王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第15巻 如意宝珠 寅の巻
文献名2第4篇 神行霊歩
文献名3第23章 八日の月〔590〕
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじ言依別命一行は、八島主らに別れを告げて、琵琶の湖を越え、コーカス山に詣でた。
コーカス山を守っていた松代姫は、一向らに神素盞嗚大神の消息を尋ねた。言依別命から大神の消息を聞いた松代姫は、無事を聞いて喜んだ。
主な人物 舞台 口述日 口述場所 筆録者加藤明子 校正日 校正場所
OBC rm1523
本文の文字数1324
本文のヒット件数全 1 件/瑞の御魂=1
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  言依別命は、八島主の天使其他の天使と別れを告げ、後日の面会を約したまひぬ。
 清き心の玉彦や  月日の影は叢雲を
 四方に掻き分け厳彦や  神の御稜威も弥深く
 高く奇しき楠彦の  広き恵を三人連れ
 神素盞嗚の大神の  留守の館を後にして
 千里の馬に跨がりつ  轡の音も勇ましく
 手綱掻い繰りシトシトと  瑞の御魂の三つの坂
 心の駒も乗る駒も  いと勇ましくシヤンシヤンと
 声も涼しき琵琶の湖  浜辺を指して下り行く
 浪も長閑な海原を  駒諸共に船の中
 浪を分けてぞ進みける  折から吹き来る東南の
 風に真帆をば掲げつつ  船脚早くコウカスの
 山の麓へ紀の港  此処に御船を横たへて
 又もや駒に打ち乗りて  さしもに嶮しき嶮道を
 シヤンコ シヤンコと登りつつ  君の便りも松代姫
 神の御前に平伏して  祈る誠も麻柱の
 神の教の宣伝使  言依別を始めとし
 玉彦厳彦楠彦の  三つの御魂の神司
 此場に漸く現はれて  社の前の常磐木に
 駒を繋ぎて静々と  境内さして進み入り
 四人一度に大前に  頸根つきぬき畏まり
 打つ拍手の音も清く  詔る言霊はさやさやと
 水の流るる如くなり  折しも御前に額づきて
 皇大神の身の上を  守らせたまへ国治立の
 神の命の大前に  乞ひのみまつる姫神の
 声も涼しき太祝詞  清しく言霊宣り終へて
 静々御階段を下り来る  階下を見ればこは如何に
 誠一つの麻柱の  神の使の宣伝使
 言依別の一行が  此場にあるに心づき
 慌てて御階段をかけ下り  四人の前に平伏して
 神素盞嗚の大神の  御身の上は如何にぞと
 問ふ言の葉も涙声  心の闇ぞ哀れなる
 言依別の宣伝使  神素盞嗚の大神の
 其消息を詳細に  包まず隠さず宣りつれば
 松代の姫は雀躍りし  嗚呼有難し有難し
 皇大神の御恵と  又もや御階段を駆け上り
 心静めて皇神の  深き恵を嬉しみて
 感謝するこそ殊勝なれ  神が表に現はれて
 善と悪とを立て分ける  此世を造りし神直日
 心も広き大直日  唯何事も現世は
 直日に見直せ聞き直せ  世の曲事は宣り直す
 三五教の神の道  四方の国々照り渡る
 其功績ぞ尊けれ  古き神代の物語
 十五の巻を述べ終へし  大正壬戌の春
 陰暦弥生の上八日  新の四月の上四日
 神代を明かす言の葉も  五百九十の節も今
 緯機織なす瑞月が  横に臥しつつ呉竹の
 節さへ合はぬ七五調  岩より加藤村肝の
 心定めて千早振  古き神代の因縁を
 此処に新に説き明かす  今日の生日ぞ尊けれ
 今日の生日ぞ目出たけれ。
(大正一一・四・四 旧三・八 加藤明子録)
(昭和一〇・三・二五 王仁校正)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia』がオープンしました(2019/3/15)
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。凡例はこちら。/データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
(C) 2016-2019 Iizuka Hiroaki