す途端に道の辺の  泥田の中に辷り込み
 二人諸共泥まぶれ  後より敵は襲ひ来る
 何の容赦も荒肝を  取られて泥田を這ひ上り
 一行三人一筋の  田圃の道を遁げ出せば
 怪しき奴が唯一人  目をばぎよろぎよろ睨み居る
 此奴的切りウラル教  目付の奴と全身の
 力をこめて傍の  泥田の中へ突き落し
 後をも見ずにトントンと  小鹿峠に来て見れば
 思ひもかけぬ三人の  鬼をも欺く荒男
 前と後に数百の  ウラルの彦の捕手共
 雲霞の如く攻め来る  進退茲に谷まりて
 忽ち谷間へ三人は  空中滑走の曲芸を
 演じて河中に着陸し  ウンと一声気絶して
 十万億土の幽界の  三途の川の渡場で
 怪体な婆アに出会して  何ぢや彼ぢやとかけ合ひの
 其の最中に珍らしや  ウラルの彦の目付役
 源五郎奴がやつて来て  要らざる繰言吐きつつ
 ここにいよいよ真裸  川と見えたる荒野原
 トントントンと進み行く  行けば程なく禿山の
 麓にぴたりと行き当り  行手を塞がれ是非も無く
 天津祝詞を声清く  奏上するや忽ちに
 地から湧き出た銅木像  からくり人形の曲芸を
 一寸演じたご愛嬌  煤を吐くやらミヅバナを
 頻りに浴びせかけるやら  茶色のやうな小便の
 虹の雨やら針の雨  こりや堪らぬと思ふ折
 日の出の別の宣伝使  数多の弟子をば引連れて
 やつて来たかと思ひきや  冥土の旅は嘘の皮
 流れも清き小鹿川  川の真砂に横臥して
 夢の中にも夢を見る  怪体な幕を切り上げて
 木株を力に元の道  登つて見れば数百の
 馬が出て来る牛が来る  馬と牛との夢を見る
 やつと此処まで来て見れば  思ひも寄らぬ巌窟に
 三五教の宣伝使  負ても名だけは勝サンが
 三十男の楽隠居  神の恵みに巡り合ひ
 互に見合はす顔と顔  善と善との引合せ
 コンナ嬉しいことあろか  善と悪とを立別ける
 神の教のわれわれは  前途益々有望だ
 進めよ進めいざ進め  四魂揃つて堂々と
 曲の砦に立向ひ  ウラルの彦の目付等を
 片つ端から打ちのめし  勝鬨挙げて高架索山の
 神の御前に復り言  申すも左まで遠からじ
 朝日は照るとも曇るとも  月は盈つとも虧くるとも
 たとへ大地は沈むとも  三五教には離れなよ
 ウラルの教に迷ふなよ  進めよ進めいざ進め
 悪魔の軍勢の滅ぶまで  曲津の神の失するまで』
と倒け徳利の様に口から出放題の宣伝歌を謳ひ乍ら、小鹿峠を勢ひよく脚踏み鳴らして進み行く。
(大正一一・三・二三 旧二・二五 外山豊二録)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
【霊界物語誕生百周年】
大正10年(1921年)10月18日に王仁三郎が霊界物語の著述を開始してから
令和3年(2021年)10月18日で百年目を迎えます。
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2020 Iizuka Hiroaki